2012/11/29

秋のおしまい

あき月のてる夜中をみる秋のおしまい

2012/11/28

Occident united

Why did not see
Something utilized soul
Why did not see
All thing cruel disaster
We thought we are a member
We resent special old remembrance
But there were not jointed arch
Things had never backed hereditary
An energetic
Some beautiful
Little thing
This plane happiness
Contact with me
But it was not true
So it was not glue
Only Occident united

2012/11/27

ひかりを

ひかりをてらせ
まよなかにひかりを
ひとびとにゆめを
まよなかにもきえない
そのいさましいこころで
ひかりをてらしだせ
みずからのてに
みずからのこころに
ひたすらひたむきに
ひかりをてらせ

みそら

しりえたことのすべて
しりえたことのなにも
ひたすらひろがりゆく
みそらのはてしなさよ

2012/11/25

かんかく

よるのとばりのおくにねむるつき
すぎさったひびのあいまにじゅうだいのかんかく
よるのふかくにねむるおもいにすぎさるとき

2012/11/22

Letters

That notice is not what
Every people know
The world is only lonely
So we think our newsletters

きず

はてしなくおおむかし
すぎさったことさえ
いのりににたいのちに
たくわえられたとい
もっとはやくから
それがといなおされて
できごとがかわって
もとどおりになった
せかいのしんちょくが
すすみつつなおるといい
それですべてはみな
なおったきずのさま

Where are we are

Align all the people
And forth their howl
Made out from world
Work out on business

Promise under the table
Flight under the table
Internet under the table
To eat where are we are

そのとき

やくそくのときは
ながれるくも
すぎさるゆめ
くれゆくつき

2012/11/21

とき

あったことのすべてさえ
ありえたことのすべてと
ものごとのかさなりとして
すぎさりつつあるよのうえ
ひびのさなかにみたすべて
おなじときのうえにまつ

でんとう

ここがそうだった
とうにすぎさった
なくなりつつある
れきしのかさなり
ものごとのうごき
かさねがさねのひ
あきにちるおちば
もういつでもいい
たずねられたあさ
すべてのはじまり
おわりのおしまい
やってきたちから
あなたのしあわせ
ありえるみらいと

2012/11/20

みかづき

そらにかかるあきのみかづき
みかづきふるえている
まよなかにかかるつきゆうぐれにかかりつづけるつき

2012/11/17

もうこわれた
なにもない
それはきえた
よのなか
たすかる
はずもない
たすかる
ためのつな
なくなった
きえた
ない

ひたすら
いまは
よどんで
きこえる
ぼくがいきていた
ことさえきえてしまう
すこしのあいだのきおく
ただそれをたよりに
つらく
くるしい
つらく
かなしい
ものごとはそれだけ
つまってしまった
ものごとはすこしも
うごかなかった
とおく
ひびく
きおく
とおく
わらっている
あいまにまつ
すこしの
せかいのしあわせ

2012/11/16

望み

世界平和は己にある
唯それに悟れるかどうか
望みを捨てるな
悪意の末裔に負けなければいい

まなこ

ほごされた
ちいさなせかい
はるかなうちゅうから
みのがされたところ
ひそんでいる
ちいさなまなこ
おおくのそらから
はなれている
だれにとって
いまというひが
くれなずむ
ただしさなのか
ひがくれば
それもあきらかになる

ひつぜん

はるかなせかいにあこがれて
なにごとかしんじつをもとめた
のこされたのはひたすらつづく
このよのひつぜんというもの
つづいているみらいへ
なにかをかえりみるといい
つづいているみらいは
ひたすらのこされたひつぜん

しょうじんのつみ

ちゅうおうせいふを
はめつさせるために
てんしあんさつをしようとした
こびとりょうまをえいゆうしする
じゃあくきわまりないかんさいじん
こうちけんのわるいにんげん
はやくはめつして
このよからさればいい
とくたかきおおきみをころそうとしたぶんだけ
ざこがころしかえされてはじめて
おのれどものしたつみぶかいごうが
りかいできるとすれば

おきたのはすべてさいあくなこと

あくでおろかなとうきょうと
いばらきのたべものやでんきれきしに
いぞんしながらおごりちらす
じまんするのはひんせいげれつさ
まがまがしいかんさいしゃかい
うらぎりとごかいとおごりのせかい
たにんをそがいしていばりちらす
かんさいのじゃあくなうそつきせかい
にどとかんさいじんと
おなじくにになりたくない
じゃあくなあくまと
おなじあつかいはされたくない
もっとはやく
かんさいじんとわかれるべきだった
おきたのはすべてさいあくなこと
かんさいじんはただのでーもんだ

