2009/10/31

掃除

秋くれば掃除をするかなこがらし
涼しきとおもえば長袖要るいとま
ひた/\と叩くはだえはこごゑなり
安物のコマーシャルすら衣更え
往くべきかいかざるべきか秋の京

一律保障論について

小人間居して不善を為すという『大学』第二章のせりふがある。この裏は君子は間居して不善を為さない、又は善行をなすということだ。もし崇敬すべき古典原理主義者に畏れ多くもこの聖の諺を現代風にかみ砕いて解釈すると、「少なくとも知識人なら暇を有為に使える」と凝った意訳で言い換えれるかもしれない。
 そして一律生活保障金構想という穏やかならぬ商人蔑視潮流の痛み分けを声高に叫ぶおかしな浅慮は共産思想のいいかえにすぎず、仮に幾らかの賢明きわまる資本主義道の後退や変節と共にこのおかしな施策が行われれば当然、悪徳の増長と必要悪とよばれて陸でもない人々から正当化されているが全く不必要で害のある商品への需要増大がみこめる。
 ヒマを持て余しそうになった船員へ碇を磨かせた船長は人間性というものの体得者だったと言える。仮に働かざる者へでも助けの手をさしのべようとするまで有り余る財産がある大富豪政府国家なら、先ず『大学』の費用を免除した方がいい。

2009/10/30

成人年齢奉冠論

民意にあからさまに逆らってでも成人年齢をひきさげてしまおうとする政府のかくしもった意図は、それによって無理にでも若年層の貧困な現状をひきのばしながら派遣労働者などの労働権内弱者を殖やそうという貪欲にある。さもなくば先ず成人が適した職場を捜すのすら難しい社会の高齢化及び老人支配の既得権益の調整措置を講ずる筈であり、上意下達の笠をかぶって教育費にすら欠く社会の不良数を増長させたがるその悪徳の中身は、今よりさらに己どもの利権を延長させようとする欧米文脈の悪用なのである。もし胃袋をみたすため若々しい国民の奴隷化をみちびこうとするのなら、その法制を全国単位ではなくて、自らの害他な家がおのれの歪んだ理想として掲げたがる地域の都道府県単位で、堂々と成年時期をひきさげるがいい。
 法制審議委員会のなかに属した悪人の実名や出自がはっきり出、商売柄がはっきり試される地方自治体ごとのありうべき恣意或いは公民度の法的保証の可能な場合で政商癒着擁護論たる弱冠引き下げをすれば、結果的にはslum形成を通した反面教育というもっとも公共に有益な実行力がその自己矛盾の業によって十分証明されうるのだから。

かえるの歌

儲からないから辞めてしまえと言った
そしてひきガエルの子が游んでいた緑一面の田ん圃は
あっという間にひろすぎる郊外型店舗になった
自動車の排ガスで息をつくひまもない稲よ
別に望んでもない
死んでいく自然の声なんかだれも聞こうとはしないもの
幼稚園児がたんぽぽの咲くあぜみちを仲良く歩いてた
その光景はコンクリートの広告で囲まれてしまった
大人になるってことなんですとまだ若い支店長は言う
客より店長のほうが偉いですそう習いましたし
テレビの中の大都会から湧く見たことある様な無い様な芸能人が
着飾った豪華ぶった衣裳で青少年をどんどん誘惑します
金が回れば死人が増える
売りまくれと上司がいうアメリカだって
どこだってやっているうちだけ損しちゃ損やから売り捌きまくれや
私はそのうるさいひとこえで潰れた犠牲者の
墓場の前であのかえるたちの歌をうたいあげよう
もしそれを聞くのがいつかのこころやすらかな詩人と
僕の目の前で遊ぶすなおな幼稚園児たちだけでも

2009/10/29

侵略犯

アマゾンの木々を切り倒し網記を悪者仕立てにする日本人権益
ひっそりと情報ぬすみつテレビではしらをきり通す自称タレント哉
失業者搾取で侵略犯薩長系大奥ドラマをうりさばくNHK大儲け

記号論理学

次の記号はどれも普遍性が高いので、論理式の推論過程を厳密に且つ省略して表記するに推して有用。漢字と英語も代表的訓と共に並列表記しておく。

∀ すべての 全 all
∃ ある、とある 或 a
∽ いくつかの 幾 some
⇔ おなじ 同 same
←→ ちがう 違 differ
… かな、かも 哉 may
‥ たとえば 例 example
⇒ すなわち、つまり 即 namely
~ おして、のだろう 推 would
* かならず 必 must
∧∧ ともに 共 both
∨∨ みなは、どちらか 皆 each

そして、是非且又(→¬∧∨)という基本記号を含むこれらの間にはつぎの様な対称関係がある。
→←→¬ 是はと非ずは違う
∧←→∨ 且つと又はとは違う
∀←→∃ 全ては或るとは違う
∽←→⇔ 幾つかのと同じは違う
(←→)←→… 違うと哉なは違う
‥←→⇒ 例えばと即ちは違う
~←→* 推してと必ずは違う
∧∧←→∨∨ 共にと皆はとは違う

2009/10/28

図書電子化の公益

日本人社会の高齢化及びベンチャー起業への恐縮ムードは経営主体を果敢な進取から遠ざける誘因となっており、下記の行為はおおよそ上意下達式にならざるをえないかもしれないが、各種の公共私立をとわない図書館がその少なくとも著作権の切れた書籍を電子ペーパー化する作業はきわめて公益性が高く、もし急進展に行なってもほとんど害がない。ばかりか、特に昔日の書籍を電子化することは保存の観点からきわめて有利であり、もしこの作業の福祉が一般認知されるまでとなればいわゆる本の形態を無駄遣いするなかで伐採やパルプ製法のうちに排出するCO2量を削減する効果がある。既存の出版社が最終的には必ず書物の電子化に追随せざるをえないことを悟れば、いまは不便なパソコン経由でしかアクセスできないインターネット閲覧に適度な電子書物状の端末が、またそれに併せて既得作家業態のデジタル化が訪れる。

自由恋愛の今日的根拠

自由恋愛と呼ばれているシステムの利点は、それが先得的知能の度合いに準じた速度で数量的にはいわばピラミッド型の社会構成員数を夫々得せしめるところにある。哺乳類としての人類の発情期の遠近は、結局その生まれ持たされた知能が、いいかえれば大脳がどの程度並の類人猿から引き離された発達を自然とするかにほぼ等しい。
 そして数々の抑圧の、又は逆の助長のシステムによってこの動物としての発情の速度を調整しない侭にしておくことの利潤は、常にそれらが不可避に用いる不自然な社会的地位の損失を上回るのだろう。だから自由恋愛と呼ばれる、社会環境の中であたかも犬畜生を放し飼いにしておく様な独特の寛容思想は、もし社会そのものが富士の法則という最も基本となりうる労働力種別順の数比を合理也と認めるつもりならご尤もなのだ。
 晩生の形質だけが人類のつくりだした数々の文化要素の後天的習得のゆえに、更に価値の高い文化を継ぎ足す能力を獲得するとしたところで、社会が完全な工学的段階を達したかなり遠い将来を予測できない丈その地域の生業が土着的なら、この郷原の数量的統計を発情への寛大の原則で産業の許す最も低廉で済む社会保障費によって賄うことは是政の福祉感覚にとってごく利口なのである。もし胎生や成長の初期に置かれた条件がその集合発生にとって共通感覚の因果だとしても、郷原層を部落的に大幅には隔離させずにそのみせしめとしての地位を堂々得せしめること、つまり不良の実証は人類という脱哺乳類的中途を経過しつつある多少なりとも安定した遺伝集合の公徳啓蒙へ値するのだ。

