2014/07/31

動物哲学

他の動植物を殺さないことには、生物量をふやす意味がある。下等動物を上等動物が消費する為である。動物愛護による生物量の最大化は、下等動物を消費する上等動物の消費を通した、自己利益の最大化でもある。
 害獣・害虫の恩返し論:自らに害があるものからの返礼は、再び自らに害がある。悪女の深情け。

米政府の日本飢餓作戦否定論

アメリカ政府による日本飢餓作戦としてのTPP網による日本食糧絶滅は、日本人をアメリカバイソン扱いで絶滅する目的のものである限り、日本政府側が総合的かつ戦略的に否定すべきものである。イギリスの高い自給率、或いは最大の農業県茨城を模範とせよ。

烈公哲学

弱いもの虐めの否定すなわち愛民思想は、烈公こと9代水戸藩主・徳川斉昭の哲学にはじまり、のち高い日本的理想となった。

孤独

時代をさかのぼれば
誰も今の日をしらなかった
未来についても同じだから
あなたは孤独をしるといい

賢明

この宇宙さえ
静かにわが県は佇み
万物は告げるべし

夏の夜

この世にあって訳もなく
人は望みを失った
この世にあって自由さえ
ばらばらに融けた
月はめぐりぬけ
望んだ憂鬱はおしまい
意思を伝えようとして
望んだ未来はきえてしまい
人はお星さまを眺めた
この地にあって幸せは
ひたすら続くと思っていた
願い事はもうなくしたの
夢さえ見失われそうな
涼しい海風

2014/07/30

母語

外国語と標準語は、日本の地方人にとって共に程度あれ外来語である。それらは古語や漢語と同様に、彼らにとって母語ではない。

有徳

真理を多く知っている人が尊敬される。徳を説き、知識を集めよ。

革命

僕が求めていたものは
太古の法則で消えてしまうか
ゆっくりと繰り返される波で
洗い流されていく
町が秘めていた魔法の
静やかな瞬間でいますぐに
私達の約束事は風で
洗い流されていく
夢に見た
大規模な革命
一瞬の間隙で
僕らは既に世にも居なかった
ゆっくりと押し流される時で
あなたは既に世にも居なかった

2014/07/29

長期的なお返しの念を、恩という。
 カミとゴッドは区別されるべきである。
 信仰は全て誤り。
 子供の頃から、慣れているものは怖くない。

2014/07/28

マスメディア洗脳

人は、見慣れているタイプの人を愛する。
 マスメディアは人々の好みまで大規模な洗脳で操作している。都市は遠勝りに、いなかは遠劣りへと大都市メディア群から印象操作されている。

科学的な来世観としての次世代

自分が死んでも、親族は生まれる。人は、彼らの為に善業を積む他ない。

同時代性

賞賛を目的にした学術は、同時代性から逃れられない。しかし、真理は同時代性の外にあるかもしれない。真理の探求者は同時代性のみを目的にすべきではない。それは真理にとってごく小さな部分にあたる、同時代集合に過ぎないだろうから。

かみなり

この雨にかみなり一つ町照らす
この夏にかみなり一つ町照らす
海空にかみなり一つ町照らす
大雨に鳴る音過ぎてわが庭よ
雷の合間に求めすみやかよ

2014/07/27

地域性

地域性の批評は、目的ではなく教化の方便である。

男性社会の哲学系、女性社会の恋愛系は文化傾向の差。どちらもの中庸が目指されるべき社会性である。
 草刈り効果の強壮順位論として、生物は消費量が多い強壮な順で適度に消費すると、生物多様性を最大化する。

2014/07/26

報怨

孔子の報怨以直と老子の報怨以徳。中人以上へは徳で報い、下人には直で報い、最下人には無視がよい。上人以上は怨みを持っていない。上人からの難詰には善で、最上人からの批評には最高徳で報いるがいい。
 説得が通じるのは中人以上である。

