2019/04/04

あいちトリエンナーレ2019の女性逆差別(ひいき)を擁護するのは単なる欧米思潮への媚

あのね、純粋に芸術的評価をしてきた実力勝負の美術界に、いきなり野蛮な政治ジャーナリズムの概念をもちこんで、女性を大切にしてる人達に「お前ら差別主義者めが!」っていったら、誰だって悲しいでしょ? それは決してよいことではないよ。逆差別だよ。芸術鑑賞する様な人達は多少ともあれおとなしくて上品な人達なわけですよね。まあ俗物的な意味なしで上流階級と共に発展してきた分野なわけですよ。そこに異物挿入はよくあるけど、一種のメタ認知的な抽象化として処理される慣例なので、「この差別主義者どもめが!」というのは炎上しちゃうんですね。
 これはね、逆差別で傷ついた人達が悲しんだり、怒ったり、涙を流したり、心を痛めてるのよ。ネット右翼を呼び寄せながら、大人しく美術鑑賞してきた人達の前で大喧嘩やりだすばかりか、その上品な紳士淑女たちまでひとまとめにして「この貴族ぶった性差別主義者ども!」とかいって敵に回しているの。一体、この様なあおりが成功といえます? 美術展として成功といえるか。私はこれは炎上してる、としかいえないと思うよ。芸術的論争ではない。展覧会の趣旨自体が、大勢の人を傷つけてしまっているので炎上してるの。だから茂木さんも大分勘違いっていうか、津田さん側に肩入れしてみてると思うよ。
 成功といえるとしても集客面で炎上商法的な客寄せになってるのであって、そこには資本主義アートからきた芸術としての通俗化、世俗化の流れが反映されているが、かといって「本来の芸術」である純粋な前衛性には全く関係ない単なる興行的なものだから、今後、皆まねて炎上狙いやりだすんじゃないかと。津田さんは返信で「伝統がある分野だからそんな風にならないと思う」っておっしゃった。僕はそうは思わない。美術は本当に流行で180度変わってしまうから。茂木さんは東浩紀氏・津田氏とも知り合いだから仲間を批判しづらいかもしれないが、全体として炎上商法でOKでしょっておかしいと思うよ。
 無理やり逆差別で、男女差別主義なんてもってない人達までひとくくりにいじめて、弱い立場の男性まで不当に引き下げて、実力抜きで女性をひいきしまくる、っていう政治的正当性をねじ込んだのは分かるんだけど、それは芸術の本質とは何の関係もないよ。ただの政治的な炎上商法だよ。そんな浅はかな逆差別ごときで展覧会が息を吹き返すとかいってるからいつまでも世界の、欧米の「美術」の水準に達しないのさ。それでいいならいいけど、この茂木さんの肯定的評価は完全におかしいよ。逆差別でも炎上すりゃいいじゃんって、どんだけ批評として幼稚なのか。芸術に言及してくださいね!
 勿論、話題になってることはいいことだ、とかいう通俗的な観点から肯定的に見ることもできるし僕もそうは思うけど、「論争になればOKじゃん」「炎上で誰か(男女差別してない男性)を傷つけてもいいじゃん」とか。そんなことで本当に批評になると思ってるの? どうせ茂木さんは適当に読み流して、大雑把に論争になってるからOKじゃん、傷つけてもなにしてもネット右翼扱いで踏み潰しちまえとか思っているのかもしれない。けど美術やってる男性が女性差別してる場面なんて僕は生まれて1度もみたことないよ。全員女性より優しい男性だったよ。もっとちゃんと美術という観点から詳細をみてから批評してよ。政治的正当性から美術を語るっておかしいでしょ? 男女比1:1にしたから、男女差別してなかった大抵の男性を傷つけてしまっているわけでしょ? そして芸術作品自体には何の関連づけもない炎上なんだよ。それは幼稚、で終わりだよ?