 仮に各種の迷惑料を囲い込みで省略しようと試みる一族が現れ、この生態を郷原層とは違う条件で育てようとしたとする。多くの場合は私立学校の中で善良な子女をできるだけ有利な知的動機づけが可能な無垢にした世界を構想したとする。だがこの知識層が現実に、郷原層の持っている生態を目の当たりにした経験が全くない再生産率を達したとすると、我々は人間の奴隷視に一役買う事にもなるだろう。なぜなら彼らは彼らの選良意識かそれとは意識しない過度の気品の為に、この殆ど土人の如き生態と言動を日常とする郷原を同類視しようとすればするほど彼らは自らの常識が通じない相手を却って遠避けるしかなくなる。
『徒然草』に、僧侶がお供に連れた荒くれ者の郷原からなんの他意もないのに機嫌を損ねて斬られる説話がある。この実例かとおぼわしき経験談はいわゆる社会格差というものが、その少なくとも競走開始の初期段階で対話または観察の理解によって、各々の生態地位乃至能力を応酬の海によって寛容するより以外の納得のさせ方がない証拠だ。もし京育ちの甘い僧侶が子供の遊びというまだ致命傷につながる怖れの比較的少ない条件で、不良の実情を生々しい悪業の凡例によって適度な以上にいやがおうにも理解していれば、のちの悲劇は注意深い人物批評眼で避けられた筈である。

 今日の成育条件の中で自由恋愛といわれる発情期への未規制が有用であると目されるのはこれら、社会格差応酬制度への遠慮に原因が求まる。有徳な両親が悪習や過剰再生産率の増長をおそれて郷原層との隔離を急ぐよりは、実際には、理想的家庭という安全基地をある程度は複雑でよかれあしかれ多様な社会条件の内にしっかり確立しておく方が、生態理解込みの侮蔑感情の穏やかな形成という郷原層活用の最たる反面教育上の利益が大きいと思うのである。啓蒙思想が差別思想よりも少なくとも人間的であると認める者は、以上の理由を便宜上真なりと考えるであろう。

2009/10/27

繁栄

経済的繁栄バンザイと経団連がほざいた。
へぇと僕は思う。そんなもんなの、人生。いいんじゃないのアメリカン。
そしてそのハゲが映り込んだテレビをバットで叩き割る。ブラウン管ってそういうことなんでしょ
大事にしてきたMDがどれもこれもダメにされた。だがSONYは責任感なさ気。
お前の金なのか俺の物が。そして僕は新しいはずのネットワークウォークマンをトイレに落とした。
あまりに小さすぎるし、曲が出し入れしづらい。
そういうことなんでしょ? 経済的繁栄って。買って下さい、とは言わない隠しタイマーが今かいまかと没落を望んでいる。
庶民から金を絞りあげ陛下のあしもとに平伏す。
そういうことだったんだ、ふぅん。
あれだけ必死だった小説家が、簡単に名誉の前に膝間即くのを全国民が笑う。
ぎゃははそういうことだったんだ、人生。勝てば官軍、小御所会議。だれも見ちゃいないって。
カミサマは目の前にいる。それさえ敬っておけば
僕はそんな邪悪なクニの王様が、アメリカに殺されなかった幸運を祝う日々に生まれた。
幸運?
自業自得だろ? 媚びへつらう追従者どもを身につけ、本当の実力者を排斥した公家のあやまった勘定がそこへ君を導いただけ。当然の結果に驚いてどうする?
僕はもうあなた如きをカミサマだとは考えなくなった。
なにもできず、ただもろ手をあげて贅沢を尽くし、ほかの時間は暇つぶしに費やす名目の貴族。
僕はあらゆる手管をつくして人を見下す権威を望んだその一族が、決して幸福ではないことを知った。
いつもびくびくし、真実を見抜かれ殺されるのを怖れながら、本当は交尾のことしか頭にない地上の王様。
経団連が言う様に、君が代を歌い、経済的繁栄を謳歌するんだ。
それで幸せに成れる。立派な伝統宮殿から気が狂った民衆のお祭り騒ぎから金をまきあげるだけでいい。
だから僕らは、小中学校でくりかえしくりかえし、気違いじみた国粋教師に殴られ、厭味を言われ、精神的虐待を受けねばならない。それがこのクニの道理なのだ。
どうして社会を愛せるか不思議でならない。畜生の戯れる乱れた地獄を。

2009/10/26

短さ

音もなく降りしきる雨
唯ひたすら世におりつ
生き残る者へ道を
知らせ給ゐぬ
秋の短さ音もなく事ずれの跡を枯れ葉に代えぬ
唯ひたすらに世の理を問ひし者へ
いたずらに聞こゆる葉のざわめきはその侭で
みやまのからす共へ寝床ごと音に楽しみを置き棄て賜る
ひたすらにかしこき闇よ
海鳴りの夜ひとひらの燈し火を掲げせしまに
吹き消した月あかりはしらず
町へしずやかな繕いを施せしとはにや

2009/10/25

京都学派の修整的再解釈

理性と知性の分離はカント哲学の最も主要な達成であり、前者を実践理性、後者を純粋理性と同じ理由の名で呼んではいたが、より平明な表記に於ける理と知の差は、それが形而上学か後自然学というアリストテレス的伝統の学問体系の凡例(乃ち範畴論)の中でニュートン力学の樹立と共に当時めざましく展開しつつあった自然科学の領域とは異なる理由づけの領域を確保しようとしたカント個人の定義だと云える。そしてこの定義を否定した明白な論説の個性は見当たらない。理性と知性の分岐は正当なカテゴリーだと現代では考えられている。
 しかし次の事は理解しておくに足る。理性の実質的内容物とは、その個性が有した経験則を含める知識の総量なのである。もし社会学あるいは社会の学という後起の科学を自然学あるいは自然についての知識の一分野として認めるなら、結局、理性というカント的定義が本当に指し示している中味とは総合的知識量のことなのである。そして一般の概念に直すと、これは教養のことだ。つまり、哲学という諸般科学探究への動機づけの名義が用いる結果は自由教養または一般教養という古代奴隷制下のギリシア自由市民が愛好や何れ愛惜したその参照物と重なる。だから一見するとカント的な理知定義には批判の余地がない様に見えるが、彼による三批判書以前のこの様な初歩的な源流域に遡ると、殆ど素朴なまでの認識界に於ける知覚にとって理性と知性とはまったく一致しているのであって、自然科学と社会科学との分類が常識化しだした近代の能率優先な蛸壷分業制学園思想がそれらの分裂を、いうなれば諸国民の富への急ぎ足の野心から謀ったのだ。西田哲学に於ける純粋経験への感情論的批判としての三木哲学に於ける構想力概念とは、カント語彙の借用によっているので洋の東西に共通の文脈下にはない。つまりカント的構想力は上述の知性(慣習訳語では悟性)と判断力という概念を中間項として繋ぐ為に導入されているが、三木のそれは西田哲学が開拓しておいた主客未分の強すぎる厳格性をただただ理知(ロゴス)の統一に片寄った論だとして情緒(パトス)の側から再統一を試みたものである。
 もし西欧大陸に於ける思想潮流とブリテン島に於ける一歩の速度差とが理性と知性を大きく分割させた西洋風近代化だけの特殊事情なら、多くの途上国か後進国ではわが国が短期間に急激な勢いで経験した複合性をまた、それぞれの近代化経験の中で必要か最低限重要とするだろう。
 よって、私は三木哲学の主要概念である構想力とカント哲学のそれとを明白に峻別しておくことは、その文脈の輸出や摘出にとっても相応の功績があると思う。いいかえれば、日本語の中での語感や漢字表意適性から三木に於けるイマジネーション概念を想像力或いは単に想像と再解釈しなおしてカント哲学に於ける構想力の概念とは別に保って措く事が、私達人類精神の知識の内で将来の教育的規律、つまり全認識の分析と総合の効用を高めるに違いない。想像と構想の違いはこれらの文化史的定義の為により精確とされ、結果、単なる理知の統一としての構想力と、更なるその上に情緒もしくは感情との統一を果たした概念としての想像力、とは我々の社会哲学の中で等価に且つ別々に用いられ得るだろう。
 世事へ最も疎いほど道家に親しんだ諦念の人はこの意義を殆ど断章取義の虫ピン作業にしか価値判断しないのだろうと、慧眼の教えが千里の道への一歩から出発し得ると十知できるほど生来学問好きなら、なぜこの小論の趣意者が一文字の違いをわざわざ長たらしい理由づけで満たしたかも予測できるかも解らない。それは近代化潮流を接ぎ木した跡を内発的それと遜色なく成長させきる為の一節なので。