輸入規制論

食料を含む廉価品と、エネルギー源について日本政府は国内輸入を規制し、対外国貿易黒字の状態を回復すべきである。

王覇論

不徳な者が権力主義者だと結果は最悪になる。寧ろ、有徳な者が権力主義であるべきだ。

医学

セロトニンを作るトリプトファンとビタミンB6が、幸福物質の可能性がある。
 ヒトの概日リズムが11分程度、24時間より長いのは、古代段階に於ける夜這いによる選択の可能性がある。
 日光浴は必要な半分量のビタミンDを作って骨や歯を形成、かつ、汗による新陳代謝や体内時計を補正する。

2014/07/25

百合

花火散る合間に人も流れけり
さも美しき乙女のごとし百合の白

教え

哲学という分野は究極、自然界に答えがないような疑問への独自の考えにすぎない。
 若者は未来を語るものである。
 自分のレベルより低い学校に入ると地獄、自分のレベルより高い学校に入れば天国的。
 時代の変化も受け入れつつ、古きよき点はかたくなに保守すべき。
 男は雄々しい男を好む。
 仏教は聖者を否定していない。
 同調者は必ずしも味方にあらず。

区別

差別も区別も同じ作用で、否定的な評価の区別が差別、と被差別者からいわれる。差別は差分を否定する為の言葉。偉大は差分を肯定する為の言葉。差別は否定的な差異認識で、偉大が肯定的な差異認識である。
 ウィキペディアとは、本の上での噂メディアである。

2014/07/24

人間性

財産や稼ぎは人間性と比例していない。

事物

悪事をしながら、幸福になる事はできない。善行のみ行え。
 神は行動しない。神は理論の中に生きている。理論より行動を愛するものは動物にもどるであろう。人のみが理論を知っている。
 他人が持っているものを妬んだところで、自分がそれを手に入れることはできない。自分の才能を鍛えよ。

明治

慶喜将軍明治は遠くなりにけり

適所

人は己に合った場所に住む。

仲間性

人はしたことをされる、とは仲間の返報性、お返しの多さに基づいている。

過去解釈性

文章・発言の解釈は人によって違う上に、ある記憶の中での過去言説への批判には絶対正確性が担保されない。

通り雨

通り雨に池と我のみ気づきけり

2014/07/23

くちなし

くちなしの花白く我が庭に咲く

原理

都会に原発がない。悪い人の不幸は蜜の味である。言った事そのものしか言えない。10代の哲学は虚しい。

2014/07/22

自民ナチス

自民ナチ党秋田の盟主へメディア攻撃

2014/07/21

成功

生きている間、芸術家は成功してはならない。

2014/07/20

理知の違い

知性は人格にあらず。知性と人格の相関関係は低い。

夏の訪れ

かなかなと夏の訪れ嘆きけり

2014/07/18

月明かり

暗い暗い世の中で
我々は静かに待っていた
何を
どんな時か
暗い暗い世界のどこか
我々はひたすら待っていた
何を
どの瞬間をだ
すべてここから流れ去って
あらゆる不条理を連れ去っていく
明るい月は照らし続ける
何を
我らのすべてを
地上のあり方を

2014/07/16

勤勉

休んでも、怠けてはならない。

2014/07/15

佐竹寺

梅雨空も降り残しけり佐竹寺

梅雨の眠り

僕には何もないが
もどって行く世界だけがある
宇宙に残された全ては溶けて
月日だけ取り残された
あじさいが咲いては枯れる様
人類は少しずつ歩んでは絶えるだろう
僕には何もなくて
もどって行く自然だけがある
この町に作られた絵の一枚は
やがて未来を潤すことだろう
あじさいが咲いては枯れる様
この星に作られた瞬きの合間
信じていた囁きの消え方に
我々は少しずつ生きては眠るのだろう

2014/07/14

理知の根性

数学を途中で放り出す人は、知性に落ち度があり、哲学を途中で逃げ出す者は、理性に落ち度がある。冷静に話すことができない人たちは、人生の時間を結局は無駄に使うだろう。

