2015/03/31

ほほ笑み

白梅のわれをみつけてほほ笑みし

退屈

娯楽の不足が、人生において退屈や倦み、憂いの原因であり、鬱の症状はたのしみの不足である。

虐めの巨悪

虐めは、する側が100%悪く、される側は100%善い。なぜならそれは虐めた後で合理化されてしまうから。虐めをする者は完全に犯罪者であり、その規模が大きいほど犯罪性は甚大になる。日本国内閣の安倍晋三や国連、先進国集団が、シリアやISISを集団虐待しているのは、正に歴史的大犯罪である。

2015/03/30

業は蓄積し、蓄積された悪業には最大の災厄が、蓄積された善業には最大の救済がやってくる。

悪の集団

悪の集団は、たとえどれほど多数派でも必ず自滅する。

2015/03/28

説教

親しむべきではない者、つまり悪人もしくは下愚に対しては親身に説教しなくてもよい。その者を改善させる必要はないからである。

望み

望むことなどなかったかの様
宇宙が展開していくさなかにいる
まるで自分自身も夢幻
まるで我々自身なかったかの様に

2015/03/27

平和

われらの平和が訪れる意味も分からないまま
春の梅を咲かせては散らせていく

2015/03/25

梅の花

君を探してもう幾年にもなるが
何も得られず
梅の花が咲いている

2015/03/24

商の限度

商売は現世的なものであり、その限度も同時代的な奉仕に限られる。従って商売が究極の善意ではありえない。永遠性のある奉仕ほどその質は高いから。金利という利己性に限って探求された商業は、常に現世的功利性にもどってしまう。分配的な商業に対して調整についての政治も同様である。
 普遍的な芸術やその文芸分野としての学問は、永遠性を伴う。講演や儀式を含む宗教は凡そ演劇の類型として副芸術とみなされる。

利他の限度

最良の利他性の限度は、利己性との中庸性を実践的に満たす場合である。

悟り

哲学は悟りを解説する事しかできず、学ぶというより悟る事である。悟りは直観的にえられ、考える事である。

趣味論

よきものを貶め、あしきものをほめ立てる人々は、その悪趣味の故に程度の高い幸を得る事がない。最上の趣味の人の幸は聖賢の境涯にあり、俗物には理解が及ばない。大衆趣味が立派である事はない。高貴な者は大衆に貶され、大衆はその不幸を合理化する。ところが貴族の幸は常に、大衆の感得する人生における感性的質を超えている。理知的な幸は、常に肉感的なそれを超えている。

醜悪

俗物を見聞きするなかれ。醜悪とは俗物の全て。俗物に幸なし。

2015/03/23

模様

わが庭の池のみなもも梅の模様

高尚

高尚である事は常に、俗悪である事より幸福である。孤高が神に最も似ている特長である限り、究極の聖は俗に最も反し、いかなる世間、どの様な同時代の塵界からも離れているだろう。大都市を好んで住む者は高尚である為の条件を自ら失っており、従って俗物でしかありえない。市井の隠は程度あれ不可能だから。

善の知能

善悪に浅い者は、真偽を判定できない者、美醜を見分け得ない者、正邪を区別できない者と同様に特定の機能を持った知能が劣っている。衆愚は善悪を見分け得ず、俗物同然に悪業に驕っているがそれ故に自壊的である。動物はいかなる善悪も判定しないのだから、本質的に利己的な動機でしか動かない。互恵的利他行動ですら利己性に過ぎないが、人の理性に関しては利他性の範囲や強度が高い者が人の中に存在し、彼らの善は凡俗より高度な知能の達成である。
 普遍的正義や共通善について認識し得る者は、より優れた正義を認識し得るが衆愚にとってそれは永遠に不可能である。衆愚は善悪を判定し得ないばかりか、相対主義的世界観しか持たず、正義についての共通集合や時代を超えた絶対性を理解できないのである。それは、単なる卑俗な経験に基づいてしか物事を認識せず、歴史や国家、地域、文化の間にある必然的関係性について認識した事がないからである。即ち衆愚は業や、普遍的正義を理解しない。それらについて分かっている者とのみ親しめ。

智愚

俗物に触れる勿れ、俗物と親しむ勿れ。衆愚に関わる勿れ、衆愚の言葉を見聞きする勿れ。人生は、持ち得る限り聖の言動に親しむべし。

2015/03/22

春風

窓を開け春風わが家に招きたり
春の窓埃転がり喜びし
梅の咲く畑ひたひた春過ごす
桜植え待ち至りたる船出かな
わが孤独すごしすごして幾百の春
梅誇る庭に水戸の儀伝えけり
チンゲン菜菜の花共に縁側を見る
うつくしき町を吹きけり春の海風