政商癒着

マオイスト経団連全国一律TOYOTA分社化で派遣斬り
系列バラマキ多国際勝ち組企業ひとりがち
原口相導醜制論に小突かれ日本全国TOYOTA化計画
紋切り型計画経済ミニチュア中国統制経済
弱体農村の一律壊滅マオイストMr. オクダ
車だらけのクニジャポン豪農潰滅
消費税は統制経済覇権への先手打った還元財
斜陽国家へ誘導トヨタ自動車の城下島ジャパン
政商癒着の薩長土肥が関西系経団連と驕る国

2009/10/24

趣味的修繕観

社会正義への道徳監督役である評論家の生業とは美徳養生への最低限度のきっかけであり、それは選良化の中で静かに奇跡的形質の開花が偶有の機会を通じて咲き誇りだすのを待ち続ける忍耐強い育種家の仕事と似ている。
 岡倉天心の論説による互譲の精神とやらは、我々の全才能を超えている自然の圧倒的創造力への敬意でありその驚嘆すべき繊細で複雑な仕組みへの利用価値および巨視か微視かに関わらない審美的格式の尊重と、加えて人為になしうる再創造への逆算なのだろう。これを解りやすく紐解けば、創作者の設計意図への謙譲、つまり修繕観こそが理想の趣味論の実質であり、本来の芸術についての感性が才能を遺憾無く発揮できる分野、いいかえると心情の純真、心の良さの実務領域である。詩才が生じる所には同様の観測事実がある。つまり凡庸の他者には見及び難い微妙な不調和への気づきと再修整の欲求が、言葉による利い注意力の喚起を要する。だから詩才あるいは感性の鋭さとは心理の繊細さと一体不可分の相対をなす。

