2013/07/30

ゆり

おそろしき百合の群生ひとのみこころ

2013/07/29

愛する人は愛される人。

回天

白銀の刃を自ら治めたる天狗党の墓ここにありける

2013/07/26

からす

黒い鳥
からすだろうか
君の心の様に
真っ暗だ
この暗黒が
失われそうな僕や
失われそうな君の
ただ一つの象徴なら
もてあそぶ自然から
あしき人工の都市まで
邪悪から至美まで
宇宙はひめつづける
愛さえも
真っ暗

月影

月影に映る世間と物語
潮の香に遠く魅せれる磯原や

2013/07/25

理想

新しい自分になるため
最初から小さく決めてしまう
どれ位大きな原因なのかさえ
しられていない大海原の航路
ただしい道をたどる為
すくなくとも多く求めている
新しい自分になるため
最初からなにもかもあきらめ
どれほど遠望な大宇宙かさえ
しられていない地上の幸福
新しい自分になるため
最後まできちんと計画しつつ
美しい君がもっと自由になる様
僕は最高の夢をうたいつづけよう

2013/07/23

月が求めるものさえも時は儚く消し去りし

儚さ

夏の儚さだけが残る摩天楼
葛きりを残して去りし人の声
砂浜にありし犬と吾時の潮騒

2013/07/22

おぼろ月

おぼろ月散り去る時にかがりゆく

2013/07/20

何よりも愛しい心の上に咲いたばら
枯れて行くばらの中にある美しさ
大都会輝くあいまに見た夏の風の香
月だけめぐる海から町へ都塵と山あい
儚さだけのこりつづける宇宙の初夏

2013/07/19

紫陽花

救われない心を抱えてあそびけるこの世のうちに咲くあじさい

海からの風

求めている心は今では何かさえわからない
求めていた心
失われるのがこわくて
勇気を持てなかった
町をふきぬける風
一体どこまで
求めている心は今では何かさえわからない
求めていた心
失われるのがこわくて
ただ一人の世界をさまよっていた
波の上にただよう月あかり
思い起こしてみて
何のために生まれてきたのか
海からの風

2013/07/18

ねこのきみ

あじさいのむこうをとおるねこのきみ

猫覗く

猫覗く家の広縁に吾は居る

2013/07/17

水色

ただひとり
君だけは正しかったよ
まちがってたのは自分で
どこに行っても悩んでいる
はてなく広がる磯原のおおぞらに
流れゆく水色の雲
袋田の大滝にたくされたみこころも
洗われてしまった
ただひとり
あなたこそ正しかった
まちがってたのは自分で
どこに行っても悲しいから
はてなく広がる磯原のおおうなばらに
流れゆく水色の涙

水芭蕉

沢のぼる家族に咲いた水芭蕉

2013/07/16

西瓜

冷静になれ
この世は広く
どこにいてもいい
冷静にみろ
お前は若く
どうとでもなれる
熱くならず
たった一人になれ
冷静にして
なんになれるのか
たった一人で考えろ
冷静ささえ
消し飛ばされそうな
真夏の西瓜スイカ

はじめに伝えようとした事は
もう手のひらからこぼれて
遠くかなたに
はじめに自分であるための
もう忘れてしまったこころ
遠く遠くに
この小さな町のなかで
いだかれていたどんな想いも
はじめの心の傷は永遠に
けど忘れられない一瞬も
すぐ身近に
小さな星のなかで
ささやかれたどんなねいろも
風にのってきえてしまう

2013/07/14

路上のばら

ばらの花が路上にこぼれおちる

2013/07/13

Platonism

Some Platonism through out
People can see their piety
And did the man able to be good
People would never know its meaning

2013/07/12

夜空

僕の上に咲いた夜空は
一体いつまで僕らを包む
愛らしい秩序から
とるに足りないよどみまで
貴女の前にある未来は
一体どこまで貴女をしいたげる
かぐわしい今から
すでに満ち足りたこころまで
恋愛という言葉にだまされ
本当の神の声を聴きのがすな
真実という規則をのまされ
まぎれない自由の味わいを忘れるな
君が君であるための努力さえ
失われそうになる前に

会話

少しでもいいから
世界の順序を鑑みて欲しい
大地や丘の流れから
万物の正当な原理まで
生物の理由が等しくも
宇宙をきっかりと揃えるまで
望ましいゲームである様に
事物をしっかりと捉えるまで
少しでもいいから
貴方の心を話してみて欲しい
始まりや終わりから
いまの緻密な事情まで
おきてしまった事はとりかえせず
優しさのわけすら手に入らないなら

