2017/07/31

麻生新政待望論

麻生新首相の元、副総理を額賀氏とし、菅官房長官を続投させた上で自民最大派閥を率い、大型の建設・復興投資を東日本大震災の被災地および福島県域を中心に行い、アソウミクスを主張して庶民の為に経済振興第一の政策を行うべきである。
 又これによって失敗に終わったアベノミクスの清算と、消費増税の事実上の凍結を行い、全ての国民が報われる麻生新政を行うべきである。起きなかったトリクルダウン失政とTPP不参加の公約に関する虚偽答弁の責任をとって、支持率急落の廉で安倍晋三氏を閣僚外に永久追放、米国との情報パイプ役に徹させるべきである。これに伴って安倍氏のお友達人事とみなせるすべての閣僚を閣外追放し、党内派閥を大幅に入れ替える必要がある。
 小泉進次郎氏は復興担当大臣とし、国民との接続役を任せるべきである。石破氏については防衛大臣とし、京都府知事および京都市長による私利誘導の出し抜き陰謀で曖昧に分散化してしまった非効率で不平等・不公平な地方創生を一区切りさせ、文化庁を中央に戻すべきだ。
 安倍晋三氏が固陋な長州閥を悪用し、かつて侵略を犯した山口県域への利益誘導のため行った権力乱用を関係省庁に猛省させ、安倍氏が冷遇した東北及び北関東への調整、そして現に東京都民による我欲に堕ちた大公害下で苦しむ原発立地自治体への補償を充実させねばならない。

他人と幸

年寄りは我欲で君を殺そうとしてくるが、我欲で苦しんでいるのは年寄りの方なのだ。悪しき年寄りに関わるな。
 若者にも年寄にも期待するな。他人は君の為に何もしてくれない。心あしき日本国民に利他性を期待するな。
 自ら何をなしえたかのみを問え。親やきょうだいを含む他人が人でなしだとして、自らも人でなしかのみ問え。
 得られないものを求めるな。今あるものさえ失われゆく。他人も、家族も君を裏切る。
 金があろうとなかろうとこの世は苦しい。自らの行いによって、自らの周りに幸多き利他の世界を作るがよい。

日本国の革命

日本国に生まれる事は地獄に生まれる事に等しい。天皇制度とは国民奴隷制度である。日本国を独裁する大陸移民にして世襲侵略犯天皇の奴隷として、日本国民は永久に不幸にしかなれない。だから、日本人に生まれて唯一の正解は、愚かな奴隷集団である日本国から脱出し国籍を離脱するか、その為に必要な金や言語力が不足していれば天皇制度や日本国を自らが主人となれる共和制度へ革命するべく抵抗し続けるか、どちらかでしかない。
 最も消極的な解決として自殺が選ばれ易いが、この方法をとる限り、天皇は奴隷を増殖させますます悪業を極めるだけであり、国家そのものの腐敗は永久に変わらない。従って自殺は正解ではない。なすべき事は天皇制度という国民を洗脳し奴隷化している悪しき体制を破壊掃除し、神道という邪教から国家政府を自由に解放させ、私という一個人が主人公として生き残る国に改造することだ。

2017/07/30

最終処分場を都内か京都へ

核のごみ、放射性廃棄物の最終処分場は、東京都の会社組織、東京電力と日本原電が出した分については、特に東京都が東電の主要株主にあたり最終受益者でありつづけてきたことからも、その中枢部に限りなく近い皇居または東宮御所および彼ら天皇家の逃亡先としての京都御所、或いは東京都内である豊洲か高尾山に立地させねばならない。

侵略犯

原発やごみを押しつけ田舎いじめ京都に媚びる下賎な東京
京都には文化庁をやり媚を売り北関東東北いじめの悪しき日本国
弱者を虐げ関西薩長土肥に媚びる悪の侵略天皇一族

ブランド価値

長持ちするものがよいものなのであり、ブランド価値は本来、よいものの評判から発生していたものだ。ブランド価値とよいものの分離が、顕示的消費における無駄の制度化をもたらす原因である。ブランド価値と「長持ちするもの」「よいもの」を再び一致させ、無駄を省く事こそ本来のブランドである。

2017/07/29

ごみ売り東京

核のごみ出して押し付け東京人
傲慢で中華思想の天皇家
東電のごみで国民殺しけり

2017/07/28

蓮舫氏

出身で差別し潰す悪しき日本天皇の先祖は中韓なれども
出身で差別し潰す日本国薩長の先祖は中韓なれども
中韓の帰化人もちあげ台湾の帰化人を潰す悪しき衆愚

2017/07/26

共謀罪廃止論

思想と良心、信教の自由、すなわち内心の自由を理解できる次の内閣が、違憲である共謀罪を廃止するしか、国民の安寧を守る術はない。善は急げであり、最初の冤罪被害者が出る前にこの廃止を行うべし。
 また、都内の愚かなマスコミや衆愚の扇動はこの際無視し、テロリズム対策と共謀罪廃止の明白な分離を行う必要がある。

