2019/04/13

日本女性一般は日本男性を属性で思いっきり性差差別している

イギリスのある友人が今日のフェミニズムに軽蔑的で、自分は実感がなかったんだけどやっと理由がわかった。単なる男女同権なら誰だって理解できるけど、無理やり有能な男性を性差別主義者扱いで陥れ、無能な男性を虐めまくって自分が利権を得ようとする卑劣な一部の女とか、それに媚びる偽善者がいるのだ。総じて今日のフェミニズムの理屈は「性別」で男性全体を一括りに差別対象にしたてあげ、女性全体に免罪符を与えようという極めて大雑把でろくでもない逆差別に基づいていて、これを肯定行動(affirmative action)等よくわかりもしない横文字で糊塗しながら、暴力的におしつける運動になっている。
 ところがフェミニズムの偽善を指摘すると、リベラルぶっているフェミニスト男性もヒステリックなモブとそれを「性差別主義者」扱いで集団虐待し、冤罪に陥れる、というお決まりのパターンがあって、いってみればネット右翼の在日認定と同じ性差別レッテル張りが公然とテロの一種として容認されている。結果平等を目指し、明らかに無能な女性を、有能な男性以上にひいきし、性別同数に近づけるか、完全に同数にする、という誤った意図(affirmative actionというやつ)は、正直いってその集団の効率を害するだけだから企業でやれば業績悪化、政府でやればますます無能が出世すると最悪の結果に結びつく。フェミニズム衆愚の方は自分達が欧米思潮の流れを汲んだ、政治的に正しい正義の徒だと信じ、疑う知能はもちあわせていない。能力無視で男女同数が正義とか意味がわからないのだが、本気で彼らは小学生級の思考力なのだ。それでうんざりしかしないが、東大権威とか欧米思潮を恣意的に使い、男性虐めをする。
 フェミニストの急所は女性一般より弱い男性の存在で、その人達が最も不遇だといわれると論理的に反駁できないのでブロックなどで逃げる。はぐらかす以外どんな抵抗もしようがない。なぜなら弱い男性の犠牲の元に女性全体の不当な権益を拡張するのが目的だからだ。男女同権など全く考えられていない。
 性別と学歴は、一般教養含む思考力の高さという点で、全く個人のそれと因果関係がない。経験上は自分が会った中で高学歴(博士)で賢いと感じたのはフランス人の女性1人しかいなくてほかは全部なんでこんな馬鹿なのと思った。少なくとも日本人で高学歴自称してる人達はただの一人も賢いと思わなかった。知識量や思考力が一体どうやって得られるにせよ、知能は単に多様性が認められるだけだから単一指標で賢愚ははかれない。少なくとも何らかの属性から知性を知りえない。フェミニストの文脈とまったく別に、女性の博士だの偉人が沢山いても何の疑問もないし、賢さ全体と学歴も特に何も関係がない。ひいきの順位が 男性の弱者<女性の強者 となってしまうのがフェミニズムが偽善的なところ且つ弱点なわけだが、この男性の弱者を擁護する研究領域は、まだ存在もしていないし言葉もない。マスキュリズム(masculism)でもないだろうし。しかしこの研究領域がカバーする人達が日本で最弱の立場だ。IQが低く、生まれつき醜いとされる姿で、力もなく、ひたすら貧しい。しかも何の才能もなく、能力も低い。フェミニズムはそんな男性が自殺寸前まで追い詰められていても、性差別の文脈から、圧倒的に恵まれている女性をひいきしてしまう。自己責任論とか、男性全体を非難するという実に単純な図式で。
 またある人が次の様な事をいった。肩書きで何らかの意見の説得力が増すと。これは後光効果を利用するという意味だろうが、真理の敬虔さからいえば本当に卑俗な次元の話で、属性で差別する愚物からの賞賛が真理の保障でないのはいうまでもないので、衆愚受けを真理と比較するのは全く無益有害だ。我々が天道説に反対を唱え死刑を求刑された者とか、全国報道とか京大学閥だのといった腐った学界から真理の弾圧を受けた者を知っている以上、肩書きによる説得力云々といった学の俗用を中心に、真理の頂に向かって歩いているとするなら、誠におこがましい態度というべきではないだろうか。色々な理由で、学を志す者は集団で、或いは個人で研究する。全く無冠の浮浪者が聖哲でもありうるし(実際、当時のインド哲学の総合的批判者として釈迦がそうだったよう)、仰々しい大学順位の頂上を極めた教授が単なる張子の虎だったりもするわけだ。重要なのは真理であり、それを知る工夫である。真理を知る、という唯一の学の目的の前で、性別など当然だが全く意味をなさない。一体、学界でフェミニズムだか性差別があるといっている三文学者は何を指していっているのか全く分からない。教授のポストとか世俗的なことに関してしかそんな下世話な事例は当てはまらないと思う。真理に性別などない。
