2013/12/31

孤高

高貴さのゆえに孤独な人は、救われている。

果てしなく

この世界にいる必要がない程
貴方はもう人類を愛していないのだ
地上にはびこる邪悪な彼らを見て
果てしなく絶望し
退廃した人類に絶滅を望む程
貴方はもうこの星の生命を大事に思わない
果てしなく失望し
腐敗した民族を忘れたがっている
どうせ誰からも理解されない一言を
貴方は静かに呟いた
どうなってもいいからあらゆる悪が滅び
たとえ人類が滅亡しようと善が残れと
神様に祈りを捧げてそれから静かに
きみがいなくなる世界に希望が来る様に

僕ら

既に無くなってしまった
落としてきてしまった
きみはまだ気づいてない
世の中にそれはないよ
どんなに探したところで
見つかるはずがない
僕は誰からも遠い場所で一人
蹲りありとあらゆる世界を夢想した
疾うに信じきっていた
もう二度と会えないものだとばかり
きみはまだ気づいてない
世の中は奇跡しかない
探してた宝物なんてここにはない
世の中にいるのは僕らだけ

世迷言

大地が揺れて
いつしか僕らを振り落としていく
誰も今から逃れられない
どうやっても拘束されたまま
水際の世迷言は棚からおちて
誰にも知られてない現実になった
魔法は解けて
やがて僕らを忘れ去っていく
誰も月明かりに照らされて
どうしても抜け出せないうつし世
旅先の光景さえ扉絵みたい
誰にも知られてない理想郷なんて
たとえ手に入りそうに見えてひたすら
追いかけては消える世迷言

2013/12/28

芸術論

自然より尊い芸術は、この世に存在しない。

短い言葉

短い言葉で真理を言い当てる人は、人類を進歩させている。

社会学

社会淘汰は一般知能についての選択なので、愚か者に恵むなかれ、かしこき者に恵むべし。制度に於いても同様に、愚か者を恵む教育補助金は、結果的に社会の淘汰機能を弱くさせるので悪い。
 社会に於ける選良と地位の比例をみれば、明らかに一般知能は善良さ並びに利他性の指標である。したがって、かしこさは又、社会の一般福祉の向上であり、公共の民度を向上させていく。

2013/12/27

経済学

商業は貧しくする。農業は豊かにする。前者は消費係数の増大によって資材を廉価化していくが、後者は生産力の向上により高級化を施すから。

2013/12/26

社会学

淘汰社会は勧善懲悪性として、排除社会は自民族中心性或いは中華性としてみられる。前者は性善的、後者は性悪的な文化であり、前者に於いて徳治主義がみられ、後者に於いて法治主義がみられる。前者には選抜がみられ、後者には虐めがみられる。
 日本で有名な典型として、水戸が前者、京都が後者である。その由来はそれぞれ武家、公家に於ける出世の方式である。
 環境収容力に余剰がある時その場は淘汰社会性に近づき、それが負である時排除社会化していく。

2013/12/25

孤独

人の最上の幸福は、孤独のうちにみいだされる。

誕生日

一個のケーキのもたらす遠い異国人の誕生日

2013/12/21

知能性

宇宙現象の自然性に逆らう事のみが、人工に於ける安全域を作り出してきた。この秩序度が、全てに関する知能性である限りまた神的なものである。

夜風

夜風に町はその日をめぐる時の訪れのうちにいて

2013/12/19

自由学芸

当時の支配者の考え方にとらわれず、何事かを考える為に自由学芸がある。そしてこの自由学芸の上に立った考えが自由人にとって最も必要な活動である。しかもそれなしには社会は進歩を止めて停滞し、場合によっては滅亡に至るといったことである限り、当時の支配者を含め知識人を自由にするこの学識がいかに不可欠か分からない。

2013/12/18

生理学

血液型差別は新手の優生学に過ぎない。

よしあし

よき魂をもち、よき言葉を語れ。よき行いをし、あしきものを避けよ。

2013/12/16

医学

虫歯菌を絶滅させる口ゆすぎリンスを開発すること。虫歯菌を好んで食べるもしくは消滅させる善性新生物のガム化。

わが常陸国

卑しい民は南蛮社会で罪を犯す
それらの下衆が我が物顔で蛮行をしている
汚い下民の世界に背を向けろ
それら下民の世の悪を退けよ
慶喜公がなぜ関西から去ったか漸く分かった
それが最善だったのだ
下衆と戯れてよい事は一つもない
薩長土肥京芸も関西も破滅するだろう
よい世界とよい理想のうつしよ
私は私の幸福のみ見ていればよかった
我々の世界の最良性は外部を要しなかった
わが常陸国の最良性はその外にはない
ずるの箔付けだの愚昧な民衆政治だの
みにくい外来の下愚達はいらない

ひつまぶし

怪しいひつまぶし中国産

2013/12/14

南蛮スラム

心魂下劣な労働者スラム、東横や関西とは縁を切る事。縁が繋がる結果が皆悪いものなのを見よ。
 よき模範が自ら以外になければ自らは孤高であればよく、世間との付き合いを最大限断て。南蛮社会は自らより悪い限り縁を切るのがよい。