分析哲学の意味について

日本語のなかで意味という語のいま占めている位置は決して高くなく、それはおよそmeansの訳として定着しだした半翻訳語に近しいが、語学の内で研究家の占める割合を込めて分析哲学の方法を定義にまつわる解釈論としてここへ適用すると、意味の内にはの、あるいはおもいあじわいの分断があると読み込むことはできる。さて一般に、哲学という営みの意義は科学者や知識人からは近現代の開発功績の少なさから疑い深い目でみられる。その学野としての重要性も次第に伝統芸能的な、時代遅れの古代の風儀としてしか顧みられる機会も減っている地域なり郷国もある。また道徳というその成果物の、効果の及ぶ遅ればせながらの時差的性質からこういう謗りはある程度やむを得ない。且つダーウィニズムを社会進化論へと応用したスペンサー理論を完全にのりこえる弁証法的手順を踏んだ批判たる社会哲学的反駁の焦点が絞り込まれて、社会思想内権威への劣勢を挽回しない限り、一貫した古代からの道徳論のいう弱きを助く正義というものが社会科学知識としての地政学的策謀のなりふり構わぬ採用よりも、再び高い地位を宛がわれる見込みとて考えにくい。だが同時に、経済活動の組織内規律づけへの援用に集中しがちなのだが、その手段としての意義は決してなおざりにされてはいない。かなり多重化した仁の規則、いいかえると二者以上の間の社会的慣習を複雑に合理化した倫理規律はもしそれが道具的知性か実用化された合理性を和らげるための緩衝材に使われるなら、おもとして言語の単位あたりの伝達内容に、完全に十分な分析哲学的でない語種と違うだけの意味、非対象語彙か若しくは純形式や半形式的分解語の重畳を可能とする。つまりもし道徳なる名で呼ばれている、集団が共有できる群生の効率的合理性のルールを集積するつもりならそこでは単なる理性の領分で、自然学の態度とは相異なる後学の為に定義の範畴を整理する事が大変能あるといえる。
 人類という生態が集団行動の幅をもつ理由は、この共有できた道徳観という言語的重畳性への一連の特殊さに依る、従って、道徳観なる不文律込みの文化素をあまり共通の認識でみたせない集団との迅速な協力行動には度々差し障りが多いし、究極では不可能か反乱に至る。現生人類が掻き集めることに成功した科学知識の惨めな程の情報量からいまだそれを反省的に総合する哲学万能論に陥るつもりなら時期尚早でしかないし、現実は知識の道具的価値が実用主義のうえで確かに調律されつつあるのだが、かりにフィロソフィの一訳語としての智恵という単語を慣用に当て填めてとものめぐみと読み下すなら、この漢語圏によく通る名詞が意味する所はまさしく協力的精神の本質なのである。だから西欧圏では功利主義の系譜ある、冷たい経済学傾向あるイングランド学派の純系を除いてかなりの支配力をもっている分析哲学という現代の脱構造主義以来の思想潮流の本支は、その原点に於いて詞なる単位がもつ意と味の関係への単位伝達能力に関する議論であるということなのだし、更々その帰結は知識によって得られた普遍性の高い意いについての味わいのゆたかさへ向けた変換慣習を組み替える方法の、比較文化内的考察だと考えるのが順当だ。ここで比較文化内的という連鎖した詞の意図している内容の訳は、現実には分析哲学の結果は翻訳能率の問題へと還元されるからなのであり、もしもその裏であるただの単一文化外的それ、乃ち鎖国的輸出限定思想への定義で済むなら語儀分析論という生業は文学と呼ばれているたちの、有り体の文言でさえも充分だろう。なぜなら解釈界の肥沃さではなく系内秩序のみを理由とした論説や随想はすべて本質に関しては既得知識の羅列に留まるのだろうし(客体的脱構築を除く。つまり科学書の単一母語系列あるいは教科書という目的観)、かつ近代日本語のなかで文学という出自の複雑な半学半術の用語が例文づけるその定義は、漢文訓読を裏から貫いている母系の底流をおしつける魅力で説明できるのだから。
 もし英米圏(正確なこの両者には独自の自由主義内変説の違いがあるが)での哲学の弱体化が理由づけられるなら訓読の魅了がその詩歌や会話調には文化内交易の手段として介在していないか、とてもしづらいからで、要するには征服か包容の土壌がなければ分析哲学によって言文間解釈界という豊饒な文語の世界を理性的領域へ営々と築き上げる定義者の道徳意志には、趣味の如何を語内で問う動機づけ迄とやらはまるでもしくはやがて存在しないのである。表音や表意ではなく表形の語学がありうる文化圏というのは書道やカリグラフィの文芸がはぐくまれうる基礎でもある。この幅や深みはどうしてある地方では文彩が多様に及び他方ではそうではないかを教える。それは構文の複合性が文士の知的修練に依存している以上、高い教養が定型語形の成熟には地政条件だからだ。絵画や音符と文字の制作可塑性の違いは文章制作に要求されてくる非感覚的な幾何哲学の教育か知識量に地域間か民族間偏差値があることの主要ではある一原因である。ところでよく知られた諺に、年長者と年少者がともに遊んでいた際に保護者によって彼らに掛けられる事の多い負けるが勝ちという逆説じみた対偶の数理様の教えがある。後輩は自制心や克己の達成にも自然遅れてきそうな訳合いから勝負事に遊びのルールを忘れて没頭し、つとに負けるのを嫌って劣等感の裏返しも手伝い強情を張りつづける傾向のあるものだ。当然強い立場にある主な年長者へこの際限ないしっぺ返しループの競争的負債増大を諌める本来の忠告を超えて、道理の面から特有の板挟みの事象を観察すれば、謙譲の道徳的深意とは実はそれによって相手の現に保有している道具立てを一旦開示させ、身の安全を先手を打った講和策で取り澄ましながら未詳文化の習得や奪還を拱くが為である。まず道を譲る方が観察入りの経験則面では数々の先例を集め易い。この手順がまるで無益なときは、換言すると率直の術数上最良なのは、実に手のうちを知り尽くしている身内に対してこそとなる。
 ゆえ美徳という極東系の称号を超えて、少なくとも英米圏と西洋圏ではどちらがこの民族間深慮の意図に適うかを問うのなら相対的には人という人なら概そ容易に推定されえてしまうだろう。更にその各国中にでも、夫々礼儀の厳しさがその侭ほぼ環境条件も地政条件も含む道徳観の涵養平均度の変移なのを見渡せるだろう。最終的勝利という有終の美の合目的性を、人類学といまは呼ばれている社会性をもった生物学内政治的配慮寄り分業制へ託つけて予測するなら、あなたは謙譲語こそ本来の意図たる礼節の尊重を超えて、つとめて保全と建設とを強固に基盤づけるべき最も優れた解釈界であると認識するにいたるだろう。そしてその智恵のありかはできる限り多くの文化系統を、とりかえがたい優秀さの許すまで繰り入れようとする甚だしい理想的試合計画への深謀遠慮窮まる打つ先手に求まる。文化間連鎖が途切れ易い神経シナプス間隙の様な一時的通り道か吊橋であると悟れば悟るほど、全勝や逃走への単純素朴な意図を包み込みつつ、勝敗後の関係設計に巧妙至極な算段がより偉大な文明への布石には前提条件となると分かる様になる。そして西洋での分析哲学下のソシュールによる成果解体以来の語学的側面とは脱構造主義的考察の部分集合であり、全体像としての地球星内哲学の潮流は実際には批評の領域や範畴を野生の構造と関連づけながら拡大しようとする口語中心の表音文化への疑義、より過ぎはしない。それは普遍設計にとっては西欧側による布石の一手でしかないからだし、全く以て他の地域での課題とは類を異にしている。だから夏目漱石の考えた如く西洋文化中心主義は覇権思想の近代版でしかなく文明化の結論ではないし、いわんや現代風改変プラグマティズムに基づいた資本民主主義の単独勝利とやらの論拠、後退した西欧圏での混乱した言語学分類の遅れた使い勝手への裏付けではないと言える。要するにのち使い古される事も予想できる文化間多元思想か多声思想は、より複合型の度合いを強める異文明雑食界隈に則った次進歩段階への少々混雑しだしたがなお新しい地平線なのである。美徳とは計算高い礼儀作法。手段兼尊重を基礎とした当人格主義内社会では殆ど最もよいたちの常識が高貴な試合の、必ずしも連戦連勝をのみ意味しない勝負強さの競技規則と一致する。フェアプレイの精神、礼儀正しさは友情を勝敗とは決然と分かつもののふなる美徳によってのみより強くはっきりと見い出せる。そしてこれは騎士道と武士道とを道徳的共通観で暗黙に結び付けている洋の東西を問わない倫理の帯である。但し、聖戦思想を至上命令とみなす中洋諸士にとっては保証の限りでない。
 つまるところ、社会秩序の内に計画された道徳法則の発見である意味を考えるということは、生まれ育ちきた文化の出来栄えを総合的な知識量の秤にかけることに等しい。結局、徹底的に意味深い究極の趣味の完成とはその生育のよさを美徳で満たすことの名義である。当然、他者の利点と欠点を批判的に、比較検討して打ち捨てつつ習い覚えようとする哲学の程度はこの完成度に裏打ちされる性格というものの焦点を意味している。これがどうしてmeansが智恵の道を通ってのみ修養されうるかの理由である。謙譲されざる勝負強さがありえない様に、郷士単独では単なる自然知識を越えたいわくは存在できず、する必要もない。
 故に、意味を悟る者だけが、しがらみに囲われた社会という一筋縄では行き様が無い多数決を正統視したがる猿蟹合戦式でたえなるいがみ合いの場所でであっても誰もに納得くらいならされる公平な手順をも践むことができ、また時期如何に拘わらず神ながらの計画の連鎖を辿って目的の達成をいずれ決定的とするのだろう。そしてこの最もよく知られた一般方法は既に得られた知識の定義をそれ以上は理論上詳細化できないほど綿密に考え直すこと、英語ではreasoning、相当広く通用する日本語に直せば道理を弁えること乃至は弁理だろう。分析哲学の実質可能性の極北はこの弁理能の開発にあるのだ。それを法解釈に適用することは寧ろ哲学流路の支流又は応用編であり、只の純粋な解釈界整理及び積算よりは優先順位は低いと云えるだろう。人生経験を上手くやってのけるに唯単に自然科学的でありさえすればよい、とする現代風の軽快か軽率な考え方は個人主義的進歩観が最初に芽生えた英米圏発のあけすけな社会正義にとってまったくの基調だが、この無闇に利口ぶった不躾な性格というのは世代間および異文化接触を乗り切った多元的経験則からの意味深な某謙譲道徳なる文体論か様式論の修養不足によって、多かれ少なかれ止まざる協力が為には余りに先んじた個性派への恵まれざる多数派に端を発したいわゆる嫉妬羨望の罠が待ち構えていると想わねばならない。この心配点の正鵠を射る認識は分析哲学の限界である不完全性定理の数理的基礎を超えて、もし極東のオリエンタリズムに依拠した受動の論理だと揶踰されながらでも国際間倫理哲学復権の核心として、外交上で今後とも重用性を益々重ねて行く筈だ。

