制作実況

2018/12/19

2018年12月19日の絵画

希望
2018年
PNG画像

7680 × 4320 px
販売先


Parity(パリティ)
2018年
PNG画像

7680 × 4320 px
販売先

似非愛国

沖縄に同情しても茨城に原発おしつけ似非愛国

芸術論

偽りの名誉は剥ぎ取られ、偉大な思想の痕跡のみが残される。

影響者の質

不道徳で注目を集めるサイコパスの影響者(influencer)は、ミーム上の悪玉ウィルスと社会的作用が変わらない。量的人気度は質的なそれではなく、質的なそれは道徳性によっている。量的なそれは論争を呼ぶ、例外的個性すべてに注目が集まることによっている。したがって、単に注目される影響者がよい結果をもたらすとは限らず、不道徳さによって耳目を引いている人の場合、彼らの悪影響で多くの人に不幸をもたらす。ミーム競争としての各媒体は、科学的実証主義を含め、全参加者の間で新興宗教の合戦を映しているのだ。
 最善の影響者は聖人であり、最悪のそれは極悪人である。

2018/12/18

芸術論

偽りの権威は地に堕ち、真の芸術が生き延びる。その国民が滅びて後、芸術だけが記録となる。

日本の芸術界

既に評価が定まり、周囲からもちあげられた通俗作家の後追いをするだけで、訳知り顔の批評家もどき、いや単なる俗物が腐ったわが国の芸術界を更に淀ませていく。そもそもこの国にハイアートは存在しない。あるのは腐敗した同業組合、馴れ合いサロンのできそこない、そして皇族を通じて税金に寄生する根本的に悪意ある似非芸術家だけである。
 その様な国で何をしても足元を絡めとられ、カネやマスコミを駆使した下らない中央集権の権威付けゲームとか、小中華的差別の残渣とか、悪意あるサブカル文化人の様な商売人にすりよるばかりでとにかく何も創造しえないので、この国のアーティストはみなが金儲けか、永遠に無名かのいずれかを選ぶしかない。芸術界の地獄では低俗さが称揚され、愚かな外人に勘違いしたレッテルを貼られ言い訳もできない。だから心ある芸術家は心の底から日本国の芸術界をうらみ、破壊しようとするも、その意図自体も誰にも理解されないので、誰も生き残れないのだ。
 日本にあるのは下らない商品ばかりで、寧ろそれが芸術作品面をしてすべてを席巻してしまったので、日本人の脳内には文化的教養というものは全くない。漫画批評を文壇内での地位争いを目当てに中途半端にする者が当代の代表的知識人であるというなら、その国に学ぶべき事が何かあるのだろうか? 要するに俗受けだけが目的の幼稚な商業作品を国内のみで有効なガラパゴス学歴で糊塗しながら適当に享受しているだけ。何も語るべきことはないのだ。
 勿論、創作はこれで終わるわけでもないし、資本主義芸術が破壊され尽したでもないので、我々のやるべき事が生ある限り残るのだが。

