2018/05/31

業の果報

人を侮辱し、誹謗し、冤罪にかけ、陥れ、名誉毀損していた連中の末路をみているといい。業を受ける結果、尊ぶべき善意の相手をそしっていた人々は必然におちぶれていく。反対に、訳もなくそしられた側のその後の栄達は我慢代の果報である。

※このブログURLは2019年6月8日に
https://yuusukesuzuki.blogspot.com/
へ変更されます。