2018/09/13

交際

なぜ人は他人と接するのか。少なくとも品性下劣なつきあいより孤独の方が優っている以上、交際は限定的であるべきだ。
 人が人たるゆえんは、何かの能力にある訳ではない。
 我々はごくわずかな時さえ有限のうちに消費しているのだから、その全てを無駄にしないよう生きるべきだろう。
 幸福追求権は快楽へのそれにまさっている。幸福は利他性に等しいからだ。
 我々が他者の幸を願う時、その人の利他性を信じているからそうなのだ。よき人に幸あれ、これが幸福の原型である。