2019/04/02

日本で天才が生きるには学問を同時に身につけるか何も語らないしかない

私は他人を蹴落とすのが嫌いだから公募展も2、3回だしたけど他の人の上に立つのが気持ち悪くて(その人達を傷つけてるんだから)もう出したくないな。故郷の北茨城市に貢献するつもりで賞状だけもらったけど、賞をあげて格付けするのが気持ち悪い。絵に正解とか上下があるはずもないんだから、なにしろただ平面にぬった色にすぎないんだから(たとえ写実画であれ)、格付けしたり、国際展に一部の人だけ呼ぶとかそういう差別の構造がある場所に二度と出たくない。誰のことも蹴落としたくないし、誰のことも傷つけたくないから競争入試の受験コース行かなかったのに、純粋に誰もが平等な絵を描く場所を与えてもらえず、散々苦労しながら人に隠れて絵を描き続けるしかなかった。同調圧力だか金儲けの強要で、日本人全体からひたすら弾圧を受けるのだから。
 自分以外の人の為にいうが、日本人全般は美術芸術の造詣が皆無なので誰にも理解されないはず前衛絵画を探求してると確実に精神病扱いで強制的に殺そうとしてくる。自分の場合、凡愚によるその手の妨害にはもうなれたので対処法もわかってるんだが、画学生の中で世界レベルの人なら同じ目にあうはずだ。日本人全般に絵の探求を妨害されたら、相手にせず、とにかくその人達にみせないに限る。これは絶対的な原則だ。精神病扱いで脅迫してきたら、学問的に確実な裏づけのある知識を使い、徹底的に相手を潰す。相手が降参しても許さず、退散する所までひたすら論理的に反撃し続ける。これ以外では殺される。他国の芸術家でも、同時代を超えている才能であれば似た様な目にあってきた人はいたが、少なくとも欧米圏はその種の天才から恩恵を受けた文化的事例が多数あるので日本ほど迫害はないだろうと思う。日本人は衆愚、凡愚、悪性とひたすら同調圧力に群れ少数派を差別、迫害する本性があるので状況が悪い。
 問題は学力が生まれつき足りないタイプの天才で、こちらは高度に学問的かつ否定しようもない知識で、悪意ある衆愚からの妨害行為をやり込めるという私のいった王道の自己防衛法がとれない。その人達はこの国では想像を超えた悲惨な迫害にあっていると思うが、何も語らず作品を作るしかないのだろう。
 平成日本は衆愚の天国だったが、令和期以後も、それはおそらく変わらないだろう。だから私が今述べたことは全後生にも確実に役に立つので覚えておいた方がいい。
 美術の造詣がないどころかそもそも日本人全般は教養と名のつくものには全く関心がない奴隷と殆ど変わらない完全衆愚なので、学問的に反論されると対処のしようもなくなり、学を否定する知能もなければ芸術がわかるわけもなく、逃げ出すのだ。欧米美術は我々がよく知っている通り、学問と密接に関連しつつ展開してきた高度に知的な営みを含んでいる。日本人の中でも十分な知能を持つ子供なら、周りで無学に耽りのろのろしている凡愚をすぐ超えその次元に至るだろうから同調圧力の迫害にあう。だから重要なのはこの国民全般を無視することだ。平成期であれそれ以前であれ、日本美術の中で高度な様式に達した画家は、欧米・中国美術の理解以上のものがあった。今後も同じだ。しかしその画家らは日本では異端扱いを受けていた。理由は凡愚に芸術の学識はないからだ。同調圧力地獄では多数派が群れるどうしようもない作品が賞賛されているのだ。

※このブログURLは2019年6月8日に
https://yuusukesuzuki.blogspot.com/
へ変更されます。