2011/02/28

胡瓜

胡瓜みたいなのが
君の街を荒らしてきた途端
一変してしまった社会
尊王の志を果たさずに死んで行った
数えきれない先人が
本当は俗物の天皇を眺めてた
僕は地上のろくでもない
全現象をこの眼に焼き付ける

2011/02/27

倭人は悪すぎて他に何もない

倭とかいう
映画をみたとか
言ってるやつをみた
そいつもまちがいなく
倭なのだが
そいつらはすぐ発情するほか
なんの取り柄もない
あの倭首都では汚い汚い
儀式が年柄開かれている
公然猥褻罪はビデオに撮られ
テレビ局の好色下衆類に汚され
あちこちへ大金の広告とひきかえに撒かれる
腐りきった邪悪な天皇一族の血だ
僕は吐き気がしながら
その終わってる国税を払わされる
一銭も儲からない僕から搾り取った銭で
レイシスト極悪天皇一家は極悪南蛮衆愚を褒めまくる
山口土民の俗物首相が売国対中商売のユニクロを崇め
凄まじい偽善
本当はもう気づいてる
倭人は悪すぎて他に何もない

2011/02/25

倭人の末路

何もない世界
誰もかも死ねばいい
はてしなくつづく死者の列
天皇とかいう人が
大量の日本人を喰らい殺しまくってきた蹟
世襲独裁者の血は
あらゆる地方人を見下しながら
我こそは王者だと言う
原爆で焼かれ
特攻隊となり
ペコペコ営業回りする
それら奴の奴隷は
何もないこの首都で
墓守みたいにいきながらえる
ほら道端で
死んでいる犬みたいな顔
都知事一家が天皇のまねをし
ますますきたなくなる東京都
そして追ってきた西京都土民は
それより何倍もきたない
全員死ねばいいんだ
きたなく馬鹿な東京人みたく
池袋の創形前の公園で
朝っぱらから家無しが集まり
お前ら倭人の末路を教え合ってる

贅沢

借金し贅沢暮しの大天皇
銭もうけ猥褻物をばらまく都知事
逆効果片親だらけの子供手当

2011/02/24

社会生物学

ある社会条件のもとでダーウィンの考えた社会選択が働くかどうか、は主に経済状況がきめる。ここでいう経済状況は社会のもつ一般消費性向により、主に社会人らの性格、つまり生態がきめる。この意味で社会淘汰はみな道徳律、つまり集団からの賞罰原理と関連している。

極悪の南蛮西戎倭人

天皇穢多が市民を屑と呼び
世間中に公然猥褻犯罪ビデオや猥褻物頒布罪グラビアを撒く
極悪人倭は全部しねばいいのに
極悪邪教祖天皇家は強制税を貪りつつその犯罪都民を養う

世界中に姦淫小説をまきちらし
未成年へうりつけて宣伝洗脳し
白人に媚売りつつ善良な日本人をだましつづける極悪関西人
ああわかったよそれが関西風の汚れた倭文学なんだったね

ボクがちいさなころ100円だったジュースは
いまではどんどん値上がりして120円
けど不思議なんだけど
それを不正に儲けてるのはあの極悪山口閥の俗物首相だってさ

裏切り者を崇めさせるまちがった歴史教科書
明治維新といいながら極悪簒奪行為を美化する悪い小説を頒布
白人とくんで黄色人種を弱い者虐めしまくった極悪山口人
今度は安いごみすて服で大衆から搾取してるがどうしたの

2011/02/23

風景

もし世界に複数の意図があれば、
人々は空に舞う無数の
毒々しいあやを縫うこともない
静かに沈む星の前で
皆からはなれて散っている
寒い夜にきこえる
なきごえはどこからの
訪れか、しられてもない
連環したわずかなきっかけは
淀みながらつながりゆくもの
すでにきえていった
幾つものいくつものおもいで
さえも、てのひらに舞っている
こま雪の囁きでしかないでしょう
ただここからみわたせる
風景はとても綺麗です