2018年12月18日の絵画

銀河系の孤独
2018年
PNG画像

7680 × 4320 px
販売先


文明の瓦解
2018年
PNG画像

7680 × 4320 px
販売先


前衛絵画
2018年
PNG画像

7680 × 4320 px
販売先


シューティング
2018年
PNG画像

2688 × 1242 px
販売先

国の品位

その国民が一体誰を金持ちにしているかを見れば、その国の品位が分かる。また誰に名誉を与えているか、誰を尊敬しているかを見れば、その国の理想が分かる。

仏教と資本主義の矛盾と止揚

二度と生まれないこと、また子をなさずに死ぬことを生の目的にしたゴータマは、自然死の甘受とあらゆる苦役の否定を主張していた。仏教は死を美化している。
 仏教は生の享楽を中道の観点から、部分的に否定する。この点で功利主義と袂を分かつ。無余涅槃は死をいいかえたもので、有余涅槃は生産性の否定である。涅槃は幸福と異なる。功利主義における幸福を利他性の高い質的快楽の最大化とすると、仏教における涅槃はこの状態を無欲や少欲を目的とする快苦の中庸に求める。つまり、ゴータマは人類全体の幸福の最大化をめざしてはいなかった。その上、死や非生産性を美化することで、文明の発展という進歩史観を根本的に否定していた。
 米中、或いは諸国の資本主義は、実際は需給の一致として部分的な功利主義をくみこんでいる。完全競争市場が需給を完全に一致させるという理想は、欲望の否定や非生産性の美化の元では成り立たない。つまり仏教と資本主義(含む功利主義)は本質的に対立している。だが、今日の社会で最も必要とされている救いは、資本主義のねずみ競走からの解脱である。

経済と商売の違い

持たざる者を救えない時点で、商売は本来の経済、経世済民ではない。

賢者の忠告

賢者の忠告を聴かない者は救えない。属性で人を差別せず、言葉は言葉として評価しなければならない。

理系ばか

自然学的な命題や方法論と社会学のそれを混同している人(通俗的な言い方にすれば理系ばか)は、単に愚かなのである。コペルニクス的転回を認知していない人は、倫理や社会が客体的と思い込んでいる。また数学的論証があらゆる命題に適用されると狂信している人や実証主義の信者は、社会学上の命題や探究の抽象性を、非厳密性や非実証性と混同してしまう。

差別による自己愛

無能で不利な立場に置かれた人々で、しかも不道徳さが甚だしい時、もはや自分の立場を守ってくれるものは生得的に先進国と呼ばれてきた国の出身・居住者であるとか、東京都なり京都市といった皇居のある、或いはあった付近の出身・居住者であるとか、アングロ・サクソン系だとか白人だとかアジアにおける日本国に祖先を持つとか、最もむなしい場合で単なる愛国心という精神論といった、過去に存在した差別へ先祖がえりする事での自己正当化しか残されていない。ネトウヨとか皇室とか自民党員、自民信者とか神道信者と呼ばれる人々、或いは日本国民の右翼一般、東京都民や京都市民の或る部分は、この様な空疎で卑しい試みを宗教化し、無意識的かつ習癖的に行っている唯の差別主義者でしかない。彼らの集団意識はすべて虚妄であり、その根底にあるのは肥大化させた自己愛と対比的に持つ、他者への敵意、悪意である。これらの人々は本質的に公害を意図して生きている、人類にとって根源的に有害な人々なのである。

森の音
風の音
林の木々の歌
海の奏でる曲
星の巡りの只中で
私は耳を澄ませる

2018/12/17

ゆずの山

風呂のふたあけて入ればゆずひとつ
庭に出て午後の日てらす柚子(ゆず)の山
青山を背負い輝くゆずの山

2018年12月17日の絵画


2018年
PNG画像

7680 × 4320 px
販売先


福島宇宙駅への超光速路
2018年
PNG画像

7680 × 4320 px
販売先




2018年
PNG画像

7680 × 4320 px
販売先

利他性の度合い

貧しくとも利他的な人、貧者の一灯、清貧と比べ、成金や拝金主義者の利己的な金儲けは利己を目的にした条件つきの相利行動であり、真の善意ではない。デリダの説と異なり、付加価値(搾取)は必ずしも返礼の省略ではない。商業の範囲では、本来その製品や奉仕が生存に必須だった人にさえ、貧しければ何も供給されないからだ。
 真に善き生き方は、利他性のみに求まる。イエスが持たない者の寄付を殊更賞賛したのは、善行の自己犠牲度が高いほど貴い行いだからだ。
 累進税は、この意味で過度の利己心に対する罰であり、累進税率が高い国々ほど社会一般で共有される公的意識が高い事になる。自由至上主義者らは地球単位での公害を自己正当化している。従ってこの人々は純粋に悪意で、いいかえれば純粋に利己的かつ害他的な意図で脱税・節税をはかっているのである。国連は代表国が先導して、抜け道なく累進的国際徴税、及び地球規模で不利な国々への調整を早期にはかる義務がある。
 利益の拡大を動機づけにした企業活動一般は、半悪半善たらざるを得ない。真の組織的利他性はNPO組織や、協同組合によってしか追求されえない。また多数派政党は公共の利害を代表するつもりでいて、少数派の不利益が合理化される「多数決の落とし穴」に陥り易く、真に善い組織である事はできない。真の善を代表する政党は、常に少数派、もしくは個人である。

