2015/02/28

孤独

すさまじい孤独の中で
あなたがみいだそうとした美も
なにもなくなって気づく有り難さも
めずらしさも高貴なたましいも
たしかに民衆の無知や悪質さも
皇帝のおろかしさと虚栄も
大都市のみにくさも田園のかなしみも
僕らは滔々と大海原の水色に
大宇宙の深遠に大空の果てに
僕らはさがしていた
何を
夢をか
旅行くなべてのものでさえ
わたしの孤独はわからない

足掻き

私達の両手はさも原因もなく
あなたをなくしてしまう
誰を掴まえる為か
何も分からない様になるまで
一番星が雨戸を閉めながら
宵は帳を落として
失った設定が元通りになるまで
全て思い通りになるまで
すごく大昔に忘れてしまった
今は何もなくなったジャスコの屋上
一度だけのぼった精華小学校の屋上
あなたをなくしてしまった
探していた一人がもういなくて
僕はまるで蟻の様に足掻いている

2015/02/26

生存の空

理性とは人が生存の不条理を上部認知できる様発達させた生存戦略上の適応である。ユーモアは理性から生じ自らを含む世界の空しさを美化して語る。

人は最美の時間がなるだけ長くなるよう生きるべきである。

2015/02/25

冬の足音

時の過ぎ行くあしおとのみわが身の冬をこえていく

2015/02/21

陽だまり

体の冷えて冬の陽だまりうつろえし

2015/02/20

奇跡

星の音もせず
僕らは孤立し孤独であるからといって
君の一言がなくなったりしない
君の残した全てが
夜は闇に紛れ
まるで音がしない月に落ちた雫
雨は町をぬらし
僕らは残さず消えていく途中だった
求めた魔法なんてなかったから
ただ一言を残せればいい
君の求めた心は
まるで大宇宙に落とされた一滴の血
誰もいないこの星で僕らが見た奇跡
誰もいないこの世に残された奇跡

2015/02/18

東京

私達の幸せな日常は、東京によって壊された

町に降る冬雨ふゆさめの美しさと風の香り

2015/02/17

株屋

株屋はみな不幸。

個性の平等権

女性が弱い性と考えるものは、女性への偏見と差別感の持ち主である。真の平等権は性に依存せず個性を見る。
 弱く善き男性を尊重するよう、強く悪しき女性を批判するべきであり、性偏見の逆差別を乱用してはならない。これは門地あるいは地域についても同様である。強く善き共同体や自治体は、悪しき弱きそれより鋭意尊重されるべきである。
 これらを批評し得るのは善悪に関する判断能であり、それは何らかの更新されていく哲学作用そのもの、つまり議論の継起性によっている。

音楽論

音楽とは一つの宗教であり、その為の儀式である。

2015/02/16

生産主義

豊かな国とは最大の農工業と最小の商公業が見られる国である。

2015/02/15

善のみ残り、悪は消え去る。善を躾け、悪を諦めよ。

正義

正義は至上なり。

2015/02/13

コイランドリー

コインランドリー前の溝から石鹸の香り宵の町にする

2015/02/12

吐息

よは明け
時代といえども
まるでビー玉みたいにころげた
あなたの吐息は

2015/02/11

賢愚

愚か者に語るべからず。愚か者は自ら学ぶに如かず。

生姜湯

冬の日に生姜湯のんでいるわたし

全て

僕には何もないし
人々はそれを期待もしてないだろう
求めたものさえ得られない
僕が求めているものは
一体何か
人類に貢献する事
それさえ果たされれば
命はないも同然なのに
世界に何もなく
大都会は存在すらうつろだ
一体何を求めている
大宇宙のどこかで
人は何の為の存在なんだ
筑波山頂から見渡す果てしない田園

2015/02/09

趣味論

道徳的に生きるという事ができれば人生の究極目的は果たされる以上、感情は理性に仕える存在でなければならず、理性を励ましその活力を強化する趣味を以て芸術の目的性と見なさねばならない。

敬い

虐めは群れ対個人なので、集団が自分達の構成員の何らかの欠点を隠す為に行う。故にそれは不合理である。あるべき事は集団の欠点を補うに足る個人性を却って優遇し、褒め、尊敬して受け入れる事である。いわば敬いが虐めの逆で又、集団性の必要条件である。群れの欠点を補う個人性あるいは違いを尊重する事が文明である。

2015/02/08

画家

画家の偉大さは単に生前の表現のみならず、その死後も遺した作品によって人々を楽しませる事、啓発し得る事にもある。

水面

水面、湖面にゆれる風と雨のかすかな響き
わずかなねむり
時代が過ぎていく
そのさなか

事後遡及の道徳性について

事後遡及の禁止は道徳性の高い者にとって不利である。又、世代間の業を含め、子孫への責任追及も遺伝選択にとっては合理的とみなされる。即ち世代間事後遡及性は違法性に関しては不可能というに過ぎず、道徳的には正当である。但し遺伝的原因性がない業については、状況批評的又は個体批判的でなくてはならないだろう。

芸術論

社会批評として芸術は機能する。

2015/02/06

猫被り

楽しみもなく只管ひたすらに続く原因のない世界
君は退屈の合間に猫を被った

2015/02/05

祈り

世界から君がいなくなる時
僕の心も行方知れずとなり仰せ
万物の逆さまに貴女の心も失われゆく時に
僕はただひたすら祈りを捧げ
貴女の救済を貴女の宇宙を
神の原型と共に碑へ刻む
全て空しく意味もなく大地も台なしに
命の無意味さが露わになったとして
僕はただひたすら祈りを捧げ行く
さもそれだけがわが正義で
貴女の救いを貴女の永遠を
現在位置のしれない旅路のどこかで
響きもない橋の上で見失うとき
僕はただひたすら祈りを捧げ行くであろう

趣味論

快楽と幸福は趣味によって一致する。よい趣味と品位は比例関係にある。

快楽原理

嫌なことは害があることであり、好きなことは益があることである。この快楽原理は、徳に比例する。即ち、不徳は嫌悪に、有徳は快楽につながる。
 快楽と幸福は趣味によって一致する。よい趣味とは、快楽と徳が一致するものである。

2015/02/04

俗物

俗物に触れる勿れ、俗物を見聞きする勿れ、俗物界に近づく勿れ。

2015/02/02

学問

学問をすることは哲学をすることにすぎない。