狂歌

金儲け南蛮ジャップ首相に金の話ばかりさす

黄ばみ猿暴力団山口組と極悪天皇にひれ伏し一律課税の消費税かっさらわれる

猥褻物陳列小説屋の広告まきしける悪徳ユニクロ幹部を山口閥の邪悪な首相みのがす

山口組おまえとなにが違うのだ武器で脅しつTPPで農民迫害ぞ

山口人どこへ行ってもヤクザなり脅しつ銭を貪れり

黄色い猿

大社会人サラリーマンジャップ
道端を歩きペコペコお辞儀
目的は金と繁殖
世界中で好奇の的
あちらこちら倭人
あらわれてはカメラを回し
交尾か猥褻の犯罪撮影会
下賎な東京大阪警察は放置中
銭儲け邪教祖天皇家
崇めさせた信者から
卑怯に税金をまきあげ
警棒と拳銃で脅す
全身搾取のユニクロで
いつもの黄色い猿
今度は勘違いしきって
学歴で人種差別の倭っぷり

2011/02/22

こまゆき

こまゆきのふる町にきたる飴玉よ北國の上に舞う白雪の如く
海のねの流る座敷へ煙草の香
威張りおる小人おりしこのよにはふえる小人の子もまたいびつなりき
縁起せぬものはあらず独り立ちすべきと諭せど江戸の土

川柳

石原家国政支配へまっしぐら

2011/02/20

理知の差

多くの社会な協調さは、実際、道徳行動からうまれている。他者の行いへの理解とそれとの連携は知性已からは導きえない。
 理性と知性とがことなる節で捉えられているのは、この協調さへの能力誘因が、科学な知識量そのものとはことなるという点から引かれている。知識は外部化できる。それは後天的で、しかも辞書や辞典にできる客観装置。もし知識を目的視しても、獲得された能力の適応をこえないだろう。つまり知識のよさは、もった道徳の程度と必ずしも比例しない。

2011/02/18

冗句

又吉(ピース)が都知事戦に出馬決定! あとで吠え面かくなよ!

2011/02/17

菅政権への提言

根本的に、菅首相の哲学か思想、考えにはなぜ経済成長しなければならないか、という要点が欠けている。その要点に欠落か空疎があるので、多くの国民大衆の共感がえられない。己より年長者かつ老賢な小沢氏いじめもこの共感されかたの低さからきた八つ当たりに、程度あれ相違ないだろう。

 菅首相は次の事を理解されるとよい。経済が即幸福ではなく、不景気が即不幸ではない。しかも企業法人の儲けと国民の懐具合は必ずしも比例しない。
つまり初歩的な功利主義から導いた「国民の幸福」への政治上の実践をするには、格差経済をつよめるさらに堅固な新自由主義的な市場放任で足りるとは少しもいいきれないのだ。それそのものは19世紀的な段階にあって最適だったかもだが、現代で即通用するとは考えにくい。

最大の弱点は関西系企業法人格が根からおひとよしであり、一様に量的功利説を信じているとはかぎらないという一点にある。極論すれば、楽になった法人税制での優遇をえてかえって国内景気を致命的に冷やす暴利、つまり過半数の本社の海外移転や資本移動にでても菅直人首相にはなにも責任がとれないし、そうなったら彼自身はヒトラーを全然嘲笑えなくなるだろう。
完全にひえきった景気状態のもとでどの地帯出身者が長者番付けに華々しく登場したかをみれば、私の推察が必ずしも無根拠ではないと実証されよう。関西文化圏ではホームレスを助けるよりも、かれらの目の前で浮華に騒ごうとするほうが普通の心象なのである。

私にいえるのは次のことだ。
『企業性悪説を採用せよ』。そして現状では国民からの支持を官僚からの評価よりも最優先させるべきである。
さもなければ大部分が心情および現に農村出身である日本国の民主主義に農政革命を公約した民主党への信頼は完全に失墜し、二度と政権与党へ復活しえないであろう。おもうに、日本の農民は第一次生産者としてその全国各種の職業人よりも強い、政治生命への生殺与奪権を現にもっている。
茨城県議会議員選や名古屋市長選の結果は、小沢一郎氏の予言が的中したごとく農政側の支持こそその議員の延命には決定的ということであり、なぜならかれらは「土地を出て行く気がなく」、「裏切る余地がなく」、要は「土地権の最大の保持者」なのだから。もしかれらに支持を失えばその土地でのいくらの金持ちだろうと伝統的役職だろうと、必ず仕返しを受けるに違いない。