 私は「イケメン」という意味不明な渋谷くんだりの俗語を日用してる人間は下品なやつだなと思って前から軽蔑してるのだけど、こういう男性を特定の性差偏見にあてはめ差別する用語を平気で使っている時点で、女一般の方が性差別は激しいと感じている。男で女一般を二分なんてしない。イケてるというのが、先ず関西の意味不明な俗語であり、つぎにイケてるメンズの略といわれてるわけだがmen'sは「男物」という意味の英語であり、男性達という意味ならmenである。だから イケてる+男達 ならイケメンになるが、どうもこの俗語を使ってる馬鹿は意味もわからず使っているらしく、メンを面という意味にしているらしい? イケている+顔 という意味でイケメンといっている人(大抵は表面だけ上品ぶっている女とか、要するに育ちの悪い下衆女が殆どだが)の場合、当人がどう言い訳しても異性を顔だけで評価しているわけだし、しかもイケメンとそれ以外に二分する差別語を堂々と使っている時点で人間的にはダメ人間だろう。
 一体、男で女を見た瞬間「美人!」等と面と向かってといって、相手に失礼だと思われない人がいるだろうか。日本女の下衆な部類はこれを日常的にやっている。だから自分はそういうやつらをみるや心から軽蔑しているのだが、当人達には恥を感じる能力もなければ、そもそも礼儀も何もあったものではない。男性一般「のみ」が性差偏見をもっているだのなんだのといっている愚か者は、本当に女性一般のそれと比較検討したのだろうか? 自分が知る限り下品さでいったら日本女一般のもっているそれの方が、自分もその一員でつぶさに観察してきた日本男一般のもっているそれより激しいし、汚いのだけど。
 日本男で女を見た目だけで評価する様な下衆は、確かにいるにはいるが、男一般からいったら本当に下等の部類で、確かにそういう軽薄な人間はろくな相手とめぐり合えない。当たり前の話で、性格とか心の価値より、顔の表面のつくりだけで相手を評価してるのだから、作り物やまがい物をつかむはずだろう。フランス女性だのノルウェー女性だのアメリカ女性だのと会話した限り、ただの一人も、貧しい芸術家を見て差別してきた人はいない(運がよかっただけかもしれないが)。なぜなら欧米女性は自立が前提だから男性の経済力なんて別に気にしてない。日本女一般は真逆で、男に寄生が前提で、差別しまくる。嘘だと思うならあなたが今日、画家を名乗って一円もありませんといいながらそこらの日本女と接してみるがいい。当たり前の様に差別してきて、初対面で死ぬほど侮辱してくるのはいうまでもなく、はっきりいうと、東京圏・関西圏・愛知県など大都市部では男をATMと思っている本物の下衆が殆どなほどだ。日本女のかなりの部分(少なくとも東横・関西・愛知など大都市部の女一般)が男を寄生先としてしか見ていないとんでもない偏見もちなのに加え、イケメンなどといいながら見た目で人を差別しまくっているのが日常なのに、どこをどう現実認識をゆがめたらジェンダーバイアスを男中心に考えられるのか。どこの大学のどの教授がばかだというつもりもないけど、肩書きに騙されていると大変なことになる。まあはっきりいうと欧米かぶれで象牙の塔にこもってるかぎり現実の日本社会は何もわからないし、各地域、各クラスター、各個人でも全然違う。先ず日本人男性を顔で差別する蛮行を非難すればいいのでは?
 世界の人達と接した限り、まあ海外女性も男を見た目で選んではいるけど、日本女一般ほど露骨ではない。これは確かな話だと思う。日本女一般は「イケメン」差別が当たり前と思っており、男性を見た目で先ず二分し、そこでふるい落とすので、男性の見た目がよくなかった時点でゴミを扱う様にするのだ。正直言って見た目で人間を先ず全面的に評価してるという日本女一般は、下衆としか言いようが無いと自分は思っている。だからその点では全く尊敬もできないし、心から軽蔑している。現実に外人と接すればわかる。そんな馬鹿はどこの国でも見ないのであり、いたとしても最下等の堕落した女とかなのだ。
 人類は先ず或る人間が生きている、その人の心を含む全面的な存在として愛していたり、接していたりする。当たり前の話である。日本女一般はどうでしょう。全くそんなことはない。そんな日本人男性がいるでしょうか。いたとしてもどうしようもない軟派男くらいではないでしょうか。日本女一般の凄まじい性差差別っぷりは、本当に無限にあって、自分は内幕を相当みてきたから全部暴露してやろうと思うが、はっきりいって野蛮としかいいようがない世界である。逆に私は男子校だったので男性のみの社会もみたけど、こっちは進学校だったからか知らんがそんな差別全然なかった。本当に。
