2019/05/12

日本が存続する必要はない

女が低学歴だと出産が早くなり、子供の数も増えるのは、母親が子供に与えたがる教育費と関係あると思われ、確かに単なる数の面では女に経済力がないか、高い教育を与えない国々の方が人口が殖え易い。逆に女を高学歴化し、経済力も与えると少子化し易いので、絶滅させたければ非常に有効な方法になる。先進国は移民によって補っているけど、途上国側は人口増になり易い条件(女性の低学歴、低経済力)があるからそれで人口維持されているか、先進国内に低学歴・低経済力の人口供給地があるかいずれかだ。
 仏教の理想からいうと人類は絶滅すべきなので、女へ徹底的に教育し、経済力も与えるといい。
「なぜ女が低学歴・低経済力だと子供がふえやすいか」。子供に与えるつもりの教育費が、低学歴な母親と同程度だと子供の数がふやせるから、というのが主要な原因と思われるが、顕示的消費とも関係がある可能性がある。高学歴・高経済力の女は、つきあう相手も同程度になり、仲間で貧乏にふるまえない。教育費を無償化しても先進国では途上国に比べ大して合計特殊出生率があがっていないのは、顕示的消費の方に真の理由があるからかもしれない。そもそも女の経済力が高くするには基本的に高学歴化する必要があるが、それをすると女は子供を生まない傾向になる。つまり子育てを嫌い、顕示的消費に走る。
 日本人全般は自分から絶滅したがるので、普通に女へ徹底して高学歴化を施し、男以上に給与だの収入を与え、現に絶滅させたらいいと思う。解脱ということだ。人類に生存価値がある証拠はない。なぜなら人類絶滅後も宇宙が続くのは明らかだからだ。ネアンデルタール人も滅びたのだから日本人も絶滅すればいい。女に高い教育を与え続けることでそれが可能である。
 なぜ日本人全般が絶滅したがるかといえば、元々、生存する意欲も意義もない病的集団だからなのではないか? セロトニン値が恒常的に低いのは常に不幸さを感じている印だから、生きていくのに向いていない。男女同権の建前で女を高学歴化する方に世論を誘導すれば、お望みの通り、或る時点で消滅する。
 これまで色んな日本人をみてきたけど、ほぼ全員死んだ方がいい様な悪徳もちとかただの愚物だったから、絶滅にまっしぐらでも何の同情もわかないし、よかったねとしか言い様がない。女に過度の教育を与える方向に世論誘導したら、自動的にもっとましな世界になるんだからどんどん社会進出させなよ。勿論どうやってましになるかといえば、高学歴女が見栄はって下らない消費生活をして絶滅しまくるから、身の程を知っている別の種族が質素な家庭を築いて増加し、ブランド物に踊り狂うろくでもない阿婆擦れ日本女を駆逐するという流れだけど。でも東京みたかぎり本当に自業自得だと思う。
 どうせ日本って俺にまず1円もよこさないんだから、存続しなくていいよ。

※このブログURLは2019年6月8日に
https://yuusukesuzuki.blogspot.com/
へ変更されます。