 企業性悪説は、いおうものなら彼らは暴利にしか関心のない最悪の禽獣類とみなし、国民を養うどころか金を貪り尽くす以外の理由も原因もない俗悪なる害毒主体と仮にみなすことである。
ここから導きうるのは、法人税の徹底的な増強、政府が主体となった希望者全員雇用公団の設立(つくりだした国内および国際奉仕活動への税の再分配)、消費税制面での一般国民への最大限の優遇、そして大学以上の高等教育の徹底した無償化など。
つまるところ市場放任が有効需要の漸次な逓減へは最適であるといった自由主義の原則を仮に捨て、政府を最大の国内企業とみたててしまうべきだ。

これらの一見すると社会民主主義的・社民主義風の政策態度は、にも関わらず財投議決をこえた権益ではないので、もし企業が「内部留保の解放」をめざさなければ国内からは生き残りがきわめて難しくなる環境条件づくりによって、枢要な本部をのぞいての各製造部門は外部注文され、且つより安価になった知的に高度な層(これは後期高等教育の無償の為に最も地産地消しやすい人件費用である)の開発部門における早期雇用の回復をはからざるをえない中で、日本国の将来を先進国の次世代形としてふさわしい選良が育ちやすい適所にかえていく。

そしてこの少々の忠告と真逆の、現行の菅直人首相が行いつつある旧態依然とした大企業優遇と過剰流動式な不安定雇用の量産による総生産向きな経済成長をつづけさせようとするかぎり、私のみる企業法人やその株主の性悪さによって(なぜなら多くの資本は生まれついての商人気質を完全に残存させている関西圏やそれにかぶれた西日本一帯にもずっと集約しているのだから)、国民には絶望と無職状態の延長や派遣偽装抜けの解雇暴増のためテロリズムによる現政権破壊への意志が民間あまねく蔓延するであろう。

2011/02/16

川柳

老人を虐めて威張る首脳なり

2011/02/15

子猫の声

しとしと降る雨音に紛る子猫の声に心配られる冬の真夜中

嘘の公約

ひとたび権力の座に就きたれば信念をみなも捨て去り官僚へ擦り寄る
老賢をしいたげ己は勝ち気なるおろかなる首脳嘘の公約
まずしい国民より省益優先の内閣おおうそばかりでかねを貪る

2011/02/14

茶番

身内虐めで茶番劇マスコミ拗れる内乱政権
経済成長戦とやらで国が護れれば苦労なし

2011/02/13

文脈の定律

批判的文脈を省みれば、世界には唯一の文脈がある丈だろう。全文章には形式か形の差がみられるとして、時間を無化かつ無限化して考えると、言葉の永遠さは唯一の文脈に繋がる他ない。それらの程度は単に批判の度、つまりわかり方に応える。神の定義の様に想像できるごく普き議題へ明白な判りを示すのは斯くの文章が多くの演繹を文脈のかさねの技法ではたしている故。

2011/02/11

検証啓発論

実証科学の精確さは、数値への検証とか特定概念の定義に返るが、決して絶対的とはいいきれないだろう。それらの知識による自然界の把げは、ある知覚基盤の属した場による繰り返しに耐える検証の程。故に実証科学が完き真理を得るのは、比べてしかできない。
 潮流がえがあった時 多くの実証科学主義の者は同じ轍に嵌まった誤り易さに陥るだろう。ある潮流からくる偏見はそれらの勘違いや不確かさを信奉させつくが、「知識への確信も信仰の姿である」或いは単に「科学教信者か」という命題の前ではこれらの既存の精確さへの離反は、より判りのよい立場也と疑えない。科となった潮流ほど、既存の法則信念を固める傾向がある。特に、数学化が進んだ分野、つまり基礎的な分野ほど勘違いは固まり易いらしい。多くの人が証明の導出を省いていく前ではそれらの数理の中に誤りが入り込んでいても、彼らが錯誤を直すより自らの伝統的法則知によりかかり暗箱の検証を怠る危うさがある。
 之らを反省してみれば、暗記による学習はみな科学や単に知ることの本質とは違和する手順であると分かる。科学的とよばれるそれらの営みは、論証過程の十分な理解やくりかえしの検証を通した実験的確認の価値より、遥かに劣る。事実多くの電脳メモリは憶えておくという能力をたやすく代替可。
 したがって、人々が暗記による学習を続ける社会の場では能率や精確な行いへの指針を、検証かしらあかし又は単に「確かめによる学習」のそれに比べて失いがちだろう。実証科学上のいかなる潮流も、かれらが検証を通したくりかえしに耐える確信を作り上げる働きをしか語りえず、又そう語りうる域へしか精しさをみせない。