 日本女一般は、(都会女一般は)男をATMとしてみている、或いは見た目だけで差別するといいました。それだけではない。学歴で知性を単純化したり、身長で即座に差別も平気でやっている。高学歴=賢い、とかいう笑えるほど単純な図式を当然視し、そうでない男を燃えるゴミ扱いしているのは本当だ。日本女一般というのは、男性をなんと、人間としては見ていないんですよ。信じられます? 私は色々その事例を内側からみてきました。なんと男性を性的満足を与える動物かPCか何かみたいに扱っていて、普通に人間として愛していないんです。知ってましたかこれ。のち英語で世界に発表したいと思います。多分何か下らない東京の雑誌に煽られているとか、周りに見栄を張る目的で、訳のわからない差別だの偏見を日本男にあてはめまくり、もうそれが狂いすぎていて当人達も意味がわかっていないのだけど、とにかく性差差別がとんでもなくある。逆に差別がよくないなんて考えはひとかけらも無い集団なのです。現実に日本女性の一員が、日本女集団の中で「え、見た目でいうのって差別じゃね」とか言ってみて御覧なさい。0.1秒で排除されるから誰もいえない。とんでもない虐めクラスター。でもそれが普通とか思っている世界なので、抜け出せない地獄じみている。とかく周りに合わせて馬鹿三昧しなきゃいけない。
 今書いたことは日本女一般が持っている性差差別の本当にごくごく一部でしかなくて、現実にその中で生活してみたらわかるけど、野蛮なんてものじゃないほど酷いのだ。そこに倫理など全くない。嘘ではなく。性差差別してるのは日本男だ、というのは嘘八百で、現実には倫理を語ってうざがられてるのだ。
 さっきも少し書いたけど、逆に日本男一般はどうかというと、自分が接してたのが進学校の人らだからなのかもしれないけど、女性への差別なんて全くない。男だから性欲くらいはあるのかもだが、それだけの話で何の陰湿な部分もない。ごく単純で、しかも僕みたく女性をプラトニックに愛する場合さえある。確かに下衆男も沢山いるだろうから、そういう連中に性差偏見がないとは全然思わない。女をただの性行為の相手みたいに扱っている下郎は東京や関西の都会に多かったようだけど、それは雑多だからだろう。だが男一般で女性を見た目でいきなり差別とか身長で差別とかしてるのは、ただの最下等の部類だ。自分が実体験として知っている範囲でいえば、性差差別をより激しくもっているのは日本女一般であって、日本男一般ではない。これが経験的な事実である。先ず属性で差別を恥じないのは日本女一般であり日本男一般ではない。次に異性を典型的性差にあてはめないとつきあえないのも日本女一般でしかない。日本男一般は女が超高身長だろうが醜貌だろうが全然家庭的でなかろうが、或いは貞操だろうとあばずれだろうと、普通に魅力を感じるしそういうものとしてつきあうと思うけど、日本女一般は男が高身長で美男子で高学歴かつ高収入で、しかも遊び人か自分にだけ愛を誓っていないと即差別しているのである。
 上述のことが嘘だと思いますか? 周りの一般日本人に聞いてみていただきたい。この通りだと思います、高確率で。ということは日本女一般の性差差別の方が、日本男一般のそれより激しい。フェミニズムなんて日本では全く質の違った議論にしかなりえないんですよ。さらにここに書いた属性というのは全部、心の価値以外のものである。性格のよさ、人格としての相手の全的存在とか、個性というのは、日本女一般の中では基本完全に無視されていて、人と人の付き合いになっていないんです。非常に軽薄で人を馬鹿にした扱いをしていて、人を人として愛していないのです。
 なぜこの様に日本女一般の性差意識が歪みきってしまっているかというと、幼児の頃から色々な媒体、特に東京発の軽薄で低俗なサブカルチャーだのマスメディアだので意識が洗脳されてしまうのでしょう。彼女らの妄想の男性像は全部、都内の会社員の理想化された姿になっていて、それ以外のは差別すると。みてないから定かにはいえないけど、『君の名は』はまさにその種の洗脳装置であり、大衆商業映画としてますます日本女一般を完全に性差偏見で丸めきろうという意図しかもっていないと思われる。
 だから海外で、その種の東京系洗脳を受けていない人達は、普通に男性を個性ある存在として受け入れる。日本男の中の下衆を擁護は全くしないが、日本女一般の汚さ、心の卑しさ、品性下劣さ、性格の醜さ、まあ形容しようもない野蛮さというのは、いずれ世界中にきちんと知らしめる必要がある。これは国内で性差差別を激しく日常的に経験してきたからではなく、純粋に誰かが記録しないと現実を知れないから。世界中の人々は、日本の内情について何もしらないので、マンガアニメで描かれる性的偶像としての貞淑だかあばずれだかの日本女性と、現実の陰険かつ下品で野蛮きわまりない日本女全般の性格の余りの違いに驚愕するに違いないのだが、現実をきちんと教えることなしには永遠に日本を誤解するだろう。色々日本女らがどういう言行してたか思い出したら吐き気が止まらなくなってきた。本当に醜悪な心の持ち主が多いのは事実だ。勿論、全員が完全にそうではないにせよ。
 問題は見た目でなくて心の醜さだ。何百何千とみた日本女一般で心が美しいと思った人は数人しかいないくらい酷い。外人は着飾ってもなくても心が素晴らしいと思ったのがごろごろいた。見た目よくしたところで中身が腐ってたら人としては扱われないのは当たり前。気にする所が断然おかしい。

※このブログURLは2019年6月8日に
https://yuusukesuzuki.blogspot.com/
へ変更されます。