2014/09/30

労働

労働は無である。

甘藷

甘藷の葉心の形に生えしけり

功徳論

商売は悪、寄付が善。商売は小売業・貿易業・投資業の事である。悪を最小化し、善を最大化せよ。

2014/09/29

対策

性善へ徳を、性悪へ正直を。

2014/09/28

芸術道徳論

最大多数の人にとって利益がある行動を道徳という。よい、とは道徳の事であり、太古の智恵つまり経験則へ新知識による分析が加えられていく。
 芸術における道徳とは自然本性の一部なので、利他性の大きな本性ほど優れた天才という事ができる。よい芸術は人間に善性を広め、道徳を強化し、更には全宗教の中の道徳貢献の一部ですらある。
 腐敗した政府が芸術におけるある道徳傾向を弾圧する時その政府は芸術の創造性を害し、逆に健全な政府が芸術の中のある道徳傾向を奨励する時その政府は芸術の奨励者として優れた誉れを遺す。

田の黄色目に映りてなお世を彩る

2014/09/27

芸術論

芸術は人の作り出した自然である。

現世

音は消えて
我らは海の藻屑と消える
ひびの入った関係性
なくなってしまう前に
私達の正面に見える草野原
夢際のはてなき田園
今も昔もすぎさり
我らは土のさなかに還る
おそれる事もなく
自然にのみこまれていく
偉大な理想や高尚な芸術でも
とどまる由なく
歴史の一部として忘れ去られ
我らは再び世に帰り来る

来世

僕には何もない
だがあなた方に何があるというのか
世界には何もない
もし大宇宙の隅まで探検しても
実に美しい夕焼けとか
磯原海岸の漣とか
或いは仏教の真理とか
新陳代謝がおわるときまで
僕らを追いたてる最大の悲しみとか
死の図像にしがみついた影
何も残らない
永久へ向かう王朝などどこにもない
夢を見る事もなく眠りについて
起きた時君は来世に着いている

2014/09/26

発明

足漕ぎセグウェイを安価で流通させるべきである。

2014/09/25

仏の浜

海も山も川も消えて
残るのは仏の浜
寂しさや命の規則も
聞き取れない
僕は美しいものを求め
結局失われる技に努力していた
さも仏教を忘れたかの様に
ないものは見いだせず
生まれき死に行く訳さえも
はじめからないものを作り出そうと
自然の中でもがいていたのだ
あるものは失われ
我らは再び無に返る
都市も文明も芸術も記憶さえも

僕らが生まれてきたわけも
仏道に語り尽くされている
宇宙の始まりや終わりなんて
言葉の戯れ
停止した時間の奥底で
僕は悲劇を感受しているのだから
よく考え抜かれた計算手法だとか
愛すべきものはなくなって
ただ果てしない現実が来た
まだ悲しみに打ち震え
夜に居ることを悔いているとしても
僕らを救済する死は必ずやってくる
あらゆる痛みや苦しみを
洗い流して無に返す偉大な死が