新保守主義の経済合理性

新自由主義はまちがいで、所得寡占によって社会一般は不経済になる。必要なのは調整による所得不均衡の是正であり、単に配分の為だけにでも新保守主義の観点が有利有徳になるだろう。

 国際分業は国家単位でみれば同様に所得不均衡によって損失を被る場合も多く、関税を中心に政策的得失を講じない限り一般の不経済をもたらす。地域間の経済協定でも同じ事情を与える。

げだつ

なんのためでもなく
よのなかとはただのくだらないきかん
それはつづけられてきたが
ひたすらつまらないできごとだった
なぜそんなつまらないできごとを
くりかえさねばならないという
それはつづけられてきたが
ひたすらつまらないできごとだった
いったいどうしてそんなよに
まきこまれてしまったんだ
いますぐにぬけだせるなら
このよのなかをでてしまいたい
なんのためでもなく
いのちというりんねのうえにたって

2012/11/14

あくまのすとうきょう

いばらきのひとにふたんをおぶせて
おごりちらすとうきょうのわるもの
げんしりょくはつでんといい
よいちほうをいじめてくらすとみん
もっとはやくから
とうきょうがあくだと
きづけばよかった
きづいたらふくしまがこわされていた
とうきょうというあくまのすで
たいりょうのやくざが
ひびあくじをはたらいているのだ
てれびでみんなをせんのうしながら
とにかくそれが
おそるべきあくしつな
とかいというぞくぶつかいの
はたらいているにんげんごろしだ
てんのうはぞくじんすらむにすみこみ
ちほうをぶじょくしながら
しんりゃくひとごろしをしてきた
さくしゅでじんしゅさべつしながら

れきし

しんらばんしょうがへんげして
ものごとがじざいにかわるころ
ただしずかにたずねゐる
きつねのこわねをきいている
だいうちゅうのひろがりは
いったいなにをもとめたのか
せかいのおしまいまでも
いっしんにひめながら
もしそれだけですむなら
それだけおしえればよかった
ばんぶつのものがたりさえ
ただひたすらつまらないできごと
もっとすばらしいこと
もっとうつくしいこと
それをもとめて
えたのはただのむなしさ
どうでもいいくらい
できごとがいっていで
とまっているみたく
どうとでもなりえるれきしよ
はじめからわかってた
それでできごとはよし
おもったとおりになれ
このよはよいところになれ

That a hell

Fool foreigners
Kyoto is the Sodom
But they have curious that a hell
They will be punished by God
Tokyo is the Gomorrah
They do bad vice party
But fool foreigners come there
To be punished by anti-Heaven

じごくにほん

つらくくるしいせかい
つらくくるしいじんせい
あふれかえるじゃあくなかんさいじん
あふれかえるわるいとうきょうじん
すべておわればいい
こんなわるいくにはいますぐおわれ
しんりゃくはんざいばかりのてんのう
さくしゅばかりするむさぼりろうじん
よごれたおんながみうりのわるいくに
にほんこくはさいていでさいあくだ
なぜじごくをほめるがいじんがいる
そのがいじんもじごくにおちてしね

勘違いの代償

邪悪極まりない京都人をほめる外人
全員地獄におちるといい
勘違いの代償は大きく
悪魔を模倣すれば必ず破滅するだろう

2012/11/13

自然

おそろしい深淵
人間などなんでもない
きえていくあいまに
ういている存在
しんでいくあいまに
みた風景のすべて
このよというものさえ
すぎさってしまうながれだ
おそろしいふかみだ
道徳を信じてきた
おおくの人間がいついている
現世という孤独なすきま
人間なるものさえ
ただ孤独なありさま
うしなわれつつある世界の
わずかなうごきでしかない

2012/11/12

外様の蛮行

薩長土肥京芸の邪悪極まりないscapegoating
忠義の侍と常識人を次々粛清し裏切り続け
野心と野望の極悪やくざに寡頭政治させる悪意の渦
日本国を破滅にいざないながら驕り続ける
そんな邪悪な国家日本では
今日でも裏切り劇と冤罪の犠牲が罷り通り
正義を貶め不正を美化する西戎の文化は
侵略犯罪をおごり散らしてAsiaで怨恨を買い続ける

