2019/03/22

名誉毀損民事裁判に特化したネット上で完結する賠償ビジネスは社会正義を兼ねる

日本人は匿名・偽名で犯罪するのを趣味にしている荒らしが非常に多いので、特定の弁護士と組んで、名誉毀損裁判で金儲けする、という企図は大いに繁盛すると思う。一度以上、実際に名誉毀損の民事裁判で勝訴した証拠を作る、というのがサイコパス忌避剤として有効だから、自分も何れやってみるかもしれない。確実に勝訴していく、確実に賠償金を儲けていく、というタイプで、ネットの荒らし・サイコパスその他からの名誉毀損事件の実情を熟知した弁護士が一人以上見つかればいいのだが。
 荒らしやサイコパスは「自分と違う人」、「異質な個性」を(しばしば匿名暴徒に群れて)攻撃する性質があるから、芸術家の様なはじめから個性的な人物は、ただネット空間にいるだけで被害にあう。我々が名誉毀損民事裁判での金儲け手法を確立できれば、日本ではほぼ半永久的に安泰だと思う。まだ誰も気づいてないだろうけど、5ch・2chに実名であたりさわりないことを書き込むだけで、ウヨウヨと犯罪者が釣れるのだから、本当に大きなビジネスチャンスが眠っている状態だ。
 ネットの名誉毀損民事裁判に特化した弁護士事務所を開いて、手続きを最大限簡素化・合理化し、被害者側は書き込まれた証拠と身分証等での本人確認を済ませれば一連の賠償収益がネット上でほぼ完結するシステムを作り、流行させれば、ビジネスとしても巨大になるし、社会正義も果たせるはずだ。
 追記。先日、復讐と恩賞について書いたけど、聖書に「復讐は神がする、自らするな」と書いてあるのだが、これが悪人は悪徳で自滅する可能性が高いから一々訴訟費用を払うまでもない、という意味なら、民事訴訟もそこに入るのかもしれない。つまりなるだけ訴訟せずに済ました方が総費用が安いのかもしれない。

※このブログURLは2019年6月8日に
https://yuusukesuzuki.blogspot.com/
へ変更されます。