2015/03/21

われらはただ静かに歌っていればいい
まるで世の煩いや干渉から逃れて
自由に
何の憂いもしらないかの様に

孤高

孤高は、衆愚に優れり。

2015/03/20

善行の質

善行における質とは、相手の中により持続的かつ合倫理的な快をもたらす事であり、それは啓蒙や啓発、説教等の惹起的効果と一致する。
 こうして合倫理性とは善行自体によっては決まらない。倫理は理念自体によっている。

2015/03/19

宇宙に向けられた全ての花が君を向いて
そのどれもが語っている地球の未来をみて
かなしみやいつくしみの底から町を見下ろし
あなたの心をやつしてきたさしさわりを消して
もし万物が気にしないうちに変わり
あなたの周りを何もかもおしながし
もう気のせいかと思うほど世界はうつろで
あなたの心を痛めつけたとして
もう少し信じてみてほしい
この世には邪悪なものばかりじゃないと
この世にはわれわれと同じ者がいるのだと
憂いやむなしさどんな不条理にさえ
耐えている人がいる
田園を吹いていく海よりの風に
あなたの心にあるわだかまりを消して

2015/03/18

共通善

普遍的正義や共通善について無知な者は、文化的多元性についても、個人性についても却って無知なのである。

歩み

僕の心は春でみたされ
宇宙に咲き誇る白梅の合間に
池におちたその花びらにそよぐ
幾多の町の表情空の表情がみえる
夜は深まり君がいなくなり
僕らは再び孤独になった
あの町に吹き荒ぶ春一番も
真夜中におちてきた大雨の響きも
すぐに忘れてしまう一瞬の輝き
暗闇に咲いた天の川
夜は深まり都市に灯がともる
僕らはどこまでも孤独であり続けるだろう
まるで初めから予定されていたみたいに
この世の中で歩んでいくのだろう

君がいてくれたお蔭で地上に春が来る様だ

幸福

人は、良心の満足される事が最良の幸福である。

2015/03/16

君子

あしきものに近づくなかれ。君子あやうきに近寄らずとは、悪者にはかりそめにも親切にしないべしとの意味である。

2015/03/15

理性

さも低次元な欲求がないかのように生きることは、理性からみて最良の生き方である。

2015/03/14

時の砂

時は足早にすぎさり私たちの足元の砂を洗い流す

白梅

白梅の庭に咲きたり磯の香に
白梅の庭に咲きちる町の香に

2015/03/13

葵の花

君が見せるどんな表情も
まるで森の奥の涙の雫みたい
空が丸ごと削げ落とされ
森羅万象が魔法で融けたみたい
宇宙は果てなく僕らを包み
この足元の白砂に歌わせている
君の外にあった世界は
まるでなかったかの様な通り雨
星のどこかしこも満たす春一番
海の果てに見える新しい大陸
あなたが見つけ出した方程式みたく
僕らを包むこの星の空気
あなたにもし会えなかったら知りえなかった
ひたすら天に昇っていく葵の花

2015/03/11

倫理

倫理的に生きることは人生の目的である。

2015/03/10

春一番

春一番芝生にバケツ転がりし

2015/03/09

亡び

戦争をさせたがりたる悪の長州首相の業で日本亡びし

祝い

僕が出会う筈だった人がいないのだから
もう僕の人生はどこまでいっても同じ
幕を閉じた様に何もなく
月明かりのもとでさみしく佇む
何をか探している猫
僕の世界が終わる時まで
探し続けている魔法の様
何かの奇跡が再びあの星を呼び返し
宇宙自体の因果を
我らの目的を探り当てて
僕が望んでいた未来をまざまざと見せ
扉を開けて起こる風に君の一言が甦ります様
磯原に吹く一陣の潮風が我らの幸を
どこからともなく響く潮騒に祝い賜う様

2015/03/06

梅の花萌え出ずるかも春になりける

2015/03/03

夜の深く
息を潜め
僕はかなしみを押し殺しながら
ひたすらあなたを待っていた

君のいない間星は動きを止めている

2015/03/01

勇気さえ隠してわたる橋ひとり
夜の間に梅の咲きたりわが庭に
一人のみ歩みしさみしさ月天心