2015/08/31

感情論

愚劣な人間を相手にするな。清浄な者を相手にせよ。子供や孫を産み育てている人間は他の動物と変わらない以上、何の立派さもない。人間の正格は、その理性の度合いで測られる。とるに足らない者でさえ本能のままに子孫を残してきたが、かの文化はひらけていなかった。偉大な文明にあって、子孫を残す事より理性的である事が尊重されるのは、人間性に叶う暮らしは理性的にのみ営まれると人々から認識されているからだ。逆に、進歩していない文明の中で人々は獣類の如く本能的である。
 その文化が続く限り、本能は完全に消滅はしないが、他方その発露には理性との調停策として感情という方略が執られる。そしてこの洗練の度合いが、いわゆる趣味なのである。

努力

偉大な努力のあとも
どんな跳躍であれど
君は何もみてはない
君は何をみていたんだ
しんでいく鳥に尋ねても
海はすべてをのみこむだろう
はるかな頑張りの末に
やっと飛びたったというのに
君はどこ吹く風で
すでに誰かといなくなった
まるで予定された宿命だ
やっと書き上げたというのに
僕のうたが届けられていく宛は
常に決まりきった人だというのに

僕は頭を抱えてしまう事になった

僕は頭を抱えてしまう事になった
僕は頭を抱えてしまう事になった
僕は頭を抱えてしまう事になった
それからしばらくの間
のちなからん
たしかにたしかに

現象

遊び戯れる全現象も
消えたら何も残り得ず
不思議と願う
遊び戯れる全現象
諸行無常の中
今すぐ誰もが消えるでもない
消滅にさえ気づかぬ
そろそろと歩みだし
どこかで倒れいなくなる
明滅している星の中
現れては消える命でさえ
銀河に埋め込まれた偶像
くるくると回りつつ
落ちてくる楓の葉

2015/08/28

にわか雨

急に気づいた
突然の雨
いつまでふりつづけるのか
急にあがった
今までの雨
いつから僕は眠っていたのか
連続で悟り澄ましてみたところで
別になにが変化するでもなく
急に怖じ気づいて
逃げ出そうとしたって
尚も海はたゆたう侭である
毫も僕は動じたりしないのだ
にわか雨
たとえ全人類が滅び去ろうとも

丁寧に描いたどんな絵も
気づけばなくなるものなら
このよはどこもそうだろう
とわに残せる傑作は自然の内になく
宇宙の外のたなごころのみ
まじめに働いた誰もがみな
悟った仏のごとき人なら
このよはすでにあのよだろう
とわに残せる落し子は世界の内になく
宇宙の外の神の言葉のみ
とわに信じる思いでさえも我が身と共に
旅人の枕詞となりはててしまう
始めにうまれた誰独りとして
いきつくはてをしらないこの旅に

誰にもしられてない場所で
誰からも遠くにいて
我々の未来を思え
価値のない今はない
あの原因不明の星空の一部に
我々の未来を信じていろ
計画通りの今じゃないとしたら
未来だってそうだろう
今すぐに飛び出して
車や船をのりつぎ
辿りつく果てに
もう少し眠ってから
君が起き出した頃
この星は宇宙の中を巡っている

あじさい

しとしとと降り続けた雨に
聴いていた記憶はあじさいに融け
枯れた
だから僕は言ったんだ
もう雨の音を聴くべきですらなく
少しずつでも
この世の幕を閉じ続けねばならない
それですべておわる
僕は絶望のねいろを溶いて
あの画布に天の色で
しりもしない原型を描こうとしたが
見えてきたのは他でもなく
君の微笑みだった
宇宙の花火みたく

2015/08/27

名もなき工人達よ

名もなき工人達よ
あなた方の作り上げた場は人々が憩っている
あなた方の理想は人々の心を慰めている
あなた方の労働は誰かがきっと見ている
名もなき工人達よ
私はあなた方の為に大きな絵を描こう
まるでそれが私達の祝福された境遇かの様に
まるでそれが未来永劫の仕事を称える
神からの息吹かの様に
時に立ち止り天を仰ぐがいい
そこに流れ去る雲と星屑
名もなき工人達よ
我々とて同じなのだ
なにもかもなくなるまで

2015/08/26

いなくなるもの
あらわれたもの
あなたは一瞬だけ眠りこけ
この世の変遷をとりかえそうとする
いなくなるもの
あらわれたもの
どいつがこの世をつくり出した
しりもすまい
宇宙のどこにいても
理由のない生活を続けていても
人間という兵器にとじこめられ
外に出たいともがいてる
ところで空には朝がやってくるが
きみはもう起きなければならない

2015/08/22

よくみてほしい
誰もいない海岸に夕日
君は世界には何もないというけど
設定ミスの自然なんてない
ちょっと勘違いした
あの星がおちていく水平線に
輝いているあまたの人の街も
しんでいくだけになった鴎の骸も
もうないというけど
てもとにはあふれてる筈の光
もう手遅れみたいだというけど
見直してみたらいい
足りなかったのはこの世を創った人ではなく
受け入れる為に必要な頭だ