愛情論

性愛は博愛の元であり、性愛の元である健康がある限度を超えると博愛に見える。

2014/09/22

移民

民度が高い方へ行く時は謙虚な態度で学びに行くべし。

2014/09/21

商業都市

東京大阪、大都市人における飽食自慢の俗悪さ。自給率最低の地域が地方蔑視しながら、我らの食物をさも彼らのものかの様に仕立てる。

第二公用語英語化

英語を第二公用語にせよ。意見の多様性を尊重する為に、外国人の優れた意見をも祖国へ取り入れる為に。

秋桜

秋桜の川辺に咲いて親子見る

2014/09/19

国際経済学

経済の国際化は必ずしも正義にあらず。もし共倒れが起これば、経済連帯自体が全滅となる。国際恐慌前に分国化しておくのは利口である。

秋の声

秋の声一人わが庭ききしけり
蜂の巣を囲う家のと忘れらる
目高ども隠れつ蓮の出迎えし

2014/09/18

南蛮

罪がない瞬間に
お前は死を得た
悪魔は金を手に嘲笑い
お前は死を見た
人殺しは大衆に紛れ
衆愚を演じながら自殺していく
極悪の関西天皇はにやつきながら
東京浮浪者から搾取中に侵略犯罪した
長野のどいなか悪魔達が君を侮辱し
平気な顔で偉人と聖者を中傷し続ける
皆殺しにされた広島の裏切り者が
静岡と神奈川で悪業を誇り続ける
ごみの様な南蛮
人殺しと悪の集合

自然

人が死ぬ時まで
万物は変わり続ける
丸で宇宙が作り上げた偶然
丸で世界旅行を通り抜けた目まい
私の両手には花束があって
あなたは夜の奥に寝ている
丸で私達の原因でさえ奇跡
丸で緑が風に揺れている瞬間
開かれた青空
食べられた虫
与える為の一瞬なら
神が用意したみたいに
丸で磯原の海岸に打つ漣の音色
丸で何もかも働きが準備したかの様に

2014/09/17

浪士

森羅万象が嘘であれ
緑が繁茂して覆う地上も
現象という現象は奇跡で
愛や慈悲も
大体だから言ったのに
我らの目的は一つ
尊王攘夷の果てに
天皇さえ外来の蛮族だ
人混みに紛れて魔を葬る
極刑のみの正義
闇の刺客が何もかもを清浄に
全てを塗り替える
帝さえ奈良出の蛮族
悪を誅する正義はここだ

海上の月

破壊された瓶
破壊された月
夜深くしらばっくれた
破壊された海
生命力あふれ
何事も心配せず
まみえた運命
夜深くふかくに

のどかに且つ優雅に
網を縫っていく
最後の原因かの様
破壊された夜に
海が月を漂わせる

2014/09/16

音楽論

音楽は記憶をスクラップする。

2014/09/15

指輪

地上が始まってから終わりまで
私達はここにいた
あなたが信じているどんな困難も
くぐり抜けた洞窟の様に
なくしてしまった指輪
移ろいながら変わり行く町に
宇宙は静まり返り
私達を見直すだろう
全人類が気づかなかった
なくしてしまった指輪
もしあなたが何かを信じているなら
生まれてから死ぬまでの間
蹲った海岸の砂浜に
漣は打ち寄せつつ
私達を包み込むだろう
物事は元通りにならず
愚か者と賢き者を共に引き連れていく
誰だって気づく筈の
なくしてしまった指輪
世界中を探してみても
きっとまた一つとないもの

2014/09/14

小説論

「天皇制が終わってからというもの」からその小説は始まる。

2014/09/12

美術論

人間性や、思想、趣味、技術、器用さを美術は直接伝達する。

2014/09/11

最後の将軍

僕らの間には一枚の壁があって
それは永遠に破れない筈かもしれない
さも万物は僕らの目の前にあるガラスとして
宇宙空間の触れ合いを妨げたかもしれない
全部を信じて忘れる
そう世界は夢の出来事だから
現実に生きろと言われて利用された
我々の目に映る偉大で立派な月が寝ている
運命のどこにも重なった闇があって
それは一瞬で命をも奪い去っていくだろう
さも歴史が私達の心の鼓動であったかの様に
神を愛して忘れ
そう浮き世は不完全な経験だから
さも私達の訳が慈悲であったかの様に

海山川何もかも
時と時が押し流す
空が窪みつつ
月を押し流していく

2014/09/10

環境学

多様性の高い環境が豊かな環境である。

2014/09/09

神学

神とは、上位者が最善であるという信仰に等しい。

2014/09/08

花束

あなたは奇跡として
奇跡として地上に来た
何も信じられなかった僕の前に
ただ奇跡として
宇宙全体を敵にしても
あなたはただ美しい
地上はどこ迄も広がり
僕の足を絡めとる
宇宙全体を敵にしても
あなたは一人美しい
僕の足は動かず
朽ちていく
神よ我らの上に
数えきれない花束を