冷温停止

冷温停止
宇宙に浮いた星の表面
だれもいない星
だから楽しい
だれもいらない
意味を伝える切符
下らない人たち
都会の俗物
中身のないマスコミ
馴れ合いと悪徳の文壇

2018/12/16

北茨城学

『北茨城学』

2018年12月16日の絵画

雄叫び
2018年
PNG画像

10240 × 4320 px
販売先


運命
2018年
PNG画像

10240 × 4320 px
販売先


見上げた空
2018年
PNG画像

10240 × 4320 px
販売先


大北川(おおきたがわ)を橋の上から眺めた時
2018年
PNG画像

10240 × 4320 px
販売先


かもめ
2018年
PNG画像
10240 × 4320 px
販売先

祈れ

祈れ
時を待たず
宇宙全体に届くよう
誰からも求められぬ
小さな命にふりそそぐ雨のよう
祈れ
だがそれすら聞き遂げられず
足元が崩れ落ちていっても

営利的サイコパス

インターネットは営利的サイコパスが人類に有害だとますます露にしていくだろう。良心のない金持ちは人類に最大の公害をもたらしても何ら痛痒を感じない。インターネット関連法はこの集団が為すあらゆる蛮行に対応する必要がある。

俗物について

自分が低俗でない事はそれだけで十分望ましい資質を示している。それは最も隷属的で不利な立場を先見的に避けている証だからだ。
 だが俗物根性は高尚さ自体ではない。高尚さは理解に労力のかかる趣味(美的判断)についての能力であり、この資質が高いほど自らを衆愚性から遠ざけ得る。
 一方で、俗物根性は理解していない趣味を偽装する態度に当たる。低俗さは趣味について不道徳な状態と等しいが、それ故この属性を持つ者は軽蔑され、多少なりとも知的な人々から避けられる。俗物は低俗さを避けながらも高尚さを理解していない者を指している。

修行

尊い人のみと付き合う修行が現世といえる。自分より徳に劣る人しかいない時代と場所にあっては、独善と孤高のみが尊い。

2018/12/15

生業

卑しい手立てでカネを手に入れた者は、人々から蔑まれる。

徳のみ

人気は徳の目安ではない。同じく、稼ぎ、資産、名誉、居住地、生まれ、門地、学歴、経歴なども徳の目安ではない。高徳な生涯を送った者に汚名を着せている衆愚を見よ。卑俗を極めた悪徳の主が、世俗的価値を寡占している。それにもかかわらず、徳のみが幸福な生の定義である。

商売

商人は利己を抜きに行動できない。商人と親しむな。商人は多少あれ他人を利用しかしない。人は商人と親しむほど不幸になる様にできている。人は利他的な人と親しむ限りで幸福になる。商人は最高でも半悪の偽善者にしかなりえない。商売を生業にするな。

東京自慢の都会人

自民党暴力をふるい再稼動
やくざなる自民に投ずる愚民かな
海を埋め米属国の薩長閥
西軍が国売り民売り農を売る
東京で西軍暴れ保守とほざく
トランプに経済制裁受ける安倍
移民入れネトウヨ狂喜自民閥
皇族の贅沢代で自殺する
貧困を搾取自慢のインフルエンサー
差別して東京自慢の都会人
差別して文化を誇る京都人
アメリカの傀儡政権たみ騙す

