2019/03/04

立憲支持者の一部の質は、ファシズムを公然と支持する程で安倍政権支持者と変わらない

立憲支持者の一部があんなに卑しい人達だと知っていたら、最初から支持してなかった。立憲候補へ具体的な投票はしてなかったが、今後もしないことにした。枝野氏の排他的な結束主義を狂信している人達の暗愚な様子をみると、期待できないどころか自民党支配よりかなり悪くなりそうだとわかった。
 国政・県政でほぼ完全に無力な少数政党でしかないのに、立憲民主党支持者の一部は既に驕り高ぶっていて、自党の理念(立憲主義を建前にしたファシズム)に意見する者は悉く誹謗しながら排他的に扱うというとんでもない傲慢さである。そんな卑しい人達が政権を担ったら恐らく異見封殺を始める筈だ。枝野立憲の精神的態度というのは強い相手には下手に出て、弱小勢力には威圧的に出るという小人そのものの卑屈な態度だ。支持者らの一部にもその種の卑しさが見られる。排他的ファシストらしい党首の政治理念の質の低さが根本理由だから、支持者側が直るわけがない。説教も無駄だし改善も期待できない。
 枝野氏は希望の党から排除されて偶然党首になってしまっただけ、理念が支持されたと勘違いしていると意見していた人がいたが、恐らくほぼその通りなのだろう。もともと首相になる程の人徳はないと見られる。ファシストとは。多分、近いうちに立憲自体またへまをして勝手に自殺点で自己崩壊すると見た。さすがに自由派リテラですら枝野立憲を擁護できないでしょう。だってファシストみたいだもの。第二党党首がファシストって、よほど政界に人材がいないんだな。
 安倍氏は聞く耳がないとか立憲党員は言ってるけど、それは枝野氏も一緒の様だ。国民の忠告を見て反省するどころか排除したり、挙句の果てに狂信的支持者らが異見封殺の為に誹謗中傷はじめるなんて信じられない。そこまで卑しい政党って自民党だけだと思っていた。野党が弱いとかいってる人はただ頭が悪いから単に数に驕って意見を聞いてないんだと思ってたけど、その弱いのはそもそも誠実性や知性、何より公徳が低すぎるからだね。第二党だから自分は偉いんだとか言い出して、他の野党を卑しめはじめるなんて想像を遥かに下回る余りの卑賤さにびっくりしたよ。
 一刻も早く忘れなければ。立憲支持者らの一部が自分にもたらした災いと悪夢を。
 立憲支持者らの一部のめまいがする程の品性下劣さや愚かさで、吐き気がしてきた。よくあんな人達の支持する政党にわずかなりとも期待していたものだ。無知とは本当に恐ろしい。


※このブログURLは2019年6月8日に
https://yuusukesuzuki.blogspot.com/
へ変更されます。