2019/02/27

幻想的な絵は作者の妄想を投影したもの

なんでオタクの描いた漫画絵がこれほど気持ち悪いかというと、描いてる人の中で異性が性的な偶像の様な物として現実と遊離して描かれているからだろう。その偶像自体も気持ち悪いのだが、もっと気持ち悪いのはオタク的な漫画家なりアニメーターの性的な妄想の方なのだろう。それに共感できないのだ。
 作者の或る妄想を投影しているのが何らかの幻想性をもつ絵だというのが確かなら、写実画についても同じことがいえる。下らない写実画は共感できないのでつまらない上に、単に写真そっくりにみせるという模写の技巧を誇示している様な場合、意味がないばかりかわざとらしさがしばしば不快なこともある。

※このブログURLは2019年6月8日に
https://yuusukesuzuki.blogspot.com/
へ変更されます。