朝起きると、お下劣なお笑い芸人が勝ち組だ、勝ち組だとテレビで吠えまくる。福祉よ福祉よと意味もしらんくせほざく女だてらの馬鹿がその下賎な子供を殖やしまくる気だって。子育てって、動物園ではタダだって。太宰治万歳! 大東亜万歳大阪人万歳! 品性下劣下等人種大阪人万歳!
 で? と僕はおもう。だから? 生きててなにがたのしいの? ビオラでも宮廷で弾いてりゃすべてが解決しますか? 僕はたった独り、世界の隅で、今にも落ちそうな崖っぷちの端っこで着のみ着のまま、君らが汚い金儲けと下卑た繁殖劇場に励むのを見た。君ら俗物が、人間は最高だ、楽しんだもんがちやとほざくのを冷めた目でみつめる。
 多摩川でホームレスが見る夕日でさえもお前らの目に見えないのか? クリスマスのバカップルが、映画館でハリウッドばりの演出に泣けましたよぉと言う。悪人仕立てたイスラム教徒を殺しまくる会社に泣ける泣けると言う。
 人間はたのしい? 永遠のくりかえし。神道万歳! 神道万歳! 芸者ジャップの犯罪天国。自由だ、自由だとヤクザが言う。なにせ世界一ど偉い万物の聖霊ジャパニーズテンノー殿のご命令であーる。福祉だ、子供なら誰でもいい。なら豚を飼うがいい。
 
 そして血みどろの首をちょん斬り、毎朝の食卓でベーコンに据えよ。僕は貴様らの繁殖劇場などには一銭の価値も認めないが、殺して喰らうくらいならそれで十分だ。殖えるしか能のない豚どもよ、食物連鎖の末に炙肉祭のにえとして因果応報の理を知るがいい。そして高い知性の栄養価となれ。僕は朝食を終えると、その皿を洗った。

美徳の批評

私は脱構造主義の意味を適宜踏まえて、正義のみならず美徳は脱構築不能であると考える。その理由は、おそらく趣味の道理というものが我々には未だ十分には開示されていない普遍的で厳密な規則、言いかえればまなばれるべき宇宙性あるいは秩序を数え切れないほど隠し持っているからなのだろう。自然現象の後学としての形而上学、アリストテレス以来の哲学的伝統を最も理に適った手順で実践的社会生活と結ぶには芸術への注意深い批評というものが、意味の積算によって文化の様々に異なる地域毎に営まれる自由が必要だろう。これはいわば批評の自由と考えられ、自由権の一つに数え上げられる。古代ギリシアでの文芸の共同体、いいかえると仲間(パレーア)又は仲介(パレイサクトス)の権利は現代での集会と結社の自由に対応する。そしてそれらの間でつかうに適した共通券はこの批評の権利だと言える。先進国際的な表現規制への先例または常識としての所謂明白かつ現在の危険の原則とは、実際にはこの批評の自由の例外規則、つまり誤解に基づく非難の場合にのみあてはまる、刑法下の名誉毀損罪と一致する。事実の有無にかかわらずという現行法文言のありうべき正確な解釈は、確実な悪行への正当な批判ではなくていわれのない中傷、たとえば事実無根の偽装工作によって濡れ衣を着せられた様な場合、名誉にかかわる冤罪の原則にこそ当たる批評悪用への防止規範だった。
 もしこの原則に反して道徳性の欠陥を公に批判された個人がつよすぎる自負心の反動からきた怒りにまかせてありえない訴訟をしたとすると、かれは世界中の笑い者になるばかりだろう。だから批評権とは表現の自由への監査的制動機として働く、正義の応報による社交美啓蒙の機能であり本性である。
 悪徳がみな醜であるということは自業自得からの返答の遅さから小さなことなら見逃される機会も俗習では少なくはないが、悪徳だけが脱構築できる、つまり公的欠点を指摘し他の長所と引き比べて正当に内心か表現上で批判可能である。

2009/10/21

政府公報の資本経済内原則

何らかの緊急時に、政府広報の直轄機関というものを民営のテレビ局とはべつに確保しておくことは有徳だとも考えられる。もしこれがまったくないと、ほぼ損得勘定に左右されざるをえない‘民放集中の弊害’によって、確実に最重要情報が伝達できないおそれがある。

たとえば突如として国内にテロリズムが起きた場合、この政府による避難や勧告の精確無比な報道に民放をつかうことには限界がある。
当然、「公共情報の精確さ」より後先かえりみない話題性に曳かれてその場限りの誤報や速報へと内容はかたよりがちになり、世論や民心のムダなあおり立てと混乱状態がいやましに起こりそうだと言える。
かつてまずしい情報網しかなかった危急時にデマが起こした唯ならぬ悲劇を覚えておかねばならない(関東大震災時の在日朝鮮人虐殺事件)。

 しかしまた同時に、官営状態だと各種の官僚主義の退化によって不経済や上意下達組織特有の悪習が堂々とまかり通る傾向も免れない。つまり平穏時には決して公報機関の‘純粋な’官営は、最善の手だてとはいえない。

――この利害両面を天秤にかけて将来をおもんばかると、おそらく公報機関としてもっとも賢い方法というのは今日において、まずいちど公共放送事業を民営化してその株式会社化をすすめてのち、『国営株主構想』によって政府がその税収からくる財産によって、公報機関の過半の株式を保有してしまっておくことだ。
こうすればいわゆる民間の投資家とおなじ立場にたって、株主総会という多かれ少なかれおおやけに経営へ口を出せる立場から普段は民営セクター同然の高効率の運用を施しうる一方で、いざというときは主要株主たる会社の支配権を援用して緊急の公共放送を流すことができる。
 この結果、もし度々の小さな政府の段階にあって放送局の規模が一時的に縮小しようと株式の過半支配を超えないままに運用していくつもりなら、内容がどれだけ細々とでも最低1chの公共化は果たせるはずだ。
おそらくそのための新しい放送権の調整も要るかもしれない(放送の自由と、政府の税収経営機関としての立場のすりあわせがうまくいくよう、まだ民営局が乏しかった時代につくった反福祉的な法的摩擦力の調整)。

