2012/12/29

つづき

われわれがはじまってから
おわりまで
つづいていく
はてなきたびじ
われわれがうまれてから
しまいまで
つづいていく
すぐれたいのち
つづいたいのち
うしなわれゆくまえに
つづいていく
われわれがはじまってから
おわりまで
つづけられていく

2012/12/28

社会学

単に人類の一員が、明日に希望をもつという習性や過去の経験や歴史から失敗をさけるというそれは、決定的によい個人をつくりだす方策におもえる。よき個人はすくなくとも良心の程度に於いてほかにまさっており、その質は遺伝的でさえある。利他性の程度はこの文明によってはじめてみいだされてきたある資質であり、それを抽出し結晶させる事は人類が配偶をする際のおおきな決定因としてはたらきゆくだろう。

こえ

こどものあそびのこえぞする

2012/12/25

ひとしれぬつき

ひとしれぬつきのあかるさ

2012/12/22

ゆずゆ

ゆずゆのこえがする

2012/12/20

くに

このくにのそこで
なにがうごめく
なにがさざめく
このくにのなかで
なにがかかれて
なにがかたられ
なにがおもわれ
あたらしくつくられ
ふるくとうとばれる
このくにのうえで
なにをおもう
すでにおこったかなしみ
すでにすぎさったときと

都鄙の違い

俗塵を田園より愛するのは幼い人間の特徴。都会かぶれがひどい環境でのくらしを正当化する為にいいなす事はどれもそれらの人々の育ちのよくなさをしか語らない。

2012/12/17

ふゆのまちのひ

ちきゅうにならべられたいくつものかんざし

かざられたがらすのこうしぽりぷろぴれん

めぐりくるせかいのうえのふゆのまちのひ

形而上の技

世界で現におきている事をしる、世界が現に作っている事をしる、このどちらにあたっても世界の中で育まれた哲学的技芸を使わねばならない。理解する為、分かる為に考えを意味のある言葉におきかえねばならなかった。
 科学そのもの、知識そのもの、これをしる事は自然を分解している丈に留まる。

2012/12/15

小さな冬

綺麗な町小さな冬の只中にいて

2012/12/14

あるもの

ふゆのうみ

2012/12/12

たからさがし

じっさいにしりえないくらい
ものごとはあたりまえすぎた
なにもかもあたりまえすぎて
なにもしりえないくらい
じっさいにしりえないほど
せかいはじゅんちょうすぎた
なにもかもなんでもなさすぎて
なにもわからなかった
それでもただひとつの
てがかりをもとにさがそうとして
このせかいをたどりつづけた
はてしないせかいのどこへいけば
みつかるのかさえわからないたびじを
ただひとつのたからものをさがして
じっさいにきづきたかったことは
ものごとのあたりまえさだけ
なにもかもごくふつうすぎて
なにもきづかないくらい
じっさいにきづかないほど
このよはとうぜんすぎた
なにもかもなんでもなさすぎて
なにもわからなかった
このせかいをたどりつづけた
はてしないせかいのどこへいけば
みつかるのかさえわからないみちのり
ただひとつのたからものをさがして
このせかいをあゆみつづけた
くるしみをこえてたどりつけばきっと
みつかるはずのただひとつのちいさな
たったひとつのたからものをさがして
なにもかもごくあたりまえで
なにもきづかないくらい
くるしみをこえてたどりつけばかならず
みつかるはずのたったひとつのちいさな
ただひとつのたからものをさがして

2012/12/11

よいすみ方

人類界からあしき勢力がさってほしい、という願いはほぼ普遍な善意そのものといえる。この願いは人類らしさを独特にしてきた。人類がこの願いを徐々に実現していくのは間違いがない。希望さえもちえない社会状態は破滅していくだろう。
 善美は元々、真と同じく聖の姿。あしき勢力や悪さはあり方とみてすら好適ではない。好ましくないあり様は自体が善美に反しており、趣味の低さといわれる。

 評価主体の質的差が人類を別のすみかへ至らせる。別のくらしやくにをつくらせる。悪さそのものもこういった差がついていく途上でみられた仮の形相、可能態でしかない。ある人類の一員の属した集団が趣味をもっている時、このすみかは確実にことなるだろう。

2012/12/09

技と学識

単に学識のみが人類のらしさを作るのではない。人類は自らに技をかした。彼らの世界でめざされた一切も、同じく技を素に作られるだろう。学識は技を補完し、技そのものの部分にすぎない。哲学も究極では話術というそれに返される。技が哲学を構成してきたので、写しや真似が技らしさとみて不完全という古代ギリシアの論理は破綻している。文字や言葉の発音の反復が意味させるものは、技能に属している。自然上位の学識すら、そういった技をなしえる才能にかかっている。友情の実現度にさえ話の技が介在してきた。そして技をこえて意味、趣味、学問は伝わりはしなかった。形相としての命題は技の程に求まる。

2012/12/06

あいま

あかるくいきていく
はずのじかん
もしせかいがしずかに
きづいているあいま
とまっているあいま
ねむっているあいま
とおりぬけてしまった
はずのじかん
わかっているのは
このよがつかのまなこと
あかるくいきていく
はずのじかん
もしせかいがしずかに
つくられていくあいま

どこへの

なにもえられはしない
どこへもたどりつかない
たのしみをえてねむる
かなしみのなかにいる
なにもかわりはしない
どこへのたびじなのかも
しらぬまにただまわる
さみしさのうえにある
つぎつぎとめぐりくる
よぞらのほしへねがう
なにもおわりはしない
いつかのしらべなのかも
うつろいつつめぐりく
このほしぞらへうたう

2012/12/04

とまったとけい

ゆうびんうけに
おしこまれた
ふつうのでんごん
ゆうびんうけに
なげこまれた
ふつうのことづて
ふつうのいいわけ
もしなにもかも
あたりまえで
ゆうびんうけに
なげこまれた
ふつうのいいかた
それひとつで
うちゅうがとまるなら
うごきえない
とまってしまった
このとけいは
ゆっくりねむりつづけ
うごきえず
とまったまま
このじかんに
じっとしずんでいる
うごかずに
とまってしまった
このみらいは
このとけいのまま
どこへたどりつくでもない
ひどくあたりまえのときをすごす

そのおんがく

ぼくがうしなってしまった
ことのすべてさえ
のこらない
ただなんでもないきおくなのか
ぼくがてにいれたはず
それはおちつきなく
ちりながら
ただなんでもないきおくになる
もしだいせかいの
そこにねむる
あらゆるほうそくがかなでている
そのおんがくをきくなら
いのちのてにいれたはず
ことのすべてさえおなじもの

みらい

みらいはすばらしいとしんじよう
じんるいにみらいがあって
みらいはいまよりうつくしく
よいせかいであるとしんじよう
これほどあしきせかいにいても
これほどあくまにとりかこまれていても
じんるいにみらいがあるかぎり
あしきものがきえていって
みらいがじつげんするとしんじよう

2012/12/02

れーす

まだはじまらない
れーすをはじめよう
どこにたどりつくか
まだはじまった
れーすがそのまま
どこへむかっているか
どこでおわりになるか
しらないまま