2018/05/08

うぬぼれと徳

卑しい人は他人を貶め、出し抜き満足したがる。だがこれはねたみという最大の怨みを買う、地獄への道である。地獄への舗装はうぬぼれでできている。
 他人をいたずらに賞賛する事も、自らを卑下する事もなく、他人の長短両面から学ぶ者が賢い。他人を出し抜く為でなく却って自らを低く保ち、最も人の為になる事をはかるがいい。無欲に留まれ。徳こそ人の身をこの世で守る鎧だ。

※このブログURLは2019年6月8日に
https://yuusukesuzuki.blogspot.com/
へ変更されます。