 お祭り騒ぎで誰傷つけて泣かせて怒らせて、挙句の果てに美術関係者は全員絶滅させるべきとか言っている。それをみてあなたはなんていいました? 論争になってるから成功じゃんと。炎上商法でサイコパスなあおりしてるだけでしょ? それを芸術的な成功とはいわないと思うよ。興行的で卑怯な集客だよ。あなたは個人的人間関係で仲間をもちあげて、傷つけた大勢の人達をふみにじっているんだけど、それを美術批評といいますか。それはただの太鼓もちではないですか? ちゃんと冷静かつ客観的に、あなたの好きなメタ認知で物事を客体視して、お友達の宜しくない点は指摘してさしあげるべきです。
 あなたはどうせ無視するだろうけど私が敢えてあなたの代わりに指摘しておきますよ。津田さんが間違えてしまっているのは、女性尊重しまくってる一般的な美術関係者の優しい男性達をズタボロに差別主義者扱いで傷つけまくり、謝りもしないばかりか、東一派と群れて散々にののしっているからですよ。こういうお仲間うちでの褒めあい、利益のまわしあい、できレース。みててわかりますよ。真剣勝負さが欠片もない。自称高学歴の内部で褒めあってりゃいつまでも安泰みたいな枠組み。そんなだから大勢の人を傷つけても平気でいるんだよ。人を傷つけてOK、差別主義者じゃない人まで差別してOKってなに。
 美術関係者だろうが一般的な人間だろうが、性差別主義者なんてそんなに多くいるわけないでしょ? どうみても荒らしと同じ6%くらいの比率ですよ。それなのに94%の美術関係者(しかも往々にして上品か、もともと心優しい)を一緒くたに「差別主義者どもめ!」ってあなた方が群れていじめてるの。「そうだよな、6%くらいかもしれないけど性差別とかする荒らしみたいなやつもいるかもな。じゃあ俺も謝ろう」とか思うほどお人よしばっかだから、一部の心ある人達が嘆いて、このままじゃ美術家がネット右翼扱いじゃないか! って怒ってるんでしょ? 悲しんでるんでしょ? なんでわからないの。
 全体としてこういう子供じみた性差別云々の話で美術論できるわけないですよね。笑ってしまいますよ。スーパーフラット以後の現代美術について教えてくれよと思ってるのに。で、それは論争よんでるからOKなんて話になるわけないんだよ。日本美術界の次元を落としてるだけですよ。欧米でジェンダー論が盛んだから。それにあわせてます。男女比あわせてみました。だから平等なんですと。一見筋が通っている、洋画みたいにね。でもそれって芸術の本質と何の関係もないですよね? 政治ネタ使って炎上あおってるだけでしょう? 元々差別なんてしてねーよって話なんだから。
 私達美術家が草間やよいさんを馬鹿にしたためしがあります? 誰でもいいですよ、女性アーティスト。椎名りんごだとか、ルイーズ・ブルジョワだとか。だーーーーーれも女性差別なんてしてないよ。してる奴がいたら本物のアホだよ。そんなのみたことないよ。愚民に美術家を差別主義者扱いさせてるの。ま、茂木さんももっと美術の勉強して、こんなのでお仲間褒めてやれ美術批評だのいってる様じゃだーーーれもあなたの意見が美術界に参考されるとは思えないと思うよ。それなのに美術に造詣あるみたいなふりしてるから酷い。差別してない人を大雑把に男女で切り分けて差別する。そんな子供じみた話ある?
 考えてたら本当に笑えてきてしまいました。でもそんなに幼稚な日本の行政美術展というのがあって、そこでは同業組合みたいなのがいて、色々とお仲間で褒めあいの馴れ合いの出来レースをしています。あなたのいう論争ってその仲間内での忖度ごっこ? 安倍さん批判してなかった? 反省してみてほしい。

※このブログURLは2019年6月8日に
https://yuusukesuzuki.blogspot.com/
へ変更されます。