あなたのいない間
地上にはふる雪
あなたの遊んでいる間
天上にもふる雪
あなたのねむってる間
世界に雪がふる
ときにたちどまって
少し考えている間
月の動いてる間
星の巡りくる
町の喧騒のさなか
ふる雪のなか
私はあなたをよんでいる
永遠にふりつづける雪よ

2015/08/19

脱俗

俗物に関わらずにくらせる事は、最高幸福の一つである。

2015/08/18

夜と朝

夜深く夜深くに
誰もが寝静まった頃
続く寝息やいびきの中で
一瞬の願いを捧げてみても
いつの間にか朝が通り抜ける
地上を新しく満たしていく
新しい旭に打ちひしがれ
懐かしい夜は過ぎていく
悲しい夜を超えて
新しい朝が明けていく
旅人は憩ういとまもなく
新しい旭に打ちひしがれ
またこの道を辿りゆく
悲しい夜を超えて

2015/08/14

茨城の祈り

いかなる困難にも打ち克ち
我らの前に広がる大海原に
一面に広がる旭のうちに
その正義を祈りゆくもの
神の名のもとに
幾多の争いが繰り返された
皇帝ですら
俗人のそしりを免れぬ
いかなる困難にも打ち克ち
己どもの理想を
我らの前に広がるこの大地に
一面に明けて行くこの星に
我らの正義を信じ来るものを
祈りゆくものを呼び覚ませ

広島長崎

徳川へ侵略はじめた広島と長崎の元に天誅至れり

歩み

私の前を歩くな
私の前には何もない
私の後を着いてくるな
私の後には誰も居ない
私より先に生きたものなく
私より後に死ぬものなし
誰からも知られる事なく
誰からも認められる事なく
歩き続ける
歩き続ける先に何もなく
倒れた所に死ぬのだ
生まれた場所から
私の死ぬその時に至るまで
歩き続ける

雨音

宛てもなく書きし手紙に降る夜なり
音もなく降りし雨垂れしずかなり
夏の傘とびし間に雨しずか
暑き日に吹きし夏風芯を過ぐ
雨音に世の不条理を思いなす
夏の雨広縁の椅子から見る父

2015/08/13

死生

死から目を背けている人間は生命を感得する事もない。生きているとは、老化に向けて時間経過しているその裏腹にすぎないから。

2015/08/10

障害と適応

すべての障害者に適応状態をうみだすことが社会的使命である。

2015/08/09

筑波山

筑波山ひとり心を救いけり
せみのなく声のふるなり真夏日に
打ち水の中をはねたるめだかかな

絵画

絵画は人類を平和にする。画家、絵画は誰も殺さない。

2015/08/07

安保

安保といい他国に戦争もたらせり

2015/08/06

株は最も危険な娯楽であり、最も損害を出してきた賭博に過ぎない。

2015/08/04

身近

人生では手に入りそうもないものを求めることをやめ、ひたすら自分自身のなしうることに集中するべきである。遠大な目標に向かって突き進む駱駝の様に。
 不正によって得たものは、正しい為に失われたものより価値が低い。

2015/08/03

黒揚羽

黒揚羽くろあげは夏風に舞う宙を飛ぶ
冷えた西瓜スイカ食べれば鳴くなり油蝉
旨すぎる西瓜冷えけり蝉の声

2015/08/02

発明

エスカレーター発電。一定の人数になった降りの重みを、ベルトコンベアで発電し、登りに使う。
 衛星発電。太陽近くの太陽光パネル衛星からの電磁送電。
 水力エレベーター。高い階の箱に屋上や山の湧き水等の雨水を入れ且つ人を積んで下ろし、降りたらその水をあるいは徐々に抜く。それとケーブルで輪になったもう1つ又は複数の箱は、自動的に高い位置に移動する。
 宇宙風発電。宇宙船を恒星か惑星又は流星に近づけて飛ばし、その宇宙風でタービンを回し発電する。
 核融合宇宙船発電、あるいは核融合衛星。宇宙において核融合船を建造しそこから自星に電磁送電する。
 核融合星発電。熱を帯びた星におけるタービンの回転で発電する。

利権

人は権力と金をともに握るとどこまでも腐敗する。

2015/08/01

絶対

何も見えず誰もいない
窓もない夕べに独り座り
大宇宙を映す空を眺めている
小さな声で探した人は
深い森の奥でねむりつづけた
誰もが絶望の底で
ゆくえしれずの絶対を確かめた
いつも探して歩いていた
みたこともない景色は遠ざかり
みなれたこの町の美に満たされている
地球のどこで絵を描いていても
僕の記憶ほど美しいものはみあたらない
もうどこにもいない筈のあなたは
ゆくえしれずの絵画にねむりつづけた

不運

なにも持たずだれもいない
下らない西日本人
もう嫌になる
東京や横浜、名古屋の下衆
邪悪で死んだ方がいい連中と
同じ島につめこまれ
同じ国民扱いされる不運に
どれ程耐えてきたことか
未来を信じ
はてしない旅路を行く
あの旅人も偽善の足取り
歴史を見ずに
とめどない言い訳をのべる
あの愚者も廃墟で戯れる

進化

ヒトは、子供に向かって進化する。