制作実況

2018/11/20

中世都市は古都ではない

京都が自慢しているものは伝統ではなく中世だ。古代に京都はなく、近世も主要都市ではなくなった上に、日本の真の伝統は縄文文明や石器文明、そして石器時代以前の先住文化を混成的に延長させている主に東日本の諸国民の上にあるのだから。あまつさえ中世京都を長安に模して入植したのは古代中国移民たる弥生人や朝鮮系移民であり、先住日本人ではない。
 無論、アイヌ、縄文人、琉球人らの末裔から見れば天皇や皇族は伝統と呼べる代物ではありえず、単なる権力闘争を自己崇拝の宗教で糊塗しつつ日本を侵略してきた古代中国人の末裔でしかないし、彼らが持っている諸文物、伝承物についても同様でしかない。無論この人々は日本国や日本国民の象徴ではなく、権力を権威に偽装した邪教祖兼世襲独裁者の血族である。したがってこの種の渡来人を象徴化している東京政府(自称日本政府)も、飛鳥時代、もしくは明治時代以来の日本侵略者に寄託する偽物でしかなく、真の日本の伝統政府ではない。
 移民による中世都市に本質的に古代日本由来の伝統文化もありえず、入植地として本国たる中国朝鮮に対する模倣文化があるに過ぎない。単なる中世への懐古趣味でしかないので、東京政府を唆して拠点を移動させようとしている京都文化庁は自文化中心主義的で全国差別的、即ち根源的な意味で反日的である。