2014/03/30

春の宵

わが町に星は降るなり春の宵

2014/03/28

庭の梅

春待ちのわが目に映る庭の梅

2014/03/26

経済学

育児費用は教育費用に比例している。所得階層順に逆比例する育児数はこの為に生じる。

自然と人知

功徳は災いを転じて福と成す、優にこの推論は徳性が社会適応度に準じる証左である。自然物理界の偶奇に際し人間界の真理は不動である。人という種に進化がゆっくりとしている限りそうだろう。

2014/03/25

梅の散る間にも人々遊びゆき好文亭の空に風吹く

2014/03/22

物理学

ビッグバンは存在せず、宇宙背景放射或いは原始重力波は単に爆破の起きた跡に過ぎないだろう。宇宙はそれ以前からそれ以後までも常駐的に存在していただろう。宇宙背景放射、原始重力波のみでビッグバンが存在したと推論する根拠は薄弱であり、単なる神話の焼き直しに過ぎない。

個性

卑しい身分の者の考える事はつねその身の分をこえなかった。貴種は同様に、とうとさを生まれ持っている。この遺伝差が、社会における分限を形作っている。彼らの生育条件は、適応としての個性を作り出す。

小さな悲劇

人類が置かれている場所では、人は永遠に遠く、遠すぎる故に現実へ適合しない。人はなぜ、この小さな隙間におちついて、永遠性を遠くにしか望まないのか。
 雪。物事がそこにおちついている、そしてそこからは外へ出ることもない。なぜ私がこれほど、つらい目にあわねばならないのか、誰でも説明できるものだろうか。誰にもそれはできないだろう。

人類は人類
いつになっても彼らは変わらない
十分に考えよ
世界にのぞみを
人は不条理にうちひしがれていた
あらゆる生き物がひどい目にあった
純粋な未来をめざし
一歩だけふみだした
途端に地上は暗転し
文明は闇のうちへ転がり込んだ
信じていた希望を忘れて
この絶望の時代が来た
あしき連中が世間を睥睨し
我が誇りをけがしてのさばっている

2014/03/20

学歴差別禁止論

学歴差別は知能についての生得的差別と人権侵害を含む限り、法的に禁じられねばならない。企業と政府に於ける人事指標上の学歴差別へは、懲役刑及び罰金が設けられるべきである。

2014/03/18

資本商の壟断性

優れた人間は、必ずしも彼らの社交性の故にそうなのではない。資本商は万能ではなく、著しい短期利益性、即ち利己的な視野の狭さと見通しの短さを伴う。当時的社交能のみを選択し続ける業は適応性をごく縮小した姿に限定してしまう上、この社交性はそれ自体として共同化以外の働きを持たない為に単独で無能である。生産性そのものがない、という壟断の定義以来の商業活動への反意は、資本商を限定的通義としかみせていない。

2014/03/17

哲学の条件

言語における普遍性は、それがある形式間の討議をへる為に損耗している。この対話は共同化として、ある人類の同類集団を少なからず倫理紐帯に結ぼうとする。こうして言語の普遍性は共同化形式という、詩劇上の命題へ返されてしまう。
 言語の形式が移り変わる間には、社会課題の共有という演劇的側面が挟まれる。当期間を時代と我らはいう。時代共有化は同期化として理解できるが、ある文化素が別の社会に受け取られた時起きる。即ち同期化が、しかも普遍性という当為をめざすそれが哲学についての第一命題なのである。時をへての同期化は伝統領域をうみだし、同胞感情や共有認識を多数くみこませる。もし伝統を失えば人は、共有できるものを必要に応じてしかもちえなくなるだろう。十分な同期化が民族的意識もしくは国家的共同を、他者との間に結ばせる。同胞性の起源は、少なくとも詩劇の展開に関する限り言語の普遍性へのある意向であり、しかもその形式性は翻訳という橋を便宜としかみない。つまり詩劇は元々、言語理解度或いは語彙の流通というある文化圏の共有に由来した営為ゆえ、単なる生活の描写に他ならない。
 言語上の哲学命題は、常に詩劇的当為の問題にすぎない。その普遍性すら社会課題への対応論をこえないのである。かといって、我らの徳目が徒労になりきるわけではない。第一に、過去の伝統の再適合の試みを温故知新として捉えられる。こうして哲学史や思想史が無意味化するわけではなく、唯に再考省力の蓄積がある。社会課題に対する変容は、唯物史観を除いても哲学上の条件を様変わりさせ易い。