堕ちた東京

茨城へ負担をおしつけおごれる東京
原発を茨城負担で遊惰の東京
福島を原発で潰し淫行東京

貞操

貞操観念のない人間は実際にはやく死ぬ確率がたかいか、死にかけた生活をしている割合がごくたかい。例外は世間からにくまれて死をのぞまれるか、死後よろこばれている。乱倫自体が人間にとって甚だしい害であるからだろう。

しずけさ

だれのためでもなく
そこにしずんでいた
わずかなときにさえ
きいているきょくだ
だれのうえにであれ
そこにねむっていた
しずかなひるさがり
きこえているこどう
もしなにもかもきのせいで
すぎさるだけのものなら
だれのためでもなく
すばらしいひととき
そのてのひらをとり
おだやかなごごをつげる
あきるほどむかし
よのなかはしずんで
くすんだよるにねた
ほしぼしのままだった
あきてさえなおも
よのなかはしずかに
ひたすらみちのうえ
あるきゆくだけだった
あきさえもすぎて
よのなかはふゆへと
ゆっくりかわりつつ
つきせぬなぎさへと
すべてのひつぜんをかえし
ただしずかにしずんでいた

2012/11/11

不徳の西夷

母国の中央政府を裏切った人間を英雄視させる気違い関西人。あくどい小説屋司馬遼太郎がかきつけた坂本竜馬や薩長土肥京芸は現に、当時の中央政府を暴力クーデターで破壊し、金権政治を以て事実上の独裁・寡頭制を敷き、周辺民族を無意味に侵略、現地の人間をなんの道理もなく大虐殺した。そんな連中の社会が善良でありえる筈もなく、現実に罰として原爆も落とされたし、今もやくざや犯罪率のたかさからそうなっている。
 そして現時点にいたっても、南蛮西戎はこの国家を裏切ったという大悪業をすこしも反省できず、逆にそれを自慢し、おごりたかぶりつづけている。かれらの悪意悪行のせいで日本国が不和におちいり道徳を失い、堕落しつづけているとしても何の疑いもない。

祈り

阿婆擦れ東京人と関西人とが早く滅亡します様に。

にんげん

なにをうたったところで
なにをかきつけたところで
ただくだらないれんちゅうと
いっしょくたにされて
むしされるかかねをあたえられ
いじめられるかめいよをあたえられ
とかくくだらないじんるいどもの
いちいんのざにおしこまれるだけ
はじめからなにもするかちのない
じつにくだらないていぞくなにんげんかい
そんなじゃあくなこっかからぬけて
ひとりでせかいをさまよってみても
みあたるのはくだらないにんげんたち
あとはそのあくいのむれだけだった
いだいなこっかとぽりすを
きずきあげるためのどりょく
はげむほどつらいしごとに
なにをささげてくらしていく
りこてきでまがまがしい
にんげんたちのありさますら
みるかちのないげれつな
じつにさいあくのすがただった
このよのちいはなんということもない
ただのつくりごとでかんちがい
しんじつをみぬけるにんげんさえ
ほとんどいるでもないぞくせだ
さあそれにもかかわらずつづいてる
このよのつくりなおしをするんだよ

知能

全く不備な丈の
何の意図もない
何の訳もない
終わった世界
より大きな
より偉大な
万物の道理
何もない世界
望む程には
世界が生き返るでもない
この世は宙ぶらりんの
備えのない隙間
始まってから
一度たりとも変わらない
真実を目撃している
神という名の知能
大世界が元通り
理想の調和を作り直し
このてのうちに
羽を返してくれる
造型された
人類のありさまさえ
再興される
それ丈の偶像だった
にせものが
何を知らせるでもない
ありえる神は存続し
心の声を伝えるだろう
信念は人間に伝えられ
人と他人を繋ぎ
次の世界に臨むだろう
失われる世界だとしても

悪の巣窟

原発を地方におしつけのさばる東京
殺害し侵略おごる薩長土肥京芸
堕落したAsian highway悪の巣窟
若者を奴隷に金をむさぼる団塊
阿婆擦れを量産邪悪な団塊老害

神の似姿

僕らが神になる方法を
いつも思案してきた
けどその手順は全て
人間らしさとして作られていた

It

It is your dream
It was your star
But it would never come
Its greater side all the cases