2018年12月15日の絵画

生きている宇宙
2018年
PNG画像

10240 × 4320 px
販売先


工場の音
2018年
PNG画像

10240 × 4320 px
販売先


神の怒り
2018年
PNG画像

10240 × 4320 px
販売先


自由について
2018年
PNG画像

10240 × 4320 px
販売先


竹林
2018年
PNG画像
10240 × 4320 px
販売先

2018/12/14

偉大な企業

偉大な企業は社会に幸福という価値を循環させている。

要素

人格以外の要素によって親しまれ、人気な人は、その要素を他人に利用されているに過ぎない。

他人の金儲け

他人の金儲けが基本的に不快なのは、信用貨幣は有限の資源なので、それを寡占する人は他人の持ち分を減らすから、即ち金儲けがゼロサムゲームだからである。この競争の上位者は必然に人々から憎まれ、恨まれる。

謙虚の効用

自己属性における利点を故意に他者より下げる方が、構成員が一定程度より固定している社会に適応する為には得策なので、その様な島国である日本では謙虚な人柄が好まれる。そこで仏教が人気を博したのも、社会における人口の流動性が低い地理的条件に適合していたからかもしれない。

2018年12月14日の絵画


2018年
PNG画像

7680 × 4320 px
販売先


2222年
2018年
PNG画像

2688 × 1242 px
販売先


生命の誕生
2018年
PNG画像
2688 × 1242 px

販売先


パリピ
2018年
PNG画像
2688 × 1242 px

販売先


職業
2018年
PNG画像
2688 × 1242 px

2018/12/13

自殺した引きこもりの少年について

悪徳自慢をする商人らが影響者といい
羨望と嫉妬を集めるべく貪りの宣伝
なるほどガンジーが日本のネット芸人を見たら
真っ先に哀れむことであろう
経済動物の時代から何一つ進歩せず
原発事故を経ても都心で皇室と自称し
汚染と危険を善良な田舎者に撒き散らす邪宗
なるほどイエスが日本政府を見たら
博愛を語りながらきつく非難したかもしれない
汝の敵を愛せとはいうが
自分に害悪しかない金儲け自慢の猿共を愛せるか
なるほど資本主義という最悪の仕組みに順応し
お前もその悪魔の一員にならずには生きれず
真っ先に自殺していったのか

2018/12/12

衆愚の共食い

商売人以外は生殺しにされ見殺しにされる日本
益々卑しい小人がカネを貪り善人を蹴落としていく
商いを拒否すれば殺される
商売を毛嫌いすれば差別される
武士道のかけらもない堕落した国日本
清貧を侮蔑し成金を崇める若害の群れ
小動画サイトでバカ踊りし広告で身売りする
商売が苦手な人は信仰や善意すら踏みにじられ
ひたすら悪意の利己的あきんどに身包みはがされ
悪徳役人と自称皇室の邪教祖に贅沢自慢される
なるほどこの国は滅び行く
地獄で子供を生むのは犯罪だから
つぎつぎ死んでいく聖人の列
私は一人さめて衆愚の共食いを眺めている

今日も商う

資本主義は何も変えなかった
資本主義は誰も救えなかった
それでも日本人は狂信する
自由民主党や皇室を
中身のない空っぽの偶像を
金儲けに駆けずり回り
同類を搾取して悪意を自慢する
恐ろしく下らない社会だ
下らないどころか最低最悪の国
原発で同類を虐げ
田舎を差別して回る極悪人地獄の東京で
傲慢な衆愚が今日も車をひっくり返す
挙句の果てに悪事を責任転嫁し
己を棚に上げて今日も商う

2018年12月12日の絵画

宇宙史のかけら
2018年
PNG画像
 
2688 × 1242 px
販売先


弱小YouTuberの死
2018年
PNG画像
 
2688 × 1242 px
販売先


破壊
2018年
PNG画像

2688 × 1242 px
販売先


旅の記憶
2018年
PNG画像

2688 × 1242 px
販売先


現実性
2018年
PNG画像
2688 × 1242 px

販売先


血で描く未来
2018年
PNG画像
7680 × 4320 px

販売先


文化素
2018年
PNG画像
7680 × 4320 px

販売先


 