2017/07/25

無為

人は得た物を失う限り、求めない事、一切の欲望を離れて無欲でいる事が求道の完成である。万物の本質は無であり、現象の変転は何も得られない、失いつつある未来に向かう。悟った人は失われゆくものに固執しない。

2017/07/24

絵画論

絵は絵に可能なものだけを表現できる。

2017/07/22

最善

人生の終点は常にその時なのである。その時、つまり今、最善のふるまいをしている必要がある。

2017/07/21

長州閥

開国やTPPといい国籍差別
侵略しあげつらうなと狂う長州閥
我欲にて独裁しながら恨み買う
共謀罪衆愚を煽りすぐ冤罪
米国の犬となりつつ天皇制

2017/07/20

慈善と商い

慈善活動は貧しい頃から己にしつけねばならない。営利の癖は社会からの尊敬を失わせる。
 詐欺にあい貧しくなった人は、慈善により蓄えを減らした人より尊い訳ではない。営利の為に失った富は、営利の為に詐欺をした人の手元に至るからだ。
 愚者の楽園で貧しいから蔑まれるといって嘆くな。愚かな人たちはその金をどぶに捨てていく。
 賢者の為に商え。人格者の喜ぶ仕事を行え。もしその尊い仕事が清貧でしかありえない暗愚な国があっても、衆愚は自滅し、利口者が得をする結果になるから。

芸術と幸福

幸福に益するもののみを求め、そうでないものを集めるな。他人の不幸を喜ぶ者となれあうな。俗人とつきあうな。俗人を見聞きするな。
 大金を得た人は貧者を嘲笑うが、貧富は幸福ではない。大金によって行える限度が慈善なら、より大きな富はより絶対数量の大きな慈善に役立つものでしかなく、貧者の一灯に比べ尊いものではない。金を儲ける事なく慈善し続ける事は可能であり、そのふるまいのみが本来の善行なのだ。
 芸術のわからない人は悪趣味を買う。教養のない人は愚行に沈む。人は芸術の中に生まれ芸術と共に死ぬ。彼らをとりまく環境は、彼らの審美眼そのものだ。だからよき趣味と共に芸術を愛する人とつきあうがいい。
 人にとって自然は芸術を含み、自然自体に住まう事はできない。芸術性が人間性なのだ。自然と調和のとれていない大都会の人々は、感覚的な幸福を得る機会を悉く失い窒息する。不幸な都会人のある部分は不満と鬱屈を合理化するべく、幸福な田舎者達を差別と偏見、冤罪により訳もなく侮辱する。大都会は不幸の源泉である。幸福な人は都会に住まないのだ。よき趣味の人々は美しい街に住まう以上、自然と調和のとれた田園都市、或いは田舎町をつくるだろう。
 自然は美を模倣する。人は芸術によって美を定着させる。芸術は幸福を生む。

海の眠り

僕は君の為に無限の時間を経る
やがて大宇宙を口実に消え去る
君は輝き続けてほどけてしまう
だれもいない街に灯る満月
海はねしずまり寄せては返す

己を生かす所に生きよ。愚かな地域にかかづらうな。悪しき仲間内に留まるな。愚者の楽園は賢者の苦境にも劣る。

2017/07/17

自己実現

人は自分にしかなれない。

自由

自由の楽しみを知らぬ者は隷属の苦しみを知る事になる。幸福に他人を介在させてはならない。
 人格は賢さに勝る。人格を敬わぬ者は裏切りを得る。
 人種差別は時代と共に合理性を失っていく。
 叶わぬ望みを追う者は日々に疎し。徳に基づいて生きる者のみが自由を味わう。快楽追求権、幸福追求権は人類が得た全ての権利の中で最も自由に益した。日々の糧を得る為に自由を失う者は、目的と手段を取り違えた結果、隷属の生を経る。資本に隷属するなかれ。

2017/07/16

罰と性

性悪説は属人的罰、性善説は属事的罰。

2017/07/13

賢愚と善悪

愚者は不幸をもってくる。賢者は幸をもってくる。愚者に善悪は認知されない。賢者は善悪を峻別する。善が幸の起源である限り愚者は不幸の侭である。愚者が賢者を疎むのは、愚者の集まりでは善悪を見分けない事、不幸に沈殿するのが常識だからである。愚者に関わるな。善悪を知る者に学べ。

2017/07/12

夢は継続すべし。

偏見とメディア

かつて京都が文学でやっていた中華思想の偏見づけを、いまは東京がマスメディアでやっている。この偏見を脱却するには、天皇制や資本主義、政府の立地に基づく中華思想を根本的に否定する所から出発し、文化多元性を前提にしなければならない。