ねこ

子のなく
まよなかに
にゃーお
にゃーお
あわせてる
なんだ
だれかとおもったらねこだった
おきたら
うらにわで
にゃーお
にゃーお
あわせてる
なんだ
だれかとおもったらねこだった
しずかな
まよなかに
にゃーお
にゃーお
あわせてる
なんだ
だれかとおもったらねこだった

2011/02/10

哲学的実証論の定義

哲学的実証論はなりたつを得る。もし論証界風の解釈学野があるといいはられても、善悪の水準は事実上にしか求められえない。つまり論証界と雖も、実証の推察が経験上たしかめられた実践な掟への議題のみ。
 論証界が二重の論理、論理の入れ子を以て科学の補完となること、つまり科学の用法を論議する体系たるのは、善悪の水準が事実上のよさを工夫するのに役立つが故。論証界はこの他へ実証論を逸れさせえない。

2011/02/08

判りの意図

道徳にいいえることはみな知識の間にある筈。この知識間判断か物分かりが道徳の本質。
 個々の知識にはそれらの間の判断へのきっかけがない。故に論証的な判定により実証できた各認識への注釈がいる。道徳の本質はベーコンの考えた帰納法からはえられない。寧ろそれらの実証知識から導かれうる外部からの判断こそ事の真相。

狂歌

忠勤の老公をけなす奸賊徒かねを貪る発狂内閣
税収をめあてに地方を抑圧し低所得者ふみつぶす佞臣の輪
山口人裏切り裏切り忠孝の若者を排除かねを貪る
野党へと懐柔策をしつつ権力を振るうならわしの先祖儘
勝てば官軍と言いつむさぼる金の山税収内閣ああ浅ましき
国民へ忠義たる小沢氏を除き己の儲ける賊党商人内閣
子供てあてを配らずに配るとほざき当選せり税収懐中国見下す
皇幕へ忠義の志士を殺害し明治簒奪長州土民
西海土民腐るほど税金求めて農村を潰し排ガスまきける
狂人に洗脳されアジアを侵略しいまだに反省できぬか郎党
発狂土民薩長人東京にきてなにをみる不況に増税暴力簒奪
猥褻物頒布の姦淫小説屋この国でユニクロとつるみ何をする
金を儲け土民を見下す菅内閣高速無料化大嘘裏切り
支持率が1%でも辞めぬ発狂守銭奴誰を誘なう悪魔の戦略か

2011/02/07

場所学

場所適応は形質淘ぎをことなる性選択と生存競走の側面から行いつける。ここから導くに、展開は場に特有の形質、さらに単純には型をとぎつづける丈だろう。
 そして夫々の型は生態系内では移し替えられたり敗滅されたりしつつ一定の消化界を築く。

2011/02/06

解釈学批判と正義事実説

解釈論の中に究極の正義はないだろう。かわりに、解釈できる無数の主観がある。事実は解釈より決定的。この理由から、現行の善悪へ法的結論を出す為の弁護制度には情状の余地といったゆとり幅設けへの当て嵌めこそ趨要といえそう。事実への認証が緻密になる事は、多くの場合、解釈への論拠がそうなるよりも正確な義にかなった司法判定ができるのりがある。現代の中でも究極の正義、或いは善は事実上にのみ有り得る。事実外の行いは、みな解釈論やこれまでの法文命題へのとりかたに納まるだろう。そして理想主義か観念論とよばれるプラトニズムの回路は行い、無論言論も含むそれに於いてしか事実上の善悪さがはかれないという現代の命題へは決定的な視座をもちえない。

天皇系エタへの対策法案

穢奴殺処分法の手順書は各戸へ一部ずつ、少なくとも成人後の親世帯へ配られねばならない。そこには
1.淫行勧誘罪人集団である天皇系エタの穢奴の定義
2.奴らの特徴と指名、国民番号
3.姦淫撮影中の現行犯で穢奴を殺処分する際の合理的方法、その後の警察への通報手順
を最低でも冒頭に記し、且つ市井自治の法の範囲でそれらの正当防衛が死刑を先決したものにすぎないと明記せねばならない。同時に、過剰防衛としてとられない為の弁護側の法治整備が必然。