2018年
PNG画像
7680 × 4320 px

2018/12/11

一生

愚かな人は愚かな一生を送る。卑しい人は卑しい一生を送る。人は己の資質に応じた一生を経る。賢く、尊い人の一生は模範にたる。

学び

我々は自分自身になるために学ぶのだ。

影響力の質

重要なのは影響力の量ではなく、質だ。世の中を根本から動かす力は、てこの様に小さな声で語られる。だれからも省みられないほど細いすきまにある一行で、世界は確かに様変わりしていく。理論は実践より大きな力をもっている。実践自体が無意味なわけではないが。

ハイアートと娯楽産業

ハイアートがただの娯楽産業だったとして、知識人に興味深い娯楽が情報として安価、もしくはただだったら、見向きもしなくなるとは誰も思いもしなかった。資本主義信者ら(あるいはそれすら意識していない市場順応的な人)が信じる価値は、信用貨幣での交換価値に過ぎなかった。話題になるのは落札額だけという有様なので、今日のハイアートは実際のところユーチューブの俗受け動画と同じ土俵で、大衆受け度でしか観られても、理解されてもいない。その上この傾向はますます強化されていて、俗受けに最適化した漫画、もしくはその象徴的模造物が主要美術にされている。
 俗物根性に訴える高尚な芸術は、日本的権威づけの構図の中で更に空虚になっている。まるで三流文化の様に。元々その様な作品には意味がなかったのだ。

宇宙全体は変わりゆく

怒り
宇宙全体のすきま
ものごとを作る力
だがそれさえ不十分
夜ふかく
月のめぐる間
宇宙全体は変わりゆく

作る

なにもないところから、何かを生み出す。それが可能か? 世界を模倣している。
 人類は何も作りえない。作るのではなく改変している。変えている。

逃げられもしない

この卑俗で下らない都会で
自慢する下衆な国民
自分自身さえ融けていく
最低級の害他的な京女
宇宙のどこにいても嫌な人から逃れられないなら
島国をうらんでおわるのか
本当に
最低レベルの国だ
宇宙のすきまに隠れる
だれもいない世界を空想する
自分さえ
本当に
最低級の国だから
僕が逃げられもしないのだ

踊り

機械と踊るのだ

都会とは低俗さ

低俗さを否定的価値と見る観点の有無。
 年老いてしぬ。創造的な仕事の意義を問う。低俗な若者。
 創造など不可能だ。創造性を問う事はばかげている。俗受けする下らない自称アーティストの仕事の意義が、商業的にしかないとしても、それは意味すらもっていない。流通する情報の下らなさを、いかに否定するかを問うべきだ。創造性自体はそれに他ならない。
 洗練された下らなさ。それは洗練ですらない。都会性とは低俗性と殆ど同じ。

やがて宇宙のちりとなる

低俗さにうんざりしたら
現代から飛翔し
通時性の中から
この星を見るのだ
小さな島がきえうせ
すっきりしてから
人類が亡び去り
あとには何も残らない
僕は欣喜雀躍し
宇宙全体に感謝するだろう
忌々しい日本人が消え去り
あとには動物らの国がくる
弱肉強食の地球という地獄は
やがて宇宙のちりとなる