2009/10/20

原罪の啓発効果について

なぜ人類が同類項について、死刑を正当視するのか。この極めつけに重い命題は数々の暗黒裁判の人類史が、裁判制度を持つ様になってからその極刑をも過ちで埋めてきた理由を原罪の観念で示し合わせる。絶対善の理解不能さが当段階に実在している同類項の法的理性の限界から超出する時、人類は競うが如くに自己正当化の恐怖に囚われて超善人を犠牲にする。だが総合して看返すと、この苛酷な判決をした集団は含まれた悪意の故に良心の呵責に襲われて自壊を速めるか、又は他の隣接か内蔵した相対して良識的な集団から強く敵視される事でいわば自業自得の結末、つまり終局での破滅に至る。無論、絶対善はそれが同代の総合知識、教養の池からの超出が過ぎるほど理解されるのが遅くなる。多くの諸子百家時代の理想論者がどうして同時代の行政権力に余り召し迎え入れられなかったかの理は、この善意の程度に是政者毎千差万別の現実状態との格差があるからだと言える。そして一般に歴史が教える所では聖者の程度が高ければ高いほど、その崇高な理想は現実に属している宗教団体の意向とから隔絶した教学をも意味し、結果いわゆるのちの世界宗教規模の道徳観を達成した個性は確実に、同世代の社会的裁判制度という法規遵守をのみ原理とした現世処理系依存派にとっては覆いきれるものではない。則ち政相互の主として党派的な啓蒙活動の余地が生まれる。語族間の変異を原型とする文化間競走の動機づけも又その了見間の知識総量を問う民族間の闘争か互恵を原理とする。
 だが又同時に、どの道徳行動も決してその不合理性を合倫理性よりも重く視ることはないので、さもなくば偽善と呼ばれるが、殉教の故に若しくは殉教的であればあるほど、その死者の瓦礫の山は当該行動型を神聖化するのに一役買うことになる。絶対善の現世内実現不能さを省みると、また幕末志士一般がそうであった如く善意志を命拾いよりも高く見積もる傾向は、某道徳観を大袈裟な演技それそのものの悲劇的精神によって否が応にも強調し見物客や歴史家の眼差しへ誇示するのに十分なのだった。要するに極刑は不名誉の証でもない限り所謂志士の類へはその決死の覚悟を寧ろ強化こそすれ、決して極端な道徳行動、つまり極道の仁義遂行に抑止力をもつものではない。これがおよそ原罪なる法的負債の前提を、どうしてユダヤ教徒という砂漠周縁圏の流浪を余儀なくされた極めて先覚的な民族が工夫せねばならなかったかの訳あいである。そこではすでに道徳心について到達された高度の純血主義を保守するのに、この種の無謀な企ての一切を生来の臆病さ及び深慮を期した怜悧さで補うほかの手はみいだせなかったのだろう。もし原罪観念が刷り込まれていさえすれば、その個人は負債返還への潜在的畏れの為に自己犠牲を思い止まることが多かった筈で、結果としてこの観念は流浪の文化素としては最も価値の高い被保存形質を誘なったのだった。
 我々が以上の道理を理解すれば次の事は合理的であると認めるに至るだろう。もし原罪観念を導入しさえすれば、その人間集団では生得的負債感情の芽生えによって自己犠牲を伴う数々の道徳行動は理性ある人格の間では、全生命の父祖への感謝と並々ならぬ畏怖の為に自動的に抑止され、結果として極刑を度々執行せずとも志士的な決死の抑圧者へはその思い詰める先にいちずな信仰への脱出口がおのずと啓けるだろうと。
 これがどうしてキリスト教の広まった国では死刑廃止が妥当とされるほど文化段階に高級な倫理慣習上の寛容性が観られるかの一般理由であり、且つ反証ではあるが、論理的には納得できる冒頭の命題への便宜的解答だと思われる。神官階級の独占物として原理主義、原典合致至上思想が適法強制力をもっていた世界でその心理的緩和を謀ったこと、すなわち当時の学識を弁証法的に逆手にとって一選民の決定的な長への待望でしかなかった救世主概念を選ばれざるはず全民族への救済へと向け変えた決死の演技力こそがジーザスの志士的功績である。そしてその成果に本来の意図たる一宗独裁体制への批判を超えてみるべきものがあったことは、彼の福音信仰を欠かさない地域の人々が、元々の原典の神話性を検証し直した結果さらに強化されることになった原罪観念の延長にして生まれ持たされた負債感情の負い目から、極刑を不条理の設計として自主廃棄している、高度の道徳あるいは良心に結晶してもいる。こういう配慮の結果、暗黒裁判、致命的誤審の確率はきわめて低まり、その穏健派の地域では一切の極道じみた悲劇は程度の強い道徳的即ち知能行動の変異への同情からきたる保存欲求つまり正義漢の英雄主義とあわせて自然解消していく。命懸けで暴力よりも理屈に訴えるキリスト教精神極北の尊さがここにある。
 がいいかえると、政宗一致の慣習のある我が国ではそのつくりっぱなしの原典が原罪の高度な道徳観をもたざるかぎり、永久に右翼と言えば必ずあしき手段に訴えるギャングやマフィア或いはヤクザの名義でありつづけるだろうし、その暴力団体の抱え込みに伴うあらゆる悪徳の渦というものは、元来保守派、つまり現状維持の擁護というにすぎないはず右派全員の倫理行動を自己否定の感情で襲い来るのだろう。なぜなら債権がないのに借金取りをする感情は必ず自己否定に、その最高段階でも悪意の誤魔化しに繋がるほかない。切腹という極端な慣習が、自殺率の極端な高さと共にこの長年大陸から隔離されてきた十分知られざる国でよく近代化された政治と素朴なままの宗教をいまだに混同している歪みの根底に横たわっている、その論拠はここにある。

2009/10/18

問ひ来るわが道ふりかえりて思ほふは只静かなりし浪
よに独り返す返すも漣のつらなる空にことわりを問ふ
うまれきて消えゆくいのちの声に似し浦波の音にとわの痛みよ
通り道なにごともなく咲き誇る糺の百合にも歌の調べよ
先駆けの志高く青空に一筋見ゆる晴れ間の光

2009/10/17

借用の現代

推敲される文字種が既存のものでなければならない根拠はなく、和語ないしヤマトコトバの音と声とが仮名文字の単音接化にともなってほぼ一致していった例は、複合および重畳という言葉の系統論に必然の消費的進化がその既存語彙池からの借用の慣れにとって経済的整理の順列の規則で一元化されつつある文化的段階のものであると示すにとどまる。ヤマトコトバが唯一の日本語成文法の凡例であると言うことは、もし充分に人類学とか比較文化論とか民俗学とかいわれる分野からの知識流入を免れないどこのアカデミズムでもいずれためらわれる様になるだろう。尤も国学か皇学専門の場所、その種の独自の適所では例外の余地もあるが。
 つまるところヤマトコトバへの一語一句のあてはめという近代化の原典か原理主義はいずれ批判的に検証されきって、文芸思潮の上でも支配力をもたなくなるだろう。朝鮮語に於けるハングル文字の、或いは英語に対する発音記号の、もしくは中文へのピンインの夫々の表記的可塑をみよ。蓋し仮名と漢字読み下しの関係は、もしもこれらのどれもよりずっと高い可塑性、加之つよい借用の利便性を解釈界に確保できねば国際的な生き残り競争にその芸術面で遅れてしまうだけだ。
 語学、特に漢字の使用に於ける経済的整理の法則はその最終段階で仮名という草体の採用に至った。だが文字そのものへの一体一対応の仮設性は決して最適でもなく不動でもあるべきでないし、その本質的意図として、発祥が助詞や助動詞の注釈であったことは仮名とは漢文への補佐語か補意語として有用さをもつべきであったと教える。これらの分析は、和文の将来がヤマトコトバへの依存から抜け出し、また仮名の本旨たる漢文注解という表音特性以外からの借用も当然に影響力を高めるべきなりと指導し教え諭している。
 そのとき仮名使用法の変形にあわせて我々の、また日本人の言葉づかいもより自由度と推敲の品質について変わるだろう。漢語を全面的にとりいれることにした判断は、古代政治の初段の時点で開明的であったとこれで益々理解できるだろうし、全面英語化しなかった明治維新時の方針も和漢洋の語法が混在する独特の体系へ、それをつかいこなす国民的巧みさの比類なき雑食文化としたたかさへ溜め息をつかせるたぐいのそれだろう。あまつさえ、めくるめく文法交通網の地下鉄路線図的混雑加減の放置を解せない第二外国語学習者以上にとっていい意味かは不明だ。
 日本語とは存在しないところにある、と考えられるべきだろう。そのことが純粋な日本語系統論のごく賢明なる血統主義なのだから。梵我一如を全論説の中央に引いた岡倉天心の慧眼は、その国粋主義的アジア盟主思想への転用という痛ましく悲しげな傷痕を美術と和睦を茶道と関連づけたこともなかった破廉恥きわまる邪悪な売国明治政府薩長同盟クーデター乗っ取り近視眼妄動的軍部独裁組からのいわれなき暴力事件がかったいわば時代モノな虚実被膜の濡れぎぬ紛いの沙汰として差し引けば、わが国の伝統文化上のまさに借用的な核心だったのだ。