これらの手順書は全国へ配布され、各々の家庭で参照される方がいい。

奴ら公然犯罪者群は東京都をはじめ関西連合域等から大量に発生し、各地で罪業を犯しつつ天皇のてしたという身の上により刑法起訴されない。驚くべきことに奴らエタの通いエタ米をくらう企業法人すら、天皇系の都心にはいくつもいくつもあるのだから。
 我々が犯罪加担者側に入らないためには即刻、穢奴の殺処分方針をあまねく発せねばならず、この現行犯罪者群がいまなお全国や全星に侵入してきている以上、法整備状況は一刻を争う。そして法整備未然に起きた殺処分時には情状及び法解釈の旨にのりとり即刻無罪か最低でも名誉ある懸賞あるいは隠れた報奨金授与を行う法政がのぞましい。

社会生物学

文化素は自体が発生と選択上無意味な文化的浮動素をもつ。癖やそこから生ずる特定の、多くは遺伝されない生態反応はこの例。但し、それらへ向かう遺伝傾向のみが続けて出現する割合が当系統には高い。
 文化的浮動素の重なりが特有の環境条件に置かれると習性として別個の形質へと連なり続いた選好により結晶される。

知識哲学のちなみ

ある民族の立ちが何らかの専門知識を集め易い時その哲学は場所の固有な因果反応によっている筈。ちなみという名詞は彼らが固有の生活体験から、選好みや暮らしの必要の為にいかなる文脈をへているかおしえる。
 ゆえ知識と民族の一員の哲学とは地続き。彼らの知り方は興味や需要により、特有の哲学する者が集めてきた実証知覚の外部化や外聞でしか。科学が普遍語というのは誤りで、知覚基盤どころか民族傾向や人々の文化型へ大幅に依存した代物だろう。科学語か非日常語をつくる作用としての言語の為の言語な数学へさえ好みや達の違いが示される。民族経験とみた文脈の築き上げは自体できえさりはしないだろう。全く無人島の中で無人の内に文脈が消え去るといった特殊事情は、一般ひとはこぶ社会では先ずない。知りえた言葉の粋は何れ社中の共有地となり参照され、消化されゆく。
 知識の道は先導をこえない。彼らの導きが拓いたみちのりを幾らかの人々が辿り出し、また引き返してその場所文明は築かれ、時に潰えるだろう。それらの永続さは知識の多岐か重ね合いの妙による強壮な文化型の定着度へより、普通の生存闘争と趣は特に違わない。そして人類がどの神話を信じているにせよ、自然界は夫々の種への運命の選択を通してより幸運に恵まれて比べて強壮な種を文明間淘汰に於いてえり抜いていく。

2011/02/05

小沢新党の命

現政権は神奈川県知事がのべた様「うそつき詐欺政権」なのがあやまりない。あれだけ高々と掲げた公約を消費税増税をちらつかせつつ破りまくりユニクロによる猥褻物陳列罪の俗悪小説家との協働犯罪への利益誘導など以っての外である。うそつき詐欺政権どころか「猥褻物消費税政権」とよばざるをえない情けないありさま。

 我々は小沢新党による自民党や空中分解した立ち枯れ日本、またみんなの党をまきこんだ俗物政権刷新をのぞむしかない。
我々国民の公平な正義を信託する世論は、防衛階級である政治家の分際で金策に終始する貪り消費税野郎の現政権を一切信用しないであろう。
そして『小沢新党の系統』に託して経済格差拡大社会に蝕まれたこの日本人どもが心身ともに一新されるべく進む。決して金満屋どもの腐った自己享楽への為にいかなる貧者からのしぼりとる消費税増大にも納得しない。
先ず先のある若者らを堕落させアダルトビデオを公然撮りまくり売りまくる俗悪なる江戸の会社、及びその暗躍である現東京都知事の虚構権威を一切の生首ごと完全に撃滅させねばならぬ。現実に奴ら卑しい西海人が政権をもつかぎり20代女性の100人に1人以上がその淫行勧誘罪に犠牲となっている最低最悪の時代が終わることはない。現政権の首を取れ。