勘違い

若さと低俗さは違う。大衆性や通俗性と、物事の意義は違う。

2018/12/10

2018年12月10日の絵画

時の流れ
2018年
PNG画像
7680 × 4320 px

販売先


コンピューターの追加した都市
2018年
PNG画像
7680 × 4320 px

販売先


資本主義の終わり
2018年
PNG画像
7680 × 4320 px

販売先


雷雨
2018年
PNG画像
7680 × 4320 px

販売先


青い海
2018年
PNG画像
7680 × 4320 px

販売先


ファイル集
2018年
PNG画像
7680 × 4320 px

趣味と人間性

趣味のよしあしは人間性の換喩である。

倫理の最重要性

技術は倫理を少しも向上させない。寧ろ悪徳をもつ人々の有害さを更に強化し、公害をまきちらしさえする。我々が人生から受ける幸福を、他者を必要としない個人の快楽から分離すると、我々の人生は高い技術では少しも幸福になりはせず、その技を悪用する多くの他者がいる社会では却って不幸が増す。人類にとって倫理はどの時代においても最重要の命題であり、諸技術はこの手段でしかない。
 諸々の知識(日本語では原語としてのscienceからしばしば科学と訳されている)の中で倫理のみが、人類自身の知恵である。知識が不道徳に用いられた時、それは目的を外れて人類に不幸をもたらす悪しきものとなる。従って科学は技術の、技術は倫理の手段であり、各々の重要さを取り違えている人々は自他を不幸にする。

あるのが地獄と未来だけとしても

消費文明に毒され
夢をけがされていく国
我々には手に入らないカネで
経費での浪費自慢のユーチューバー
成金と馬鹿しか見当たらない
誰とも共感できず
下らない衆愚向け商品をおしつけられ
それすら買えずに死んでいく
下賎な東京都民に差別されながら
卑しい象徴を仰ぐ違憲国家
差別主義者が愛国を自称して
君をひたすら誹謗してくる国で
それでも何か希望を探している
あるのが地獄と未来だけとしても

2018/12/09

2018年12月9日の絵画

滝の間の町
2018年
PNG画像
7680 × 4320 px

販売先


個性達
2018年
PNG画像
7680 × 4320 px

販売先


 
価値
2018年
PNG画像
7680 × 4320 px

販売先


 
或る宇宙駅
2018年
PNG画像
7680 × 4320 px

極悪晋三

極悪人安倍晋三が国を売り原発汚染で日本を終わらす
極悪の衆愚が自民信者とて国売り差別し悪業で滅ぶ
米軍に媚売り政権維持しつつ売国三昧極悪晋三

東京・京都の小中華思想の原因と対策

東京都民や京都市民一般が、小中華思想(自己を中華民族として崇拝し、他者や他地域を蛮族として差別する漢民族の或る発想を模倣したもの)に陥っている根本原因は、天皇皇族、即ち皇室が中華皇帝を模倣した事にはじまっている。その落ち度まで彼ら皇室は真似、また彼らに洗脳された東京や京都の一般人は、ただの卑しい差別観まで模倣しているのだ。
 東京都民、京都市民、皇室にかぎらずこの種の中華思想はごく卑しい。利己的な差別観を他人や他地域への蔑視と自己崇拝としてもつのは、当人が余程下卑て愚かでなければ容易に受け付けない発想だ。この考えを模している、即ち天皇を象徴として皇室を政府にくみこんでいる現日本政府も、また東京都や京都市、京都府も、一言でいえば非常に卑しい中世的な考えを正当化しているにすぎない。自らに県を使わぬ都や府という名義が、既にそれを示している。この種の卑しい考えをもつ人々が、天皇皇族を含め衆愚であるからには、彼らに反省や改善を要求しても、改心可能だとは考えづらい。我々にできる事は、彼らを反面教師にする事、そして差別観の愚かさ、卑しさを軽蔑する事、そして彼ら悪しき衆愚に極力関わらない様にする事だ。但し、東京や京都、現日本政府、皇室といった小中華思想民族病の持ち主が公害をもたらす場合は、国際社会と共同し、最大限にその悪行を法的・倫理制裁的に防止し、場合によっては権力や軍事力によって抑止しなければならない。