借用の古典的基礎

既存人種がすでに作られたどれかの文字か音符を黙読か音読用の声に割り当てて使う慣習、いわば借用の慣れはその思考能力を大幅に削減や合理化してしまった。この借用の規則が語学と呼ばれる中間的学野の全領分であり外にない。そして分析哲学が試行錯誤している理性認識の限界は、言葉の借用法則の相当部分が創作行為による偶然性を含むというまた解釈のみならず執筆か講話も含める主観の論理をその伝統の帰結とする。カント哲学(純粋理性批判)に於ける主観の根拠は、時間についての直観がその格律であるという少なからぬ便宜上の立場を思索者の自己統一に与えてくれてきた。物理学者アインシュタインがこのカントの主観の立場を晩年の寄稿論文で批判できた私の知る唯一の哲学徒だが、彼の論拠は、空間や時間が巨視的物理系では説明の上で分離的かつ各々のパラメーターが可変であると業績上定めたことから、それら時空間の論理を理性認識という中世以来伝統の立場から少なくとも、若しくは多からずとも巨視観のもとでは分かち得るという言ってみれば神の理性の直観に由来している。
 だが仮にこれが仮説できるところで、我々にとっての時間直観が唯一の主観の根拠だというカント的基礎は決して理性的な偽ではない。きのうの自分ときょうのそれとがおなじであるただ一つの訳は、庸視的な時間に単純な順列の規則が一貫して見いだせるからだと説明づけるのがいまなお妥当だ。さもないと時間旅行者は、一貫した自己同一性を証明するのにわざわざ遺伝情報を書き出すしかなくなってしまい、目覚める度日々大変に煩わしい。神の理性というものの正体は、終局の認識論拠として時空の間に不即不離性を見逃して考えた通俗科学趣味のあったアインシュタイン個人の仮想物ないし宗教的混同ではないだろうか。創造主というものを人格化または擬人化して考えることがなければ、理性認識を飽くまでも知能行動の自己組織的図式からはみ出して捉えようとする様な嘗て不可侵性の誇示である呪術信仰の対象としてあった神話段階への退行は、戒められる筈だ。
 超理性的認識は存在しない。仮にそれが仮定されるとすれば、哲学の営みの停止による潜在化された知能行動の退化それそのものか宗教的唯一神の超越性を設ける必要のある倫理問題の前での方便としてだけである。たとえ物理的巨視系についてですら、宇宙の諸理性が夫々の営みを十全な最高目的への部品計画として、言ってみれば謙虚な道徳学徒として世界各地から集めた智恵を致すならその法則はすべて理性的である。合理化の規則は森羅万象を包み込む(汎神論の本質)という古代哲学以来の真理探求の信念が他のどの惑星系のもとで営まれた教養劇団の上でも真、なかんづく善ですらしばしあるならば、その究極の理由はやはり神慮とでも思われるもの、つまり創造論的摂理の中にある。
 今更には、哲学可能な理性認識の拡張は各種の啓蒙の効き目によって超理性的認識の偽装による占いやまじない、いわゆる異端宗教の衣を着て卒なく大乗部から金銭や迷信を誘うといった悪意寄生の徒を一人のこらず峻然と暴き出す、積極的な科学知識度批判の公開された常識的正当化なる役名をその信教相互の倫理的系統論に関する知識の豊富さからあてがわれて然るべき立場に儘ある。要するに、専門用語に於いてのカント的な超越論的仮象なるものはその徹底した否定媒介性、いいかえれば登り詰めることの永久にできない梯子として理性的究極意図誘引の方法に関して有用なのである。そしてありうることだが、その有用性をか弱き人の為には特有の思考内抽象性を伝承向けに簡略化した信仰の助けを借りずにとも強壮に思索できる自己の歩みで確信させるに至る、一部に存在する決定力ある理性的変異大脳新皮質、特に前頭前野の一層の誇大傾向を導く教師とはのちに聖哲きわまり一大宗派を形成するにせよ、哲学者そのひと自身でなければならない。
 分析哲学議論の概説である借用の慣れの批判や論理的ないし学的基礎付けとはこの信仰外有用性の絶えず回帰される理性認識の立場、すなわち直観の論拠を根本理由とする。因みに、日本語では感の字と観のそれとを使い分けて音声以外では使い分けもみられる。おもに生物学上は感覚器官への想起をよびやすいという利点から直感の語が好まれまたそれには合理性もあるが、ギリシア語テオーリアの訳語から観想と翻案されてきた経験から哲学語としては直観の語が好まれまたそこに必然性がある。なぜならただ観るという見物客の立場は、ただ感ける主体より自由人にとって純理論的考察の条件として好適なのだから。どうして感情が芸術家たちの才能なのか、ここから率直に理解できるだろう。度合いこそあれ手仕事に携わる場合は一所懸命その生業へかまけるに間違えない。
 そして借用が重要であればあるほど、その直観認識は単に語学の知識だけでなく哲学的な深度をも的確に持っているであろう。古典を引けば記すまでもないが、書家を含めて言葉をつくりだす文芸の才能に於ける感情の良さはこの趣味についてのすぐれた判断のもとにこそ初めて推敲されることとなる。

武蔵

くさるほどカネを余した卑猥な老人たちが
きみを見下して言う。ほら、結婚しろ
そして日本を繁栄させろ。ところが
きみには120円のジュースを買うカネもない。
それは猥褻物頒布罪極悪都知事に媚びをうった
女流の猥褻物頒布罪極悪小説屋の手の中だ。
そしてまた淫奔な極悪女をはべらせ
威張りくさった悪徳老人連合が言う。
これが東京なんだよ。悪の天皇家を敬え。ギャハハハ
気がくるったみたいな高学歴お笑い芸人だけが儲けまくる
派遣村で集団になって蟹工船をよみあさる漫画ジャップ
僕は東京人が全員自殺するのを望む。
老人に死ぬ気はまるでない。証拠に、
日々の勤行はすべて金儲けだ、そして
まったく役立たない古臭い情報をはきだし、
全人間を学歴差別し、
若者からの搾取を自己正当化する。ただ吐き気がする。
日本という老廃物でうずまった糞づまりの大獄。
テンノーをうやまえ! テンノーをうやまえ!
なにもわからない黄色い帽子の小学生のときから
何億回怒鳴られてきたかわからないその文句の中身は、
僕は東京人が全員自殺するのを望む。
ゲイシャジャップ京都土人の末裔が支配する
腐敗した地を洗うのだ!
僕は東京人が全員自殺するのを望む。
代わりに、そこを一面に咲くゆりの花畑にしてみせよう。
僕は東京人が全員自殺するのを望む。
黒塗りのベンツから様子を伺いうかがい
通うのは犯罪ゲイシャ屋だけの
腐敗したソドム人種に粛清を!
ところがそれは風のあいまにきこえた
いつかの戦のあとの草刈りの音だった。
のこされたのは、一面に広がる武蔵野だ。鴇の架かる
多摩川の合間でしずかに息をつく、名前のない
浜木綿の吐息を聞いた。
もしこの地に静穏が訪れるなら
そのとき僕はやっと東京を愛せるだろう。今は未だ
あまりにすべてがうるさすぎる。あふれきった
雑魚どものおかげで、大阪から随分遠いここにも
きがしれない損得勘定のみやびとがやってきて、僕の
大人しく寝ている街にサイレンを鳴らすのだ

