2019/02/11

相対主義は正義の質を認めていない詭弁

相対主義(全ての正義が各々対立しあうだけで全て同等と無判断に帰着する考え)は正義の間に質的差がないことを前提にしている詭弁で、より高い正義とより低い正義がある(例えば推定無罪は冤罪を含む喧嘩両成敗より高い正義)以上、成り立たない。

※このブログURLは2019年6月8日に
https://yuusukesuzuki.blogspot.com/
へ変更されます。