みもの

それがゆめでなければ
なにがみいだされたという
それがゆめでなければ
なにもみなかったのとおなじ

ほんとうにだいじなのはなに
しんでいくせかいのありさま
しんでいくせかいのうえでみる
あらゆるうちゅうのまたたき
それともばんぶつがいれかわる
おおきなせかいのつくりなおし
おとなしくかんがえているあいだ
なにもかもかわりはててしまうだろう
もっともふかくにしずんでいる
うみのそこのたからものは
はてしなくめぐりくるこのよに
なにをたくしねむりこけている
おおぞらのはずれにひそんでいる
このめはなにをみたがっている

つたわり

ひびきわたるほど
じぶんじしんのこえは
ほとんどとどきはしなかった
ぼくのつたえたかったことは
ひたすらちいさくひびいて
このこころのなかにかえっていった
だからはじめからなにもないのと
おなじにされてしまったのだ
ほんとうにつたえるべきことは
みなしずかにしずんできえてしまった
だからはじめからなにもないのと
おなじにされてしまったのだ
もしもういちどだけいきなおして
あのことばをとりもどせるとしたら
そのことばははっきりとてにはいり
ぼくじしんのいうべきことをつくり
つたわるべきひとへわたるだろう
にどとそんなことがおこらないとして
なぜかみはこのよにそんな
ひどくかなしいげきをつくりだし
ぼくらがくるしんでいるのを
ただみすえているというのか
だからはじめからいったでしょう
あのときにひきとめるべきだった
なにもかもておくれになるまえに
ひたすらそのこころをつかまえて
にどとはなさないようつかまえて
ただそれだけのために

知性過剰の悪

人類が考える事、理性を働かせて物事を理解し、或いは独自の自然ではない秩序を社会化した時から、原罪としてみなされる多くの自然状態への反感が生じたのだろう。現実に、人間の野蛮さと反する側面が余りに多い理性という能力は多くの場面で弱肉強食に対して敗北的な悲劇を示し易かった。これ故に人は野蛮さを再獲得し、他人に対して利己的に振舞う余地を特に「知性」と名づけて合理化したがってきた。これが自然学とよばれる系統の学識がもたらした利己性であり、多くの局面で理性そのものへ逆らう行動がその知恵者らへ散見される。
 日常語でずるがしこい、狡猾、こすい、わるがしこい、さかしい、こざかしい、老獪、clever、witch、cunningなどの言葉でしめされる特徴は、この知性がつよく理性がよわい状態をさししめしている。この知性人は現実には反社会的ですらあるだろう。そして知性とは「人間的な自然」であり、本質から社会的ではない。文明の悪といわれるものはこの知性から生じている。
 形而上学の必要性は知性のみの文明が実際には自然状態とかわらなくなる点にいたって人類におおきく自覚されるだろう。道徳という言葉の定義も、『韓愈』に弱肉強食的な自然状態と反する秩序とされたとおり、人類の多少より利他的な社会性にのみ求められる。そしてこの能力の方が元々の自然状態より特徴のある互恵的利他性にみちた協調や複雑な群れの相互扶助組織をつくりだしていくかぎり、後天的に獲得された知性よりも上位にある生得知能だ、と考える事ができる。
 この点から社会Darwinismの合理化された秩序そのものが生得知能の高度化にとっては相反している、とわかる。なんらかのmoduleに還元されない社会での判断能力あるいは理解力、ものわかりとみた道徳のみが、遺伝された本来の一般知能によりちかい理性とみなされるだろう。
「学びて思わざれば則ち罔し。思いて学ばざれば則ち殆うし」『論語』為政。この罔さは利己性の過剰、殆うさは利他性の過剰を示していると捉えられる。中庸を君子と呼ぶ貴族的人柄の理想とみなした孔子にとってそれらはどちらかが過度ではいけなかったのだろう。

2012/11/10

傲慢

自然の恵みの元
何の憂いもなく
温和で落ち着いたくらしを営む
平和な民衆を次々殺す
皇軍と名乗る悪魔の蛮族
一体その光景を見て
人間といういきものの
自称高雅な堕落をどう思う
白人といいながら
キリストの権威を笠に着て
あらゆる地上の人達を皆殺し
原住民といい現地の人間に同士討ちさせ
奴隷にしたてて絶滅させていく
病巣でしかないアングロサクソンの一員
名誉白人となったお前になにがあるという
おちきったヘーゲルの傲慢か