 鳩山元首相、麻生元首相、福田元首相、安倍元首相らをまとめあげる影の内閣総理大臣へ小沢氏を推す。どうせ証拠などないマスコミ煽りにすぎぬ嫌疑から抜け出した小沢氏をあらたなかしらとして建て、一切の政商界及び財務官僚との癒着をたちきる方向へと国民正義の舵を切るべきである。

2011/02/04

生物学

社会淘汰の本質と地域な適応は同じ因果をもつ。場所への適性には千差万別といえる、或いは時点に於いての大幅な違いを伴う。之らの違いは社会さが求める特定の形質が何らかの特徴へ集まる事と等しい、その形質は他の地勢ではことなる評価を与えられるものを含み、故に適応が社会さをも形質の型として各々の生態へ絶えず同性間の競い合いや性選択の原理としてとりいれていると分かる。
 群淘汰への非難は、個体が協調して生態行動を築く場合の「間接的選択」の効果をみのがす所から生じている。間接的選択、遠回しのえり抜きは個体へ直接の利がない多くの種内貢献がその血縁者への利潤の再分配となる為に適応となる。
 集団淘汰と群淘汰は、事実上ある。しかしそれらは個性が分業の利益を図り間接的選択の効果を高めてえられるもの。

夕張

言葉ゆく空の上には夕張よ

2011/02/03

君が代

いなかにはヤンキー戯れスラムにはオタク集える君が代に

2011/02/02

夕焼けぞら

陽のくれる山の稜線滲みけり
ことばなく立ちすくむなり夕焼けぞら
音楽を聴けばあと追う烏かな

倭人

倭人は己より理性的な人物を気違い扱いして茶を濁す。
倭人は心底情緒的であり奇形な程感情で動く。
倭人は学歴の擬態へ極度に弱い。
倭人は群れて悪さへ適応する。
倭人は悪さを蓄積した結果粛清される。
友情を裏切った者はそれに裏切りかえされ得る。
倭人は極度に自信がなく衆見に迎合する。
京都倭人は顔を真っ白に塗りたくり公然売春する。
倭人は徹底して奇形である。
倭人はあらゆる地方民を蛮族扱いするが己が最も奇形。
京都系の倭人は極度に性格が悪く心象が歪んでいる。
倭人は衆愚であり金に目がない。
倭人は金の為なら文字通りなんでもする。
倭人は黄色い猿にも劣る数々の生業を金の為に行う。
倭人は孫引きをこえて誰かを褒める事ができない。
倭人のきたる所必ず衰微す。
天皇の都は極度に頽廃す。
天皇へ関わる者は悉く堕落す。
関西人と山口人は悪業で結託し自滅へ邁進する。

サクサク

判りづらい小さなオロロ
されど島唄は風に乗り
よの矛と盾を突き合わす
いまという日もよほどのこと
三味線のまえにねてる
どうしても忘れ得
あるもなしもひとしく
サクサクとサブレ
はとのぽっぽが笑い
泪と共に飛び立った

逆らう者

世界の始まりは少しずつ
世に
朝を訪れさせる。もし
大文字が笑う代わりに
誰もかもがきえさった
ドロンチョ
細粒の暗い暗い
アジェンダがクレーった
ゴロゴロかみなり様じゃ
めいちゃーん
と手品との係わり合いは
とけてしまいましたの
どうしてレレレのイジンへ
サンダル耳をわらわの上
浪間のまぎわでしたわ
しゃっぺりもっぺ
だれたあとで気づいてない
ゆえに答えなされた
神へ逆らう者は皆殺し

箴言

見た目は魂より擬態し易く、感情は知識より擬態し難い。
学歴は地頭より擬態し易く、芸術は経歴より擬態し難い。
学力は道徳より擬態し易く、性格は最も擬態し難い。
宗教心の欠如は全てに於いて救えない。
宗教心の欠落は世代を超え遺伝しがち。
慈悲深さは全てに勝る特質。
慈悲深い信者を攻撃する者は社会から爪弾きにされる。
古今東西宗教者を虐めた者が殺されなかった事はない。
狂信者と救世者の違いは暴力か説得かの紙一重の差。
宗教者が説得されなかった時かれは必ず狂信者である。
異端と本宗には智恵の差しかない。
科学信仰は物質崇拝や物神論に漸近し易い。
真の信仰者の前に万物の差別はない。