政治論

今後日本国は軍産分離を通じ、戦争なしに国を維持する道を歩むべきだ。

2014/09/05

美術論

或る労働者達は、或いは投資屋を含む或る商人達は、何かを創作したり何か創造的な営みを理解しようとしない。彼らは生産もしくは輸送取引、清掃迄のどこかに関わっていながらそうだ。芸術はこれらの労働者性とは異なる仕業、と述べるのは正しい。芸術家が何かを創作するのは単に消費を前提にした製造ではない。古代常陸の洞窟壁画は身分のよい家の印として機能した。上等な家柄は支配権を示し、芸術が美化しているものはこの誇示にまつわる環境抵抗なのだ。
 今日の生産物は、どれも失われ貝塚や埋め立て場、最終処分場に葬られる。我々がそれらを消費的なだけそうなのだから、芸術性が消費の外にある事は間違い様のない現実である。保存され展示され、美術館を経て博物館へ収蔵された物は、同時代に消費できない性質を持っていた。

おもい

僕がどれ程努力してみても
地上は僕がいたことさえ忘れるかもしれない
うたに紡げるどんなおもいもぱらぱらと
金米糖のよう
あなたは誰より美しい
確かにその通りだったとして
うたに紡げるどんなおもいもばらばらと
海に降る長雨と裂けてしまう
恐ろしい思い出は忘れ
ひたすら夜空のもとに花を浮かべて
僕がどれ程絶望していても
宇宙はそんな事に気づかず展開していく
うたに紡げるどんなおもいもさらさらと
小川に流した笹舟

