2019/03/03

枝野氏が野党共闘を部分的に拒否するのは安倍独裁にとって好都合な自殺点

枝野氏が野党共闘に逆らう理由がこのモーメントで大分わかる。一言でいうと「大同団結だと後で仲間割れする」「小選挙区は第一党党首か第二党党首かを選ぶ選挙制度なので、枝野首相が嫌なら立憲に混じらないでくれ」ということらしい。
 枝野氏の中では筋が通った理屈なんだろうけど、国民側からすると、安倍か枝野かで選ばされると既に政権運営の実績がある安倍が消去法で選ばれてしまうのだから無理を言っている。無理な筋なのに押し通すから政権交代が起きない。国民の為にならない我執だとしかいえないな。枝野氏は手段を選ばず安倍独裁を一刻も早くおわらせないと、そもそも枝野政権以前に日本国が潰れつつある(もう財政面では潰れてるといえるから応急手当でさえ急がないとまずい)、という危機感が俄然足りない。悪い意味でのんびりしすぎ。栃木県知事ならその位でいいだろうけど国政は一刻を争う。(栃木県政が国政より腐敗していないという意味でのんびりしていてもまだ間に合うという話で、栃木が日本より地位が低いという意味ではない)
 極論すると次の選挙で勝てなかったらもう日本は滅びるから切腹必須くらいの覚悟で臨まないと、違憲立法だの不正行政だのをファシスト政権として連発しまくってきている安倍独裁は、国ごと滅ぼし去ってしまいますよ。そしたら切腹よりひどい目にあうと思う。間違いなく。自分が首相になれようがなれまいが安倍独裁に終止符を打つということが第一の大義だという共通認識を持ち、全野党と心ある自民党員が全員一致で選挙まで政権交代の必要を全国民に周知しないといけない。それ抜きには日本国が滅亡するということは公言できる。法を守らない政治は最低限度の規範もない。
 どう考えても自党の勢力を安倍独裁打倒に向け最大化するべきなのに、なんで少数野党の勢力を軽視して自民党から乗り換える人達や、投票してなかった人達を自分の補完勢力にする、という発想に枝野氏は至り得ないんだろう? 政治思想が完全一致する人間なんてこの世に1人もいないよ。立憲民主党員らも単に大同小異の元でとりあえずその党派に加わってるだけで、枝野氏の政治思想と完全一致してるわけじゃないでしょう。自民党内にも派閥や反主流派がある以上、自民党より排他的な結束主義政権を枝野氏を中心に作ろう、というのは第二の安倍政権になるだけの悪手だと思うのだが。

※このブログURLは2019年6月8日に
https://yuusukesuzuki.blogspot.com/
へ変更されます。