制作実況

2018/11/27

内的目的

人は内的目的を追求すべきで、周りの意見に耳を貸してはいけない。内的目的が達成された人は至福に包まれているが、他者の意見に従った人は結局他人の目的を肩代わりされるだけだ。しかもその他者は凡そあなたに感謝しない。そもそもその他人による意見は、あなたの内的目的以外をめざした忠告やお節介、或いは中立的で適当な意見、誤解、最悪の場合はただの悪意かもしれないからだ。
 同様に、誹謗を趣味にしている人々はそれを負の内的目的の為にしているので、誹謗をする人のみに原因があってされる側には何もないであろう。偏見、差別、加害行為としてのその他の悪意についても同じ事がいえる。その種の負の内的目的をもっている人は迷惑な人、もしくは犯罪者であり、当人の内的目的を改造するしか救われる余地はない。これらの迷惑者に被害を受けている場合、速やかにその人との縁を切り、さもなくば法に訴え或いは法をつくり事態が解決されねばならない。