2019/03/04

変わらない日本でありえない福祉の向上に期待するより早く租税回避地に移民し経済的自由を謳歌した方がよい

与沢翼氏のようリバタリアンになって日本脱出を図るのが最善の様だ。小沢氏が亡くなってからもう日本は二大政党を実現する可能性もなくなるから、恐らく今の北朝鮮より酷い独裁政治状態に陥って、急激に衰退しつつ滅亡するんだろう。声が大きい人が目立つだけかもしれないが、全体としてそう見える。北朝鮮の金正恩氏は経済開放を通じて高度成長期を演出し、韓国にも特需があって日本は自分が生きている間に、個人単位では南北朝鮮以下の経済的地位に転落していくと見られる。安倍政権の負債は国民全体にのしかかり、原発事故も大震災と共に各地で頻発して、もう国の体をなさなくなるんだろう。
 自衛隊は安倍政権下で米属軍に改憲され、海外で米国民の為に相当数が死ぬのだろう。沖縄の基地負担はトランプの独断で減るかもしれないが、農業は米豪に支配され国民の命を握られ、属国として米政府に操作されるのだろう。そしてそれを日本人自身疑いもせず、ある時点で植民地化されるのだろう。アベノミクスで日銀やGPIFが殆どを持つ様になった日本企業は実質的な共産化の結果、国際競争力をますます無くして最終的には海外製品の前で太刀打ちできず、外資が日本国内の過半の産業を占める未来がくる筈だ。その頃アベノミクスの赤字国債返済で円価は下落し、国民は今より貧しくなっているだろう。
 最終勝者は最初から日本に見切りをつけ、ドバイやシンガポールといった租税回避地に既に移民し蓄財済みの自由至上主義者で、愛国心などといって安倍政権を称揚していたネット右翼らの大部分との経済格差は目も当てられないほどに拡大しているだろう。早く経済的自由による海外移民を目指すべきだった。自分は愚民と呼ぶべき日本国民全般に期待し過ぎていたらしい。考えてみると安倍政権をこれだけ長く維持している国民性が賢明な筈もない。福沢諭吉らの生きていた時代から比べると、愛国心という共同幻想が人生にとって最も有害になってしまったということだ。本当の衆愚の時代が来たのだ。
 俺もリバタリアンになるしかない様だ。社民党が自分の生前、単独与党になるほど日本人全般の公徳が高くないのは明白だから、社会福祉にわずかなりとも期待していると馬鹿を見るに違いない。今で政治に関わるのはやめる。意味がない。少なくとも日本は今後、自分が生きている間は想像を遥かに下回る最悪の政体が続く筈だ。まさか今日まで与沢翼氏が本物の優れた人物の模範だとは思わなかった。成金根性を馬鹿にしている人達は、今よりずっと貧しくなる日本人全般が、将来何らかの面で自分の助けになると勘違いしているのだ。政治がもっと悪化することが目に見えているのだからそれはありえないのに。与沢氏は金儲けの面で優れているだけではなく、リバタリアンとして先駆的に沈み行く日本脱出を図り、自身のよって立つ経済基盤を全く単独で築き上げているのだから、過去の常識に縛られていると信じがたく思えるにせよ、彼がこの時代に最も適応的な人物ということだ。泥舟から租税回避地へ逃げるのだ。

※このブログURLは2019年6月8日に
https://yuusukesuzuki.blogspot.com/
へ変更されます。