東京中華思想の民族病

他に漢字とカタカナ英語の物件名を無数につけてきた東京都民が、高輪ゲートウェイに限って「ダサい(田舎い、田舎臭い)」という差別用語で、単に他の山手線の駅名に比べて「長すぎる」だけの言葉を脳内変換して自己非難・責任転嫁するのは、東京中華思想という都民一般が宿している民族病である。都民全般は或る時期に田舎から出てきた衆愚であり、また先住人も武蔵国の頃から数えて田舎であったが、京都への劣等感を跳ね返すため必死に都会ぶる目的で、自分達の落ち度から目をそらすべく何でも自分たちの脳内でかつて属していた田舎差別へと脳内変換してしまうのである。その様な悪癖の行き着く果てが、都内で使う電気の為の原発や核廃棄物処理場を田園地帯におしつけ、自分達の食料を供給している、或るいはのどかな暮らしをする農地やその住民を蔑視する様な醜悪極まりない発想である。
 この種の発想は京都にも既に中世以来みられた小中華思想を、東京で焼きなおしたものでしかない。東京中華思想も、京都中華思想も、何れも非常に卑賎な差別観でしかなく、そこには何の正当性も合理性もありはしない。そしてこの種の民族病に感染している衆愚は、京都市民にせよ東京都民にせよ、当人達が確証偏見によって現実を歪めて誤認するだけでなく、差別の派生現象として周辺の田園部に公害を日々まきちらしている。即ち、高輪ゲートウェイに田舎いという差別用語で非難をしている都民は、心の病気なのである。
 その治療が精神医学、心理学的に十分考察され、実践されるべきであり、日本政府もこの民族病が公害をもたらす最悪の病のひとつである事を十分認知し、法的に差別的言行のもたらす害悪を防止する様につとめねばならない。

衆愚の意見を尋ねあらわすメディアは、見聞きするほど害がある。

他人の国

卑しい人のあふれたインターネット
卑しい人のあふれた日本国
卑しい人のあふれた東京都
僕はこの国が嫌いだ
卑しい人が愛国といって差別する
卑しい人が邪教祖として金をむさぼる
SNSのどこに行っても卑しい人だらけだ
さながら地獄の国
この島国で自殺を解決策にする人達は
卑しい人達と関わりたくなかったのだ
強制的に下衆と社交させられ
死ぬより苦痛なこの日本では
誰とも関われない
この国は他人の国なのだ

2018/12/08

世界一卑しい衆愚

息を吸う様に地方差別をする日本人一般は世界一卑しい衆愚だ
自分がその一員にならない様にどんな努力もし過ぎる事はない

息を吸う様な地方差別

日本人は息を吸う様に東京中華思想、京都中華思想で地方差別を行う。当然その様な愚民の贔屓対象である東京や京都の犯罪や落ち度には目を瞑る確証偏見は、彼ら自身に致命的な悪果をもたらしていく。
 この様な日本国民衆愚の悪癖の発症源が天皇皇族であるからには、これらの自己崇拝と国民差別の極悪人が邪宗と悪習の根源原因なのだろう。衆愚の悪意を根本から治療するには、皇室の一切を廃止し、政府から永久に追放し、法的に地方差別の言動を憎悪表現として罰し、都市への批判と田舎への愛惜を啓蒙するしかない。

2018年12月8日の絵画

技術的特異点の虚構
2018年
PNG画像
7680 × 4320 px

販売先


雲の間の都市
2018年
PNG画像
7680 × 4320 px

一つの魂

一つの高潔な魂は、百億人の衆愚に優る結果を持ってくる。ここでいう魂とはある道徳をもつ個人の事だ。

蚊の残党

蚊の残党モニターだよりにわれ慕う

2018/12/07

2018年12月7日の絵画

悪しき大都会
2018年
PNG画像
7680 × 4320 px

販売先


光の窓
2018年
PNG画像
7680 × 4320 px

販売先


やりとり
2018年
PNG画像
7680 × 4320 px

販売先


チーズケーキの色
2018年
PNG画像
7680 × 4320 px

徳の証

卑しい人の言説がわからないのは誉れだ。低俗な流行に反感を覚えるのは徳の証だ。

絵画論

世界を肯定する為に描くのだ。

九州地方の人々

私のみた九州地方の人々は、行動を理論より重視する傾向の為に、純粋理論に優れた人や知的批評を侮蔑して恥じない者が多かった。他の文化に属する人からはこれをつい野蛮さと考えがちになるが、また実際にやくざの多さなどその様に見られる現象があるにせよ、これは九州地方の文化気質だと捉えるべきなのだろう。勿論これらが過度の一般化で、統計的真というより社会学の観点からより詳細に分析されるべき意見だとわかっているが。