2014/09/03

経済学

資本主義は労働者主義ですらない。資本主義とは、資本家主義言い換えれば金持ち主義である。労働者達を正当化する思想である筈の社会主義だが、労働者達は資本主義の政党を支持している事もある。
 資産があるゆえに労働から免れた人たちが自由である。労働の切迫した必要がある人々は資産形成能力に劣っていた。劣った人達が優れた人達を誹謗したところで何の意味もない。辛い労働に勤しむ人たちは自分達の劣った資産形成能力を呪うならまだしも、優れた資産形成能力の人達を謗るべきではない。
 資産のない階級を無産階級、それがある階級を有産階級と呼ぶ。無産階級の人が、労働主義を盛んに主張している場合、それは彼らが自らと同じ無産階級を相手に論じていると思い込んでいるからである。有産階級へ、労働を幾ら主張してみた所で、労働を脱する為に資産を形成して来たのが有産階級なのだから本末転倒という他ない。寧ろ、投資的な営為もしくは資産を別の文化資産に変換する事、これが有産階級の生業なのである。より持続性の高い形態へ有形資産を変えていく事だけでも十分な人類史上の功績に値する、と無産階級者も理解するべきである。金持ちがある美術品を買いそれを保持する事だけでも人類史上に多大な貢献をする。有産階級の挙動は、無産階級のそれとは根本的に原理が異なるものだから、前者で後者を語り得ず、また後者をそのまま前者の論理に適用も為し得ない。無産階級者たちは、教育程度が低い場合も多い。なぜなら、彼らに教育資源が不足していたからだ。従って、無産階級側が有産階級側に迷惑をかける、即ち無産階級の原理で有産階級側を誹謗する、といった場面に於ける摩擦が問題となる。無産階級は次の事を理解せねばならない、それは、無産階級のその野卑な振る舞いこそが彼らにしてみたら常識なのだとして、有産階級側からの差別感をあおる原因となっている事実だ。こういう訳で世界中で、下層階級というものが軽蔑の的になってしまう。無教育的である自分達の立場をどう自覚させるか、これは深刻な矛盾を含んだ命題だがなさねばならない、今後の課題といえよう。教育資産が枯渇し続けている現状では将来にわたっても無産階級側の有産階級側との生活にまつわる原理の違いは自覚されずじまいになりかねない。我々の直面している、二極化、格差社会の現実とはその様なものなのである。いうまでもない事かもしれないが、有産階級側の正義と無産階級側のそれとは今後ますます異なり続けて両者はわかりあう機会がますます減っていくだろう。
 有産階級側にとって、自由を乱されない事、それがもっとも重要な生活感覚になるが、無産階級側は干渉的で、労働信仰を持っており、且つ他者も自分達と同じほど卑しく無教養にならねばならない、と思い込んでいる。無産階級側を有産的にするそういう開発法が発見されない限りに於いて何らかの便宜的方法で無産階級側からの阻害行動を規制する他ないだろう。自由権の拡大といえば端的に分り易いかもしれない。労働者達、東京の様な物価高の街において彼らは益々無産的にされていく。無産階級側は資産形成能力に於いて劣った人達の集まりなので自由主義の適者生存原理に於いては益々少数化していく事が想定される。いいかえれば、労働を信じる集団は今後益々減り続け、やがては機械にとってかわられるであろう。近い将来の事だろうが、生活とは自由になるべきだ、という事が自由主義者たちの共通信条であるからには労働という奴隷的使役に従事し、また従事させたがる人々は自由主義社会に於いては、多数派になる事は永遠にできない。よって、労働使役を強制するのは自由主義社会の是でもないし、それどころか、自由主義の発展にとって最大の害であるという程に、労働主義というものは社会の必然的自由に致命的危機をもたらす言説ですらあるのだ。労働を是としたり、労働を強制したり、或いは労働を尊んだりする事さえも自由主義社会では非とされねばならない。自由主義者達の最大の信条は、「もっと自由になれ」「社会における自由よもっと拡大せよ」という訳で労働市場の価格競争によって、今後益々労働従事者たちが削減されるか、或いはもっと合理的な機械的設備に代替されていくかはたまた、移民などのより安価な労働力に代償されることが望ましいのである。価格競争によって労働従事者が削減される、という言い方はより詳細にいえば、労働者達の中でも効率の高い者やそういった働き方が選択され、多数の人たちが労働せずとも今まで以上の経済効果が得られる事を意味している。
 自由主義とは、自由を尊ぶことだから労働の強制、あるいは労働の推奨さえまったく望ましくない。各人の自由意志に基づいて行動する事を推奨するべき社会が自由主義的なのだ。もし、一切の労働をしない者がいたとして彼らが有産か無産かに関らずそうである。さらにいえばそこで当然なのは、社会における内的合意としての自由の推奨なのである。前述の一切の無産階級者たちにさえ理解をさせねばならない事とは、この自由の推奨なのだ。却って、生産効率が悪いとか労働能力が低い者がいたらその人は、どちらかといえば市場参加しない方が全体の経済効率をあげる、という事ができる。同等の効率で、より安価に労働可能な移民であるとか機械であるとか、代替的な手段で同効率を達成するのがより合理的な判定となるであろうからだ。自由とは各人の適性をそのまま、彼等の社会的地位で果たさせるものなのである。単なる労働市場に於ける労働力取引についてさえ、その様な効率的な選択が行われえるのだから他一切の商品、サービスについても同様なのである。最も複雑な人の労働力取引が自由によって最も効率的な配分をされる。他のより単純な商業行為すべてについて同様であるからには自由主義とは、最も経済効率を高めやすいそういった体制の考え方という事ができる。
 労働力とは世界において最も複雑な商材の形態の一つだからその配分形式を考え直すことは、即ち富の配分についての最高度の分析に等しい。

2014/09/02

貧しい芸術家幻想

貧しい芸術家幻想自体が悲劇的効果をもつという私小説性は、本来、美術とは何の関係もないが、ゴッホで文脈化され公然と流布している。

土砂

広島の土砂に降り来る雨の音