2013/08/31

どんぐり

ころがりおちてぽとんと
みずたまりにしずんだどんぐり
ふわふわおちてぷかっと
みずたまりにうかんだかえでのは

2013/08/29

うみなり

きみのつらさをどれほどしっても
わたしのつらさをだれがしっても
きみのたのしみをはたしてだれが
わたしのたのしみとひとつにする
つきひをひとしくしてみても
きみのこころはみたされない
うみなり
うみなり
ひっくりかえしてみてみても
きみはひとりでいきてしぬ
わたしのもとめていたひとが
さもそうであるみたいに
つきひをひとしくしてみても
わたしのこころはみたされない

しらないまち

しらないまちで
わたしはさみしくなる
しらないまちが
たとえどこよりしたしくとも

2013/08/27

恵み

宙吊りの提灯
かたろうとしている
雨々のうつおと
お祭りはおわり
しずかにねがう
きみに最高の幸福がふり
地上によろずの恵みが
洗い流すつみの真ん中で
ふたたびわれらをひきあわせて
おなじうてなにのぼらせ
かなしみから業の火まで
洗い流す時の真ん中で
きみに最高のしあわせが
地上によろずの恵みがふることを

賭け

いつくしみさえ
洗い流す大雨と
かなしみのうちに
沈みこんだ身体
どちらがはやく
希望のきざはしに辿りつくか
資本主義の悪と
自由のはざまで
恋し焦がれた心
万物のうえで
どちらがさきに
最高の幸福を手に入れ
どちらが最初の
伝説になるのか賭けようぜ

生物学

利他行動の習性度には集団間で偏差があり、その実質は環境誘因と呼べる生物地政学的な条件が決定する。
 故に少なくとも種の形質は集団間の一定数以上に、習性度の偏差が固定する隔離、または継続的な選択が働いた結果である。進化か展開といわれているrevolutionの本質は、この生物集団の地域偏差が作り出してきている。

2013/08/26

集団的自衛権行使は悪徳

集団的自衛権行使は日本にとって弱い者いじめへの加担以外の使い道がない為に、将来の悪徳につながるので否定されねばならない。

流れ

水が高きから低きへ流れる様に、人の心はそれが必要な者の元へ届きたがる。

2013/08/24

ひとこと

はじめて会った時から
月はめぐり
つちはいなないた
海がおどりながら
社会を回転させたがった
はじめて見かけた時から
時空は止まってしまった
川がおどりながら
滝の流れを変えた
だけどたった一つだけの
その言葉は出てこなかった
大自然がなにもかも
大宇宙がなにもかも
秘めていたみたいに

2013/08/23

まぼろし

努力さえ
一つだけの希望
かなしみさえ
きえさるさなか
なりたい姿は
幻想の勘違い
聖者の説得で
我らは偉大になろうとした
俗物の風説で
世間は堕落していった
一つだけの希望
命のつづくさなか
つきたい未来は
まぼろしなのか

透明

砂浜に重なり来たる水の透明

2013/08/22

こぼれおちそうな
音符の列に
ゆっくりと祈りを
しずかな悟りを
無限のそらのなか
かなしみの列に
ゆっくりと鎮魂を
たおやかな眠りを
崩れていく構想
破滅していく人々
唯一愛情だけは
さみしさの列に
まばゆい色彩のうちに
この世を燦然と輝かせていた

資本主義

資本主義の海で、ただ一人そこから脱出しようとした誰かが、絶望の淵でもがき死んでいった。その子さえ藻屑となって。

2013/08/21

色彩

この地上で
唯一安心できた
この世界で
嫌になる世界で
ただ一つだけ
君は信じ続けようとした
何はなくとも
ただ一つだけ
この宇宙で
おかしくなるくらい
確かすぎる真実として
唯一奥行きのない
無限の海みたいな
色とりどりの君の心は

2013/08/20

夏の虫

虫さえも仁の心を映し居り

市民祭り

電線にひっかかったいくつもの風船

2013/08/18

宇宙のどこかしこも満たす
とおくでみえる花火
ゆめのなかがずっとつづくよう
あしきを倒す正義の士のよう
恋しつづけた誰かに向けて
たった一言を信じ続けた
この町がめぐりくる季節のうえに
つぎつぎ花を咲かせる
世界のどの瞬間でさえも
ちかくにあるはず明かり
うつつのうちにねむりこけるさま
愛さえも言葉にすぎないとすれば
この町がめぐりくる月日のうえに
つぎつぎ花を散らせる