2014/07/13

最善と極悪

なぜあなたはこの世へ来た
罪深い悪人達が大勢戯れる日本へ
憎悪すべき関西が滅び去るか
悪業の東横が潰え行くのを見るか
雪が舞い続けて人を洗い流し
大津波と大地震が地上を変えた
宇宙さえ諸行無常である様に
仮初めにも悪魔が幸を得はしない
皇室は民衆の富を費やしつつ贅へ傲り
卑しい人間達は貴人を侮辱していた
国家とやらは砂上の楼閣に過ぎず
唾棄すべき俗物は存在自体無に等しい
極悪人は劣悪な業で破産を買う
最善人のみ天界を身近とする

あじさい

宙に浮いた
希少な真実
求めていた夜に
月は棚引いていった
私達の理想としていた
あらゆる欲望の塊も
ただ静かに待ち惚け
星は瞬き霞んだ
万一われらの行く末に
立ち塞がる時代があるとして
いつくりあがるでもない計算みたく
眠りの上にも世界があるのなら
いつできあがるでもない夢想のよう
あなたはあじさいを咲かせていくのだ

あの花

君のいない間
止まっていた事実
複雑化された宇宙
ひたすら夢の内に
台風の来る間
固まっていた全て
魔法化された事象
もしいなければ
僕が呼びたかった名前ですら
化粧として去ってしまったろう
町の中でいつか
誰かが見落としていた花でさえ
忽然として枯れてしまう瞬間に
最高の次元を説明し尽すだろう

下衆

下男へ美女から語らせよ。下女へ美男から語らせよ。

めだかの子

めだかの子生まれつ我と時過ごし

すべてが氷りつき
のこったのはなに
夢それとも迷い
町はしずまり
ときはさきがけた
月もしくは囁き
自由というまぼろし
ぽろぽろとこぼれ
事件は語り継ぐ
愛という魔法
失われつつもどる
求めても欠ける
恋という気のせい
あなたとの思いで

2014/07/11

梅雨の終わり

町の香に梅雨の終わりを流しけり

2014/07/10

雨の音久しく聴きて雨香る

2014/07/09

政治学

政権を武力討伐した場合、それを討伐側から放伐といい、被討伐側から簒奪という。政権を非武力的に交代した場合、それを禅譲という。これらは政権交代法の呼称である。
 南北朝の統一、大政奉還あるいは江戸無血開城は日本史上の禅譲の事例である。戊辰戦争や西南戦争は放伐・簒奪の例である。

2014/07/07

哲学論

哲学は概念を圧縮し、経済化する。哲学史実は議論用の時間を省略化する。

2014/07/04

潮の香

潮の香にふるさとの美を集めけり

最善と極悪

極悪人の死は最も甘美な果実の一つである。最善人の子は常に最も未来の歓喜に近い。

2014/07/03

政治学

人口の加重平均が相対的に民度の高い地域に集まれば全体の文明もあがる。
 低民度の都市部に遊女を、高民度の田園部に淑女を集める事で都市部で自然減、田園部で自然増に人口を導く事が望ましい。この為に都市部に於ける緩い風紀法や道徳律と、田園部に於ける厳しい風紀法や道徳律は相利的となる。

再定義

言葉によって定義された思想は、常に言葉によって反駁される。故に脱構築あるいは言葉を再解釈する事は常に言葉の定義を回復する。言葉の再定義運動は、構造的に正義をもたらす。

女性の容姿

若い女性は健康を優先すべきである。なぜなら老婆は凡そ少女より醜いが、不健康な老婆は一層そうなるから。身体的健康度は不可逆反応が多い為に、若い時代から健康に気を使っていた女性のみが、晩年にも容姿の衰えを補える程度にその劣化を抑えられる。

聞き分け

忠告を聞き分ける者は賢者である。忠告を鵜呑みにする者は凡人であり、忠告に逆らう者は愚者である。

2014/07/02

語学

遊女←→淑女

2014/07/01

国際コンセント規格IS

各国のコンセント規格をInternational Socket規格へ統一し、家電流通網を自由化すべきである。