京都人は赤の他人へ糞尿を食えと言ってくる。
京都人は心理が極度に醜く、姦淫文書をまきちらす。
江戸人は京都人銘柄に目がない。
京都人はきわめて悪質。
大阪人は信じられないほど下劣に交際しまくる。
大阪人は息つく間もなく罵り合う。
大阪人は醜悪な嫌疑を赤の他人へ平気で与える。
兵庫人は彼らより冷静な者を気狂い扱いしてくる。
ヤマトは姦淫の罪を褒める。
愛媛人は馬鹿正直。
神戸人は知覚が弱く仲間をも謗る。
南日本人は学歴で能力を擬態する。
東京人は学歴差別へ極度に弱い。
京都人は色と金に目がない。
東京人は悪への免疫がない。
天皇は姦淫のある場所へ好き好んでやってくる。
天皇を避ければ救われる。
神奈川人は何事につけ勘違いし易い。
神戸人は東北を蔑視するが己の方が余程醜い。
倭人は酷く矮小で淫乱。
倭人に理性の高い人間はごく希少。
倭人同士は理性的判断を裏切るので必ず自滅していく。
山口人と敵対すると確実に得をする。
神奈川人は惰性。
東京人は知能が低く、善悪を見分けられない。
東京人は大多数の意見に就き、出世を何より優先する。
横浜から来た東京人はたちがわるい事が多い。
神戸人は都会で他人になりすまし散々悪さを働く。
神戸人は犯罪を好み名誉毀損を何とも感じない。
神戸人は酷く口汚い。
関西人と東京人に従う者は地獄に堕ちる傾向がある。
関西人と係わり合いになると穢れる。
東京人は下卑た好色さをうつす。
関西人は糞尿を喰いたいと言って生きている。
京都人は心理状態の逆を口に出す癖がある。
鹿児島人は理屈ができない。
神戸人と組むと足をひっぱられるので二重の苦役を背負う。
神戸人と縁を切る者は幸せ。
神戸人は恩を忘れて蔭から謗る。
神戸人は人前で堂々と裏切る。
関西人は自分より目立つ者を凄まじく卑劣な手段で謗りまくる。

社会淘汰ののり

社会的適者生存と道徳の間には社会淘汰にまつわる同じさがある。最も単純にみれば、社会での生存への競争は道徳を以て闘われる。我々が悪人へ行う仕打ち、善人への褒め称えからはこの闘いが社会の中で競った社会行動のよさを研ぐものと分かる。
 知性が道徳へ与えた影響は、仮にも名誉感情を煽り立てたとはいえ限定的だった。之は知的に優れた人々の中にあっても道徳偏差が明らかにあることで分かる。知性と道徳が矛盾しないのは、主にそれが社会さをもつ行いに示される時だけだろう。いわば社会内でのふるまいが優れた人格の目安になるのは個々の知性によるのではなく、教養の程度による。この為に特定の知識に大幅な優れ方を示す個性が時に社会的非難やなんらかの錯誤により悪用に誘なわれることもある。
 知性が全てに勝る訳ではない。但し、知性は社会性をもつ生態にとって道徳の基礎条件を示す。そして之らの基礎条件の集積が教養としてある主体の社会行動のよさにつながる。