2014/03/16

束の間の世界

人が去っていく場所は、永遠の世界である。そして束の間の世界に於いてのみ、業を試されている。

2014/03/14

悲惨

偉大な先人の元で
われは望んだ
あしき人々の消えて
よき者のみ残った世界
その世に於ける個性は
愚劣な集団の中で
苦しむ君が
ただ一つ信じ続けたもの
ただ一つ
宇宙がひっくり返って
永遠の文明の下で
われはかなしむ
助かり様もない
この世に於ける悲惨

2014/03/13

力によって得た権力が、力によって失われた。力は悪に侵され易く、力が正義に使われる事は殆どない。力と正義を結合させると善となる。悪とは、力と不正を結合させたものである。
 善悪を見分け得ない者は、必ずや不幸を得る。もののあわれ論を信奉する者はこうして、不幸を買う。善悪を見分け得ない者は、或いはその判断を過つ者は、力を悪に用いて自らを破滅させる。
 正義に用いられた力のみが、自他を救う唯一のものである。

義務

ウィトゲンシュタインが語り得ない事を沈黙せよ、と考えた事は、彼自身がある考えを抱いている証拠な限り、言語による人類の考えが社会秩序の命題を持つと教えるに過ぎない。この主題は始め哲学として、後に社会学或いは社会科学の真偽命題として現れ、人類を自然状態ではない何事かに誘おうとするが、実際の自然性の前には無力を呈する。人為社会の定義は、自然性の前に義務の命題或いはべきの命題を対置させて成り立つ。そしてこの人為命題の抵抗力のみが、自然状態に比べた人類の尊厳であるといえる。一般に、この人為命題は当為といわれる体系で、この場合の真は善といわれている。

弥生とアングロサクソンの蛮行

この孤独で腐った地上に、裏切り者達が銭を余して蛮行を続けている。どれ程この地上をけがせば気が済むのだろう。
 我らの誇りをけがして、地上を統べている悪魔共。侵略犯罪を恣に、人類の悪疫を広め続けるアングロサクソンと、薩長土肥京芸ら西戎の蛮行連帯。天皇は奴ら悪魔の手先として、穏やかで平和に暮らしたい人類を傷つけ続ける。悪魔共の蛮行は地の果てまでも浸し、我らを絶望させる。
 アングロサクソン種の王は裏切り者を植民地へ追放した末、再び彼らと組んで百済と倭の混血王即ち弥生王と決闘した。その犠牲になったのが我ら、日本の在来人種である縄文だった。弥生は縄文を利用し、弥生は独裁を恣に蛮行の限りを尽くした。アングロサクソン王そしてヨーロッパ人達は、植民地や異国の人種を根絶やしにしていった。
 弥生王は、華人種との対抗を演じるため縄文を悪用しようとした。薩長土肥京芸ら弥生はこの弥生王の政治闘争に加担した。韓人種並びに東アジア人達はヨーロッパ人並びにアメリカ人、そして弥生王から侵害され、領土を一時は奪われた。弥生王は独裁をその島国から外へ拡大した。弥生王はアメリカのアングロサクソンを陰で操るユダヤ人、当のアングロサクソン自身からその暴走を止められた。しかし、弥生王はその身を残すあらゆる工夫を講じた。弥生王はこうして、再び支配権を拡大する準備を着々と進めていた。

