2013/05/15

日本学

日本人というものが悪の集団的である事は確かで、彼らはファシズム・ネオナチズムの傾向を持っており、少数の善人や知識人がその傾向の悪習性を非難した所で多数の悪は変えられない。日本人というもののファシスト性・ネオナチスト性による自虐的な同民族内でのある集団からの虐待を避ける為には、その集団から離れる以外に方法がない。この総体が日本人全体主義そのものであった場合、日本人批判者であるのが最善の選択肢になるだろう。
 日本人には以前より何かが悪化していく事を群れ自らその群れ全体の傾向が悪あるいは悪癖であるという事の為だけに選択する付和雷同の習性が多くある。
 これらを省みると、日本人というものは反ファシズムかつ反ネオナチズムの自由な個人を確立し、そういう個人を多数化できない限り、「悪い群れ」という衆愚化の原理そのものの為に集団でありとあらゆる選択を間違えまくった末に、自滅するだろう。