2017/07/10

知恵

貪欲は身を滅ぼす。金銭への執着は苦労を連れてくる。知恵は人を救う。愚者の誹りを受けるのは賢者の証明。

賢愚と学び

愚か者とつきあう事は単に時間の無駄であるばかりか、心身の浪費である。愚か者を無視せよ。
 人格者は模範に足る。賢者はそれと見て分かるが、人格者に比べれば重要な点はない。知識は自ら学び得るほか、他人からも得られるからだ。

慈善の通用しない人々

慈善の通用しない人々には搾取する悪人がたかる。

商業国家亡命論

金儲け地獄の日本に留まるな。商売人は自滅する。搾取の共食いは国家財政を破綻させ、若者は自殺する。悪意の貪婪老人が若者を食い物にし、子供は拝金と非人道に染まる。退廃した国々は商業偏向によって滅びたのである。
 金銭から離れて暮らせ。既にある物で満足し、得られない物を求めるな。自ら生産し、取引できない分を蓄財するな。消費を疎め。畜生に類した下人や独裁血族らは搾取を旨とし強制労働を強要しあう。だが彼らの末路は破滅である。下民や皇族の生態を見聞きするな。下民や皇族は悪徳により日々堕落し、破産する。商人は搾取の罪で苦役の中に輪廻する。
 何も求めず、無欲に留まれ。金儲けするな。他人にも何も求めるな。慈善以外は不可能だ。

2017/07/09

道徳と利得

道徳に基づいて行動せよ。利得で行動するな。利得は人を卑しめる。道徳は人を高める。

労働と芸術

労働は卑しく哲学は尊い。
 商売は賎しく芸術は貴い。
 権力闘争を含む政治は卑俗で、良心を問う宗教は聖性に足る。
 人は高尚なものと共にあれば引き上げられ、低俗なものと親しめば堕落する。卑俗な人々と親しむな。大衆一般に合わせるな。俗人の幸はむなしい。
 大金は堕落させ、清貧は人を鍛える。蓄財を旨とする人々は他人から疎まれる。徳に基づいて生きる人は救われている。例え僅かであっても、慈善は膨大な貪欲より人を慰めるであろう。金銭を貪る傲慢な満足は、日々の僅かな寄付に劣る社会しか作り得ない。大金持ちによる大金の寄付は蓄財の免罪符に過ぎない為、全ての身銭に対する寄付の割合のみが、真の善意と理解せよ。下人は物欲や不安で身売りするが、上人は金品に動かされず安泰に留まるであろう。権威を期待して権力者に媚を売る人達は、大衆にすりよって金儲けする人々と大差なく浅ましい。人生では宗旨替えする事なく、終始一貫して徳目の詳細を穿て。高徳は人を幸いにし、純粋な善意は真の権威をまとわせる。
 純粋芸術は商業芸術に優っている。商業作品は通俗的内容で下らなく、俗受けによる金儲けの手段にすぎないが、単に思想の表現でしかない純粋芸術のみが真の芸術なのである。この為、純粋芸術を探求する人々のみが、尊い芸術家なのである。

2017/07/06

教養

教養は悪徳を遠ざける。俗人は徳を避ける。俗人はこれ故に不幸である。高潔は最高の盾。悪人は自滅する。営利は破滅への道である。
 道徳のみが幸をもたらす。

慈善と営利

東横人、愛知人、関西人は拝金主義者達が多く、賎しく浅ましい。拝金は人を賎しめる。無教養は恥を売る。拝金主義者は不幸である。貪欲は自滅する。
 身売りは身を滅ぼす。娼婦は悪徳の巣である。
 慈善活動より営利活動を好む者は心底腐敗していて、悪友にたかられる。慈善は営利に勝る。商魂は友を失くす。人の高度な幸が人間による物である限り、商魂は人を不幸に誘なう。
 人は高潔たるべきである。清貧は全てに勝り幸いなり。俗人は不幸をもたらし、聖人は幸を与う。

2017/07/04

仕事

愚か者と商売してはならない、愚か者を相手に仕事してはならない。卑しい人は損害する。儲け必ずしも得ならず。

妨害

ひとの夢を妨害してくる人々は、挫折した人。ねたむ人。

2017/07/01

主婦連の悪質さ

一部の東京や大阪の主婦らは人を自殺に追い詰めてくる。その目的は、拝金の緊張解消に、清貧な標的を迫害し合理化する為の様だ。
 とある静岡の主婦は独裁政治や悪政を崇めながら隣国人を差別していた。その目的は付和雷同し衆愚の一員となる事で不安解消する為らしい。
 悪魔共はこの様に、一部の主婦に多いのだ。インターネットでは邪悪な寄生階級としての一部主婦共の悪意をつぶさに観れるが、何をとっても奴らの絶滅が肝要である。悪者に反省など期待できないのだから、夫に寄生して暮らせない状態まで労働者全般の給与を減らすに越したことはなく、さらに主婦という存在一般を無職と再定義し、アルバイトやパートで働いている主婦も寄生フリーターあるいはその他の語彙で定義する事で奴らが差別している無職やニートより悪質であると証明しなければならないのだ。