大阪憎悪

愚劣で退廃し、誤解と陰でのそしりが習性の大阪人と関わらぬのがよい。大阪人と関わって堕落しなかった事はない。卑劣極まりない、邪悪な労働者スラムの悪疫を避けよ。悪習に染まり日本をおちぶれさせる大阪の上に降る天罰を見よ。立派な文化を罵り、己の無理解と愚昧を驕り、心魂卑しい根性で人格者を誹謗し、銭と姦淫を貪りつつ品性下劣な首長に媚びを売る大阪人を憎悪せよ。人種差別主義と中華主義をあわせ持つ、邪悪な蛮族大阪人を世の反面教師となせ。

批判機能

哲学が、或いは人の言葉が徳、道徳、倫理、法律、法規範、法、理念、Ideologie、考え方、考えなどなどといってみなしてきたものへの反駁は、批判といわれている。そしてこの機能のみが、哲学に任されている。

2013/12/13

蛮行

腐った大都市民
低俗な東横民が高貴を侮辱する
卑劣な関西人が世間を誹謗
堕落しきった天皇制
誰もこの現代を愛し得ない
退廃した老人が若者を搾取
誰もこの現実を愛し得ない
終焉した文明
資本主義は虚無で欺瞞で偽証だ
誰もそこで幸せになれない
僕が救い得た者に問う
誰がここで幸せになれた
誰もここで幸せになれない
欧米と弥生の蛮行は飽き飽きだ

教訓

ひどく低俗な世の中を見るな
彼ら衆愚には破滅がくる
高貴にあれ
高尚な者としてあれ
この世は悪例に溢れている
来世を見ていよ
因果の内にのみ人はある
偉大であれ
模範をみて間違いをみるな
神を信じ偶像を拝むな
先祖も先哲も完成していなかった
孤高であれ
学問を愛し時を無為に費やすな
愚か者を道連れにするな

合間にねてしまった
よあいにまちかまえた
世はまちつづけ
僕が会う筈の人はいない
残酷にすぎゆく時間の中で
大都市はなべて無にしていく
静かに本を読みながら
立派な人たちの思想を追って
この下らない現世を
君は会う筈がない者に問う
つまらない現実
会えなかった人に問う
なぜ何のために生まれた
地球は回りつづける

人類らしさ

世界が本来そうある筈だった社会性にとって、常に人類らしさもその側面として残り続けた。なぜ人類はこの遊びをこえようとしなかったか。

しもやけ

あさやけにしもやけときのまたたきはすぐ

2013/12/12

時は残酷にすぎていく
さもそれだけが真理である様に
町が巡りくる時を繰る
さもそれだけが正義である様に

2013/12/11

足音

空にすぐ冬の足音

2013/12/08

空気

夕暮れのすがすがしいうつくしさ澄んだ空気の磯原町

2013/12/06

薩長政治

豊田たて田畑を潰す寡頭政

官尊民卑

天皇が上官で、国民が下民である限り、この国は官尊民卑から逃れられないだろう。大本営の信用性並びに、情報知悉の優先度論も同様。

物理学

太陽系遊動説。太陽系はまた、銀河系の中で一定の法則を伴って運動する体系に過ぎない。その物理法則は、類比できるほか一切の自然に準じる。従って太陽系もまた単独での永久運動ではなく、可塑的で、外部との物理関係が弱い間の一時の姿である。

事業開発

年賀メールサービス。ウェブ上で依頼者が既製品に文字入れ、または簡易的に見本から細部をデザイン変更し、受注者が年賀はがき又は年賀メールを直接発送してくれるサービス。プライバシーは厳重に管理。仮見本を、依頼者が無料でうけとることもできるもの。

夕暮れ

夕暮れの色も様々変わりけり
夕暮れの町に暮らしの声響く
手にしたい夕暮れの時のわずかさ

2013/12/04

花園川の奥からの流れ来る水ははてしなく太平洋に注ぎ続けてわれらの目前をすぎていく

波風

夜は朝をのみこんで
はてなき日々をくりかえす
月と太陽は空をめぐる
さも宇宙はそうあるべきと
うつろいの上によせくる波風の
合間に人は時を見た
どれほど大昔から
はるかな宇宙を生きてきた
町の灯はいつに向かってともっては
今日というこのまたたきを
まぎれることなきひとときに
自然を作りし力によせて
さざなみのねへくりかえす
さも地球はかくあるべきと

2013/12/02

アジアの夢

いつからこの自由に辿りついた
いつから
遠い海
始まるまで夜の大海をながめ
花火が回りながら日々を過ごす
終わりまで朝焼けの月をながめ
人々の幸福は忘れられてしまった
はてなき大都市は物語りもせず
じりじりと
底なしのうつしよを作り上げていく
人々の高徳は忘れられてしまい
のこされたアジアの夢は悲しみ
誰が望んだという
日々のめぐりは思い出されずじまい

大北川

つとめてに白鷺戯むる大北川