2013/08/17

悪魔達

探していた地上で社会は続けられる、悪魔達を統べながら。

2013/08/16

都市構想

空中庭園都市を地上に作る事。巨大隕石落下による大津波への対策として、できるだけの高度に。

ただ一人のひと

ないことになってる
こんなにひどい世界で
探していたただ一人のひと
むずかしい命題
必ず手に入れねばならなかった
大事な火の様な
見つけられれば
手に入るはずの大切な宝物
叫んでも悲しんでも
君は君だから
宇宙がひっくりかえっても
ないはずになってる
こんなにひどい世界で
探していたただ一人のひと

都塵

田を耕すねぎらい知らぬ俗物ら

2013/08/15

発明

昼間は比べて明るく、夜中は比べて青色光を軽減し温かみのあるほの暗さになるPCディスプレイ。

線香花火

すぐはじまったおまつり
きみはさがしてた
もうきえてしまった
神社になく鈴虫
電灯のあかり
月明かり
しおさいのうちに
伝えきれなかったおもい
伝えられなかった心
もうおわってしまってから
きみはゆめみてた
しおかぜのうちに
伝えるはずだったおもい
線香花火がおちてしまう瞬間

あさやけ

僕はいなかった
悲惨な地上で
のぞむとおりの
ひをすごす
いないはずの人
この星のうえ
いとしさも
しずかな夜に
月あかりさえ
かなしみすらも
おしながす
君のいるはずの
ゆめやうつつは
あさやけに

一歩

あゆんでいる一歩ずつさえ
すでにない感覚だから
めざしていた未来は
あゆんでいる一歩ずつのなかに

夏風

いとしいはずの世界
気づいた頃には
ただひとりねてる
いとしいはずのあなたは
ゆめのそこでうつうつと
まだすこしねてる
田園から大都市まで
海原から山林まで
ふきすさぶ風
いとしいはずの月が
毎晩あなたをつつむ様に
かなしみの音色を
響かせながらすすむ様に
ふきすさぶ夏風よ

金魚すくい

夏祭り赤青金魚遠望に

2013/08/13

磯原

潮風の香りに染まる磯原よ
盆踊りの世界が二重写しになる
潮風に思い出す君の楽しさ

2013/08/12

今日

いつから今日になった
はるかに連なる峰
手に入れようとした理想は
ゆりと咲いて眠りこけた

2013/08/10

幕間

演じられたお話すら
いつなんなりと伝わっていく
演じられたかなしみのなか
いつなんなりとだまりこくって
月のなかのお城
ゆめのかんざし
かまきりの一生
よるとあさのかがやき
演じられたよまいごと
演じられる時とうつつに
理由や理想をおいもとめ
しあわせになる人々を祝おう
いつなんなりと申しつけられた
あわいをもうけた幕あいの劇として

2013/08/09

細々

花巻の雪と人との細々しさ

2013/08/08

雨音

雨のおと過ぎ去る高校生の声ひぐらし

2013/08/07

極悪

極悪人長州安倍が戦争誘導
極悪人石原伸晃が廃棄物投棄
極悪人大阪橋下が人身売買
極悪人薩摩麻生がナチス礼賛
極悪の東京都民が原発搾取

つづいていく
あいだにあるつな
はなしたら
ふたたびもどれない
人の心さえ
しっかりにぎっていても
するりとはずれてしまった
とおくはなれて
かわらない
人の心さえ
つづいていく世の中の
世迷い事の様な
けどそれしかない
心さえ

ショート

つらいことや
つまらないこと
いやなことで
支配された社会
うまれくるわけも
このひどい社会で
延々とくらすことなら
たのしいことや
うれしいこと
すきなことで
一杯の理想郷は
いきていくわけも
しんでしまう理由も
君への想いがつくりかえた
本のつかの間の脳のショート

2013/08/06

このよ

だれでもひとり
はじめにもどれ
だれからもとおく
はじめにもどれ
わたしのこころも
あなたのあたまも
だれでもひとり
はじめのすがた
なぜうまれた
わけをさがし
さまようこのよの
わけもなく
さみしささえ
のみこむいのちと

皇族

米英へ皇族留学なにを得る

2013/08/05

むくげ

アスファルトに咲くむくげ

2013/08/02

常磐線

潮風のホームに歩く常磐線

2013/08/01

聖俗の業

聖俗の差は「上智と下愚」と孔子からいわれたもので、その格差が人々にもたらしたのが国家の違い、地域の違い、集団の違い、そして性格の違い及び知能の差だった。よい性格はよい知能からうまれ、そのうまれつきの違いはことば使いの上に大巾な差延を与えた。よい知能の社会は、確かにひじりの間柄に近く、卑俗な社会とは天と地の渺茫がある。人はひじりのくに、ひじりの仲間とつきあうべきであり、そうでないとすれば下愚に交わる事で不幸を買うだろう。

業と階級

悪人は善意をそしり、悪意に馴れ親しむ。善人は悪意を避け、善意と共に暮らそうとする。この2つの勢力は常にすみわけたがる為、人類には格差が生じる。