悪魔の南蛮西戎

神はなぜこの邪悪な日本へ私を置き去りにした。悪魔の天皇が贅沢の限りを尽くしながら、次々人類を殺戮していった。薩長土肥京芸は他者を他者とも思わず、侵略者百済として犯罪に蛮行の限りを尽くした。
 善人の声は天皇一族により握り潰され、暴力と専横を恣にした悪徳の権力亡者によって、成金と殺戮思想家によってなきものとされた。善悪も判断しえない衆愚が、ありとあらゆる我が侭と陰謀を働かせて人類と自然を傷つけ続けた。
 悪魔の偏見を恣とした極悪の京阪神人に東横人、名古屋人は地上を虚偽で塗り固め、商売による地方侵害を主義として悪行の限りを尽くしていった。性格の最悪な西日本人達は、この国を地獄化して嬉しそうに驕った。

悪の面々

地上から悪の薩長土肥京芸が滅亡し、地上に正義がたてられます様。悪の天皇が民衆を犠牲に植民地搾取をしながら諸国民を殺戮酷使してきた罪が、神により裁かれます様。地方の人民を侮辱し人権を侵害しながら、金をむさぼる東横京阪神名古屋の愚物達に業火があります様。罪のないイラク市民を虐殺した悪魔のアメリカとその手下どもへ、キリストの剣が裁可を下します様。

2014/03/12

捏造

テレビに洗脳され踊らされる悪の民衆
東京マスコミ記者クラブ悪を集めて偏見捏造
福井出の田中章雄悪趣味集めて徳をけなせり
西日本人小説信じて悪の明治寡頭政治を驕りちらす

蛮行を誇る南西日本

人類が地上をのべながら行っているところは、他者侵害という愚行にすぎない。人類が何者になりえるという。人類の一人は、その立場すら堪えぬ侭、拙劣な愚行をして死んでいく。民衆の愚かしさ、天朝の卑怯さ、私を囲っている地上の悪質さを思うにつけ、いかにこの世にうまれきた事が悲惨なのか、地上の悪にさいなまれ私には神以外何もよるべきものとてない。
 政治は悪が支配し、地上には善人といえる者もない。私はこの日本と呼ばれている場所の中に邪悪な国民を数多見た。その悪は南西日本に於いて甚だしく、蛮行と悪事を生業とした彼らは人類と名乗る資格がない。悪魔に滅亡があるのは明らかであり、裏切りと殺害の悪風に支配された南西日本とは遠く縁を遠ざける事が最善である。あしき文化風習をもち、世界侵略による蛮行を喧伝している彼ら蛮族には、人類に敵対する者としての悪禍が襲うべきであり、彼ら悪魔が滅亡してこそわが良識に満足が得られる。

悪の歓心

悪の歓心を得る勿れ。衆愚や悪人から憎悪されている間人は安全だが、彼らから愛されたり、好まれたり、信義を立てられればその人は危害を加えられるだろう。悪にとって最善な者は恐れるに足るのであり、よき者は悪からみれば忌避しなければならない対象なのである。そして悪からの歓心とは、没落の兆候である。
 善から愛顧される事は常に、悪から親しまれるのと真逆の結果をもたらす。それはさちやさいわい、幸福の原因であり、好ましいできごと或いは上昇や成功の理由になる。しかし賢者から好まれる者は、必ずや衆愚から妬まれたり、疎まれたり、誤解され中傷され遠ざけられるのである。
 かつて同時代に受け入れられなかった隠者が大賢として聖に上った記録は皆、当代の退廃に対して最善のふるまいを教えている。最善である為に、偽りの汚名を与えられた者にとっては、幸福は陰徳の報いとして現れるだろう。そして最後に生き残るのは最善の者である限り、というのも最も適応性が高い者は常にあらゆる社会から加護を受けるからだが、聖者への偽りの汚名は最善の者によって剥ぎ取られ、衆愚の捏造した偽りの名誉もその内容を正される事になるだろう。こうして、真実の業のみがこの世に残される事になるだろう。