2018/12/06

大衆芸術とアーティスト

アーティストという一般語が、芸能人きどりのネット芸人にあてられるようになる前は、ただテレビに映って芸ともいえない芸をする人や、単なる歌手にあてられていた頃があった。この言葉はどんどん通俗化し、純粋芸術の担い手らは無視される様になっていった。だがその初期には、純粋芸術を担っていた近代芸術家らの独創性への熱狂を、創造的な才に対するある種の敬意で援用する意図があった、と思われる。もっといえば、或る時期アーティストが敬称だったのは、その言葉の中に近代芸術を代表していた個人の悲劇が象徴化されていたからだ。
 だが現実に悲劇に見舞われている現代の純粋芸術家らでなく、商業的芸能会社のいわれるがままに客寄せパンダをする凡愚が今やアーティストを気取り、世間の上で名士をも名乗っている。テレビ芸能界がこの種の変化をもたらしたとして、ユーチューブやティクトックはこの大衆芸能現象をウェブ上で再現しているにすぎない。結局、大衆化や商業化が現代芸術に与えている致命的な汚点を、誰も指摘し、のりこえられていないのだ。

容疑者と言う悪習

日本国民は報道機関が有罪以前の被疑者を容疑者と呼び、半ば犯人扱いする悪習を非難するよう努めねばならない。

大都会で

だれもが自分の金ほしさにうろつく中で
僕だけは独りそれにうんざりしている
宇宙はあまりに広すぎ
この島はあまりに狭すぎる
僕だけがみている真実は
だれもが欲しがっている羨望ではない
だれもがしたがっている贅沢ではない
商人の集まった大都会で
僕は息がつまる
だれもが他人の中で
僕にはなんの希望も持てない
世界はあまりに果てしなく
僕だけは冷めてうなだれていた
安住の地を求めて

使用者価値

古びたもの、使い古したものに宿る本来の使用者価値と、俗物根性の一種である骨董趣味や伝統的価値観は異なっている。

砂上の楼閣

田舎や諸外国を差別し、誹謗中傷し、嘘をつき貶め、原発で汚染し虐げ、金、電気、食料、人材をむさぼる事、いいかえれば他人を不幸にする悪業でしか自慢も生存もできない東京都や東京圏、都会の人間は呪われている。呪われた都会の中で幸福だと思い込んでいる人々は、単に自分達の悪因の悪果がくる事を予期せず、他人の涙や苦しみ、死の上に砂上の楼閣を築いている。

商業活動のゼロサムゲーム性

商業活動は有限の信用貨幣を奪い合うゼロサムゲームなので、成功した商人はねたまれ憎悪される。この結果悪のラットレースへの最善の対策は、当人に可能な限りそこに参加しないで済ます事だ。

新卒国家

注目度を偉大さと勘違いした衆愚の中で
俗受けを狙う下らない連中に混じって
商売を強要される地獄の国だ
こんな仲間になるくらいなら
最初から生まれてこないのが次善の策だろう
無限に続く下衆の馬鹿騒ぎ
雑音以外なにものでもない
ごみの様な都会
金欲しさにうろつく愚民の上に
偽善の邪教祖
増税を喜ぶ自民信者の列
この腐りきった新卒国家は
やがて自殺していく

優れた生

卑しい人達と接すると、その人々が発した愚劣な言行へ自分の脳内から最大限アクセスされない様にし直す為に膨大な手間や時間、心身の費用がかかる。さもなくば尊い記憶のアクセスに費やす筈だった分にこれらは使えていたはずだ。最初から卑人の集まる場所に近づかない事、卑人と接触しない事が優れた生を経る最適解だ。

2018年12月6日の絵画

光陰
2018年
PNG画像
7680 × 4320 px

販売先



2018年
PNG画像
7680 × 4320 px

販売先



生のかけら
2018年
PNG画像
7680 × 4320 px