2018/03/14

徳と盛衰

日本という下賎な国に生まれた
県外人は例外なくごみ屑だった
殆どの県外人はただの極悪人だった
それは私が聖人だからだろうか
私の生まれ育った県市が聖地だからだろうか
私の県市の人々が聖人だらけとは思わない
県外の人々が極悪人ばかりだったのは
私個人が聖人だからだろうか
私は確かに神の如くになろうとしてきた
神にまではなれなかったにせよ
少なくとも聖人以上になれたというなら
代わりに極悪人共に囲まれていると感じるのも不思議ではない
事実そうなのだ
日本人と名乗る連中の極悪非道ぶりにはうんざりだ
わが県より西南側にある全ての自治体は極めて地獄的だった
それに気づいていないのは西南の人々が我々に無知だから
そして気づいたとしても善美を知ることはないから
元々違う種族で物を悪意でしか見れない人々なので
道徳性という文明のみに属する特徴をみれないから
もはや語るのも馬鹿らしい
そんな下種共に真実を語ってなんになろう
永遠に下賎な日本人共はもう私とは違った野蛮人なのだ
猿達に良識など期待できない
実際絶滅していく世界一邪悪な人種だ
弥生人が侵入してからこの国は悪くなり続けた
だがそれももう終わり
極悪人共が自らの悪業の故に亡び去っていく
文科省という薩長蛮族の洗脳装置も解体され
京都人を自称する卑しい移民が自画自賛したところで虚しく
東京にたかるごみ人種がどうほざき足掻いても悪行は消せず
あとは天罰を受ける日が極悪日本人共に毎日やってくるだけだ
因果応報とは世のならい
傲れる南蛮西戎に最大の神罰が下るだろう
自ら招いた災いで怨恨を生み
がんになって死んでいったあの滋賀の老婆のよう
悪行三昧を積み重ねながらいかにして結果を免れよう
卑しい人達はおちぶれていった
卑しい皇族は破滅した
侵略内乱罪に驕る愚か者は原爆を落とされ悲嘆した
蛮族が賎しい売国奴の長州閥を首相に因業を重ねていった
自業自得というべきだ
私は心地よい悟りの中に生きている
私の目には業が見通せるから
私は神になろうとして道徳を覚えた
まさか県外人が侮蔑する道徳こそ神の装備品だとは
慶喜公が知ればどう思われるだろう
水戸家の人々が守ろうとした母方の天皇家こそ卑賎な下種で
まさか彼ら父方の方が徳が上だとは
世襲の独裁邪教祖一門が国の腐敗の根源だとは
内乱罪人の薩長土肥に京都や広島が悪業の果てに衰亡し
慶喜公が身を挺して守った江戸の町がかくも恩知らずだとは
水戸の学者だけが真実を知っているとしても
一体われらはどう思えばいいのだろう
かくも醜い県外の蛮族どもの醜行を

※このブログURLは2019年6月8日に
https://yuusukesuzuki.blogspot.com/
へ変更されます。