2011/02/01

権威

批判者は誠実な者が多い。
流行から外れた者に恵みあり。
人柄のよさは決して損を買わない。
お人よしは社会的に損して得とれを実践しがち。
悪風を治す習慣づけは早い程よい。
冤罪はそう裁いた側にもはねかえる。
暴力の教えは子供を反抗的に育て上げる。
説諭は賢い子供へ強い印象を残す。
生徒への慈しみは恩返しを受ける。
善良な市民が少ない程商才が栄える。
天才の適所には極めて強い誘因がある。
商業都市が栄え続けた試しはない。
学術都市には威風が続く。
遷都は一族を損なう。
先生の人柄は地域を象徴していがち。
女性が優しい時その地域の男性は恐るべき事が多い。
女性が素っ気ない時その地域の男性は競合力が弱い。
女性が冷たい時その地域の男性は狡い。
智恵ある人種の女は尚更。
知識は学習者が減ると流出し易い。
寛大な女性は貞節な事が多い。
嫉妬深い女性は放埒な事が多い。
擬似科学や誤った知識は権威によって反証されない。
多くの儀礼風習は迷信の洗練。
智恵が最も精確に世襲し易い。
器用さは器量に繋がる。
風習は土地の人間性を象徴する。
補佐する者は主導者より先ず賢い。
目立たない種に進化あり。
発明は偶然を好む。
芸術の才は血統内で完全に失われる事がない。
芸術の質は形質の象徴。
発見は余裕を好む。
趣味の合い方は夫婦仲の原理。
童謡は忘れられない。
童謡を創る男性は子煩悩が多い。
語学が民族性をうつす。
複雑な言語体系が生き残る。
美女は貞節さと反比例する確率が高い。
美男は理性が比較的弱い。
肉体崇拝は堕落と結ぶ。
心のよさは擬態しづらい。
本能に近づく程本性が暴かれる。
本性は血統により驚く程違う。
自尊心のない女性は救われえない。
古代人の中傷が未来人の復讐になる。
風説は事実無根な程寿命が短い。
偉人の噂は偉大な事が多い。
全ての業が平等から物事をずらし続ける。
待つ者は買い逃しがない。
傑作は当時の人気がない。
美人の妻を求める者は醜女を与えられる。
美男子の夫を求める者は先ず結婚できない。
美醜は現世にしかない。
美女の多い場所に必ず頽廃あり。
雄性気質は征服者の徳。
帝国の素に最大の雄性気質あり。
敗残者へ勝ち誇る者は貶められる。
少額の寄附は最多の慈善。
社交下手に才能あり。
学者の孫に学者あり。
交際広さは見る目のなさ。
友達多さは節操なさ。
数学者に庇護者あり。
純粋農民は政治下手。
商才は財政に通用しがたい。
善政の下に財源なし。
同業組合内に政治の天才あり。
技術者の血統内に科学者の種あり。
失敗し易い者は大成も之易い。
教育者は自己啓発が苦手な事が多い。
子供の気質は大人の反映。
環境が気質を研ぐ。
大哲学者は大知識人を兼ねがち。
複雑な進路は複雑な人格を造る。
子供を謗る者は倍以上に謗られるだろう。
名門名家名士名婦に大いなる教養あり。
侵略での勝利は名誉ある敗北より不徳。
熱帯に婦道なし。
流刑地に同業。
島国に奇種。
少年時代と老年時代に化けの皮はない。
幼年と晩年に根が顕れる。
淘汰は殲滅より合理的。
迫害は死刑より合理。
恐怖感は暴力より印象で深まる。
神は信仰に宿る。
歴史を知る者は異民族を差別しないだろう。
皮肉は虚偽を斬る。
学歴を誇示する者は学者に擬態している。
知識は遺伝しない。
偏差値は学習量に必ずしも比例しない。
偏差値は必ずしも大学者の指標ではない。
大学者の種は学歴を気にさえしないだろう。
凡人は学歴を手段と信じている。
学問の才能はその知識欲にある。
真の知識は学歴に宿る事が殆どない。
学歴は模倣量に比例する。
哲学は決して地頭を欺かない。
自称科学者は単なる模倣者な事が殆ど。
数理型の感覚よさは芸術の才と比例している。
取るに足らない知識のよせあつめは人を驚かせない。
専門家の唸る知識は一般人が呆れ返る程単純。
真の知識はどこかで記憶していた感覚がするもの。
希少な知識は煩雑なそれより貴い。
小さな子供の厭う学野は傍流な事が多い。
学ぶ必要が多い社会程そこの少年は大人しい。
文明化された社会な丈子供は学問を好むだろう。
学歴の高い行政人は信用が置けない。
秀才は天才の呼び水。
極度に我慢強い者しか抜群の成果を挙げない。
学問はそれを極めて好む者しか飛び抜けない。
理由なき大学者なし。
雑種に選良なし。
愚民に来世なし。
亜種に生存者なし。
異種間に共有地なし。
哲学の違いは種の違い。
幸福にたちあり。
学業を誇る知識人は二流。
学歴を誇る知識人は三流。
真理を誇る知識人は一流。
無知の程を誇る知識人は先ず超一流。
四大卒を誇る知識人は論外。
数学に真理はなく技巧のみ。
学園創設者は専門な学者に劣る。
教育したがる者は研究に劣る。
真理は人種をつくりかえる。
比類が多い程その才能は卑小。
努力と才能は同じ習性のいいかえ。
道徳性は必ずしも加齢に正比例しない。