静かさ

夜の静かさ我の真上にふりしきる
さみしさはこの夜空の上にふりきし
人の世の静けさのみを我に集めし

強さと善さを兼ね備えると美となり、強さと悪さを兼ね備えると醜となる。

2014/03/10

近代

神は僕が死ぬ前に何を託した
かれの信じていた何もかも
さもこの世にありえない理想を
僕の中に植え付けていったのか
みにくい地上で下衆どもが蛮行し
わが誉れをさもごみの様に汚していった
わたしは弥生を憎む様になった
わたしは大都市を悪と認めた
薩長土肥の愚か者達は殺害と侵略を誇り
京都や広島の悪魔らはそれに媚びた
現代の愛媛から彼らは平和を嘲笑う
救い様がない邪悪な天皇一族の植民地化
悪の英米帝国をまねた西戎たちは
中韓から恨みを買って原爆を落とされた

2014/03/09

雪化粧

未来を探しながら
僕らは小さくため息をついた
なくなってしまいかけた
魔法みたいにとけた
本のわずかずつの宇宙へ
例え少しでも人類は
僕らが望んだ通りに道をつくる
実にちょっとずつ
もし万物が気のせいで
だれも真実をみすごしていても
失ってしまっていた
あのことのはを思い出して
僕らは小さくため息をついた
何もかもさも雪化粧だった

歴史学

江戸幕府の公武合体策の始原は、安政五年(1858)頃、大老井伊直弼の腹心である彦根藩士長野義言と、同藩士宇津木六之丞との間に交わされた手紙にはっきり示された、志士弾圧や朝臣威嚇によって朝廷を屈服させた機会を捉えた、幕府による朝廷統制策だったとされる。その政略結婚即ち皇女降下案の目的は、朝廷へ禁中公家諸法度を厳格に守らせると共に朝臣へ経済的援助を行い懐柔、実権とは別に表面上の公武合体を示す為であったとされている。(『日本の歴史19 開国と攘夷』小西四郎、1984年、中央公論社、208page)

2014/03/08

夜深し

あさによに過ぎる月日と夜深し

2014/03/07

勉学

時の間のおともせず過ぎし我学びけり

2014/03/05

遺伝子

完璧な遺伝子を求めさすらいし人の足取りかくもむなしき
神のみの心知りえぬ人もまた無知のさなかにこの世過ごしき
たちきえぬことばさがしてさまよいし星のまなかに我も星みし

冬景色

今のひはやには過ぎ去り雪なくす
雪のまち人の息さえ白くなり
ひなまつりすぎさりし時代かえりみし

2014/03/04

倍返し

いじめられ倍返しこそ武士の子ぞ民のさきわい守るためにぞ
虐めっ子倒す侍ジェダイなり人の世のコード守るためにぞ
水戸ジェダイ悪の東京見て御座す今上の誉れ守るためにぞ
いじめへと倍返しこそさむらいぞわが茨城に誇り示さん

2014/03/03

紅梅

座敷に置かれた梅の紅い花母子の間に微笑みし
チョコケーキたべし時にも子の声にひなの飾りはただ大人しき
風邪を引き着る袢纏は赤き色梅の香になお赤子眠りし

2014/03/02

真壁城跡

筑波山霞かかりて町静か歴史重ねし城をながめし

雛祭り

たもちたる雛に数える歳月よ
紅白の梅は迎えし雨引を
遥かなる地を縫い伏して真壁の士
ただ広き広き笠間に母子歩く
雲霞み肌に見る土地真壁城
紅の梅白の梅息を合わせ咲く
お内裏様お雛様みな春待ちし
傘忘れ侭ある真壁の歴史館
桃の花ふれておちてしまい気づく
春待ちの人と犬とが見つめあう
雪結晶こまかくしても光りけり