Engage

To back to the future
We engaged in this the old world
To work to make our the city
Or to engage your existence

2013/07/11

薄紫

人知れず生えくる豆の白根
誰へ向け咲く百合の群生
顎あじさい薄紫を白に混ぜる

2013/07/09

チョコレート

そうである様に
そうである為に
そうであるらしく
人が追いかけた
たった一つの理想や夢は
もうばらばらになってとけた
正しかった様に
正しかった為に
正しくあるらしく
人が追いかけた
たった一つの恋と心は
もうばらばらになってとけた
求めていたのはこれじゃなく
ただ一人の君だったのに

真実

下らない自分を見返して
何を求めているのかさえわからず
夜は静かに過ぎ去った
必要なせりふは見つからず
共感できそうにもない
歌がひたすらきこえている
夜は静かに過ぎ去った
月が巡るあいまに
陸でもない社会が眠っているあいだに
たった一言でも真実を伝えられるだろうか
夜は静かに過ぎていく
偉大な魂である為に
僕が何かひとつでもできたろうか
朝が世界を満たす前に

会う日

どこにいる
僕はもう消えそうだ
しんでしまってから
会いにいけるだろうか
にくまれて
愛されなかったひと
きみはただ神のために
うまれきた
こころから
恋しもとめていた
あたまもからだも
情報量の問題にすぎず
万物の流転のうちに
あわれその身を焦がしていった

2013/07/07

悲喜劇

神は人を悲劇的に作ったが、人はそれを喜劇だと思い込もうとした。

美しさ

美しい人生を送ろうとして、かなしみだけがふえていった。

2013/07/06

いつから私は小さくなった
いつから夢をすてそうになった
どうして
あのころ見ていた世界はうつくしく
どこまでもみたされていた
いつから私は
もう一度生きなおしても
あのころ見ていたなにもかも
もう一度生きなおしても
この目の前にひろがっている
本当にうつくしい世界
誰かに伝えたくて
絵をえがいてはみたが
結局伝えきれずに死んでしまうだろう

もっとも得がたいもの

心のよさ。人柄のよさ。

2013/07/05

つゆのこと

あじさいの向こうに届くつゆのこと

2013/07/04

景色

しんでいく社会
きえていく夢
まわりつづける星
めぐりくる自然
君はどこかの誰かと一緒になって
僕のみている景色もしらずにいる
ほろびゆく政権
おとろえゆく国家
たけきものも遂には亡びぬ
ひとえに風の前の塵に同じ
おごれるもの久しからず
ただ春の夜の夢の如し
運ばれたいのちは
どこにたどりつく

2013/07/03

つまらないもの

僕が集めたあらゆる美しいものも
君には何の意味も持たないかもしれない
全て君の為に集めたものだけど
それは君よりつまらないものだから
僕が望んだあらゆる夢や理想も
君には何の意味も持たないかもしれない
全て君の為に望んだものだけど
それは君には勘違いだったから
浜辺にうちあげられ
死んでいくかもめの様
どんな金銀財宝を掻き集め
偉大な芸術や最高の学識を捧げても
全て君の前には無意味で無価値だろう
それは君よりつまらないものだから

2013/07/02

末裔

僕があなたを必要としているという事
あなたにはきっとわかりもしない
けどあなたは確かに必要だ
もしあなたがいなければ僕は
この人類の一員として不完全なのだ
僕がだれかを必要としているという事
あなたはちっとも知り様もない
けどだれかが絶対必要だ
もしだれかがいなければ僕は
この人類の一人として不満なのだ
いらない人もいる人も
混在しているとあなたはいう
実際その通りだとして
ノアの末裔がどちらだったというのか

2013/07/01

家庭

実質は覆いかくされ
なかみのない雲が流れていく
ゆだねられた絵は
じっと未来をまっている
だれかの死にもかかわらず
なかみのない自然は続いていく
たずねられた時は
しずかにいちばをみつめている
ひとびとはどこまでもいきていこうと
はるかに巨大な宇宙のかたすみに
ちいさなちいさないおりを編んだ
まるでそれが永遠につづくかの様に
まるでここが守られた聖域かの様に
ちいさなちいさな家庭を築こうとした

必要

社会を進歩させる為に動く人々
社会を進歩させる為に働く人々
けれど社会は殆んどかわらない
ますます疲れはてこまった人間は
社会を進歩させる為に一体なにを
その為に必要などんな要素を
まるで社会に適応したかの様に
順応したかの様に
どこまでも続けていくのだろう
私の頭上のはるかむこうで
建設されつづける宇宙のみなもは
この世をひたす大海原の様に
どこまでも私をふくめては分解する
さもそのことが必要かの様に