化粧自慢

化粧品売れば売るほど美肌とね

知性

僕がうまれてきた理由すら
なにもないこの世だ
どうして神が僕の名を
よびつづけえるという
単純にこの世という
陸でもない地獄じみた世界に
まきこまれたのが終わりの始まり
なにもないこの世の全ての終点
小さな小さな生命体にすぎない
自分自身などそんなもの
巨大すぎる大宇宙のすみで
大人しく勉強している自分さえも
僕がうまれてきた理由がなければ
この大宇宙にすらそれはないのだ
死んでいくためだけに
いきながらえるとすれば
その中途にみることになった
全ての風景は何の為なのか
文字列をならべかえて
声をだしかえて
なにごとかを写しとり
つくりあげる為?
ほかのあらゆる生命体と同じく
いきものとして動物ごっこに
興ずる為なのか
聖者のいう理想を続ける為?
もし生き残る人間が何も知らないなら
死んでいく人間が何を知るでもない

衆愚社会

つらい人生をたどり
やっと辿りついたと思えば
そこにあふれかえっていたのは
単なる下らない俗物だけだった
この世の実に最低の
悪魔と悪人だらけの衆愚社会
Asian highwayを行き来しながら
堕落の底無しのくらしを謳歌している
死んだ方がいい
邪悪きわまりない薩長土肥京芸の悪魔達
国際社会を次々乱しながら
凄まじい侵略犯罪をおごりちらす
もういい加減にこんな日本は
終わってしまえばいい
堕落し続けるだけの裏切り者の国家
建国以来あったのはそれだけだ
奴隷にした国民に労働させながら
殺し合いを放置して漁夫の利を得る
皇室とやらが行ってきた大量虐殺史
もういい加減に悪魔の日本を正視しろ
見るべきものは何もない
まがまがしい関西人悪魔の裏切り模様
そして国民を虐げ続けた邪悪な皇族
それ以外何もない地獄の日本だ

大宇宙史

この救い様のない狭い世界で
人間がいだいているのは何か
単にしんでいくだけの理由
単に続いていくだけの人生
はるか古代から連なる一筋の
連綿として絶えない流れ
一体全人類の全て
全生命と大宇宙の全てが
流れ続けている歴史
この時空が意味する
この世とは何なのか

資本主義

邪悪な資本主義系
その足下でうごめく人類
俗物がのさばりつつ
まがまがしい堕落におごる
よわいものいじめに終始
レイシズムで奴隷から搾取
あることはすべて地獄
単純に資本主義とは地獄だ
なぜそんなものを採用し
なぜそんなものを創作した
人類としての大いなる過ちに
まだお前はめざめないのか
もたざるものを虐げながら
邪悪な人間にめぐむだけの社会に

2012/11/09

希望

邪悪で害他極まりない薩長藩閥
今度は東京に寄生して
善良な地方人から搾取と迫害
奴隷扱いで侮辱し続ける一般国民
薩長土肥京芸の悪魔連中と同じ島で
一体何をなしえるという?
何を行おうと邪悪で愚劣な
衆愚が傲慢に侵略犯罪をおごるだけだ
天皇制といいながら
おこなわれてきたのは全て奴隷制だ
そんな邪悪な日本国の体制にくみこまれ
朝から晩まで搾取されるだけの人生
ではそんな邪悪極まりない極東の
歪みきった日本国に生まれて
一体何を希望する
国家の破滅か救済か

2012/11/08

邪悪国の答え

何一つ悪い事をしたでもなく
寧ろ善良きわまりなかった
アジアの民衆を虐げ続けた関西人
蛮族薩長土肥京芸と組んで残虐極まりない
大虐殺を国内外でくりかえした
最悪の血族が国内でのさばりかえり
まがまがしい悪魔の祖先崇拝を
天皇制となづけて巧妙に隠した
奴隷制度のもとでやり続けている
そんな邪悪な南蛮西戎の寡頭支配に一体
どんな希望が残されている
神が答えをもっているなら
それはどんな希望なんだ

2012/11/07

天皇崇拝教

弱い若者がいじめられ
次々邪悪な老人と阿婆擦れ女から
人生を駄目にされていく現代日本
こんな社会に生まれ来るのを
心から喜ぶのは
奴隷殺害が天職の搾取王である
天皇だけだろう
それでも君は天皇崇拝教を
信じ続けるというのか
生まれた途端その邪悪な天皇から
突如裏切られ悪者にされ
凄まじい侮辱を働かれるだけの
そんな人間界で一体
何をしても搾取されるだけの人生に
どんな理由があるという

法学

法文の煩瑣はそれだけ社会での侵害が多岐にわたりやすい差し障りによるので、集団の道徳的平均に逆比例している。よってその簡潔化は文明度に比例しているだろう。

やまおく

きりふけるやまのうえにつきさびし
おそろしきとおくのやまをこえなじむ
いぬのかおたたずんでいるやまおくにねて
からすのちいさなみちのくにはるかなとき
じんるいのみとうのせかいすぎさりし

野蛮collar

放蕩大学早稲田の田中真紀子が大学差別で教育水準を下げる

世襲独裁者の家の後遺症

悪ばかりの関西。関西に似た東京。

世界がはじまりおわるその間にいる命
悪い社会が消えいるのを眺めているゲーム
つまらない悪意だけのインターネットと現代

2012/11/03

こえ

ゆっくりれーるがしかれて
うちゅうはめぐりくる
そらがはれるまにのぞむ
そういうひとときでいい
だいじなむかしばなし
そんなものはなにもない
あるとすればかなしい
むかしのあしぶみだけ
もうすこしだけ
うちゅうのはなしごえを
みみをすませてきくといい
そのそこにねむっているこえを
うまれてからしぬまで
ずっとさがしている
それがなにかさえ
わからないまま

りそうきょう

たのしいせかいを
おもいうかべるんだ
あのまがまがしい
かんさいじんから
はなれてくらせ
あのまがまがしい
しゅとからはなれろ
にんげんのあくが
しゅうせきしている
だいとかいをのがれろ
ぞくじんをぬけだせ
そしてそこにたむろする
わるいにんげんから
とおくはなれるんだ
すばらしいきおくは
ぜんぶそのそとにある
すばらしいきおくは
ぜんぶあのきたなさの
そとにある
すべてのへいわをあつめて
のうりにやきつけろ
すべてのたのしさが
いっかしょにあつまっている
そういうばしょはかならずある
ただみつければいい
かならずみつけられるだろう
かならずそういうばしょへ
たどりつけるだろう

関西系売文犯罪人の跳梁跋扈

名誉毀損犯罪、猥褻物頒布罪、猥褻物陳列罪の綿矢りさ(山田梨沙)と、それらに同罪並びに覚醒剤取締法違犯の村上春樹が一刻も早く逮捕されて国家政府の監獄で懲役刑を受け、二度と我々の社会に公害をまきちらしません様に。

2012/11/02

あれほど間違った
連中が大勢のさばる
間違った制度である
資本主義と民主政
誰もがそれをしりつつ
どうして自由主義という
おおうその錯誤から
ぬけだそうとしない
邪悪で救い様のない
堕落しきったこの
現代社会においつめられ
一体なにをめざしてる
人類として自分自身が
なにをもとめられているのか
よく考え直すがいい
これほど退廃と
退行と劣りきった
くだらない連中と
おなじせまくるしい
島にとじこめられている
それだけでも大変な苦痛なのに
さらに身を殺されかけている
これほど邪悪な社会状況で
うらみつらみを吐いてもはいても
どこにもたどりつきはしない
単純に絶望のなかで
締め殺されている
天皇家だけが
この国家の絶対安泰の地位で
人間すべてを搾取しながら
国民を奴隷化してたのしんでいる
その地獄そのものの社会で
ゆっくりと殺される気分はどうだ
一体どうすればこれほど
邪悪な社会からぬけだせる
もう自分にはたえられない
これほど邪悪で腐敗しきった
悪魔と醜い愚劣でうめられた
現代の日本などには

あしき国日本

こんなに嫌な国に
なぜいきさせられる
こんなに嫌な国が
もっとはやく亡び
もっとはやく清らかで
正しい国がもどります様
こんなに嫌な国に
なぜうみおとされる
こんなに嫌な国で
もっとはやく死んで
もっとはやく土にかえる
正しい国に辿りつきます様
まがまがしい親が
無知で無能なままふやす子
その来世も地獄なら
なぜ誕生を祝福できるという
もっとはやく土にかえる
そのときだけが待たれている
身のただしい
人間がいきのびられず
おろかで邪悪な
親だけが子をもつ社会は
いますぐにでも地獄におちいり
亡びているのと全く同じだ

恥知らずの関西系南蛮日本

悪事を働くばかりの邪悪で愚かな日本人が繁殖しているまがまがしい光景、もっと早く連中が亡びます様。既に繁殖してしまっている分も、できるだけ早く絶滅してくれます様に。善良で恥をしる人間が生き延び、この邪悪な国家から逃れて生存できます様に。