東京の終わり

よに降るしじまの声のうちききとどける価の少なさよ
潰えゆく東京都の中核で税収をもとめる宮家の傲慢が信仰心をこぼつのみ
都知事の猥褻趣味なりとてわが観照せし東京の終わりよ
生きて行く意味のない暗黒世界の中心で皇室のみひとり財産にしがみつく

2009/10/16

専門教育の道理

政権を奪った高揚感の所為か、宣言書に記した分を越えた政策を打ち出して国民からの公正な支持を無為に帰す傾向が民主党内に現れだしている。専修学校まで一律無料化を進めるという政策は、計略的な検討が十分なされないまま勢いに乗って考えついたその場のがれの方針だと言われていい。なぜなら、すべての教育機関を原則無償とするという大目的があるのではないなら、私立学校という発祥をその元来とする専修学校およびもと専門学校令に基づいて建学された各校を、国立大学という帝国大学系の施策と同列に論じることはできない。
 そもそも現行専門学校のほとんどは、明治時点で矢継ぎ早に建設された帝大での講義が外国人のお雇い教師に頼って英語をおもとするものであった通弊をわたくしにかんがみ、当時の高等教育を受けた日本人教育者自身が日本語によって、国立大学におけるがごとき外交可能な精鋭層ではなくて、純朴な国内に便を持つ技研者的な中堅層を固める意図を以って創設した史的経緯がある。いくつかの専門学校は大学令と専修学校令の分接時点で名義を鞍替えするかどうかの選択を迫られ、かなりの規模を確保できた専門学校は私立大学へと転身し、そうではない元々の態度で甘んじることにしたものは専修学校という名分を保って現在に至る。つまり、およそ専修学校というもの本来の私学発の土壌を鑑みるかぎり、その国費や政策からの変わりやすい干渉を受けない自主訓練の部分にこそ、安定した業界需要という民生福利に密着した理由がある。それは急ぎ足で当時の先進文明からのつぎはぎの知識を、上位下達の輸入学問としてとりいれた各帝国大学とはまったくことなった意義と将来性とをもっているものだ。たとえば天下りの様なあしき慣習は、国立ならぬ専修学校では結局ついぞ根差しえない。成立の時点からすでにお上の世話にならずにやってきたのだから。ともあれ逆にいえば、政府が干渉を正当化できるのはよかれあしかれ帝国大学系の文部科学省管轄下にある国立教育機関に限る、とここに理解すべきである。
 もしもこういう教育史の系統論を軽視していまの民主党の行き過ぎの政策をまま推進すればどうなるだろう。自然に咲いた私学でしかありえない専修学校という植木は無理な栄養分注入を強要されるべく、その大局最優先的政策干渉という暗愚な方針で根っこから一度ひきぬかれる結果、べつの肌の合わない土壌へなんだかんだと移植されるなかで根腐れを起こしてやがてはすべて枯れきってしまう。間もなく工業という根幹産業も同様の経過を辿るだろう。こういう不自然な改造による失政の例はすでに、エコール・デ・ポリテクニクスなどフランス教育界の一連の近代化改革において、一律の官僚主義的方法による国民活力の退化の中に実際しているのである。そこではほとんど民間人の自発的な創意工夫の発芽がみられなくなってしまった。我々は現代人のなかで圧倒的に優位な成果をみせているアメリカ教育界の方針、つまり教育権の独立と学園の自治つまり原則的な放任主義を、技術訓練面に関しても上級者にとっての私学にまつわる養生方針だと認めざるをえない。
 さらにいうと、市立や県立ふくむ公立教育というものはいわゆる教育基本法で管理されるに留まり、現文部科学省ないしその時点での教育関連の省庁からそれをあきらかに越権したその場限りの干渉を受ける謂われはない。なぜならば、予算編成時点での配分如何は政権与党に任されたものなのだからどうあれ、教育の自由は憲法に明記されたわが国法の認める人権なのだから。そして地方の事情にかえりみて詳細は、各市町村議会の条令規則でこまやかに微分化される方が美しい。これを踏み越えた教育干渉は地方の人民相互の協和と自助の精神を東京人の恣意と強権でぶちこわし、おそるおそる軍隊じみた上官からの一方通行のおしつけがましい国粋主義の鼓吹をみたびふきこむ危険性がある訳だ。その実例は、教育の権限をあからさまに干犯してとち狂った天皇崇拝の現人神思想の狂信を全国全員一律に強要した、棍棒片手に幼弱男女を虐め尽くす軍部独裁の昭和中期の史上最悪の各公立教育状況へ照らせる。以上から結論できるのは、私学という発祥をもつ専修学校への政府からの寄附などはまったく有り難くないどころか迷惑千万であり、この裏の手を返せば内心見下した態度でもって、明治維新以来日本社会のうちで黙々と働いてきた中堅組の自活自習の権限を柔弱公家の策謀に過ぎぬ国立大学府によって飼い馴らされた身売り同然たる西洋思想寝返り組の権化どもといまさら同列化させて扱おうとするなど言語道断、かつ失礼きわまる。道理のない税金ばらまき政策などまことに余計なお世話であり、資本市場の一大壊乱騒ぎに過ぎず、またこの種の非エリートと揶揄された中でも与えられた身代に甘んじて国土再建へ寡黙な奉仕をつづけてきた中堅層の国民感情とわが国の教育史の複雑な経緯に無知な自称教育関係者は、新設ならぬ重用省庁の長となるにあいふさわしい人格や権威とは考えられない。教育とは国の要である。
 民主主義を重く見る一国民として現政権与党におもわくば飽くまでも公約としてかかげた宣言書にしるされた内容を実直に遂行し、それをこえた内容は要々穏健に国民監視の意義へ透明な公開議論の末さっそくあらためるに粗相なきよう、上意下達による一方通行の大上段に構えた旧態幕権の通弊を一新し、おのが一身上の我意でなく現況民意からの公正な支持にこそ率直に則られることを暗黙にねがう次第だ。

2009/10/15

詩歌

おのれの身かわいさにキリスト教をさんざん迫害し
貧民から搾り取った税金で贅沢を極めてつくった自分の
家は人身売買の店で囲って多妻を勧める人間の屑が
王座に座ってきみを見下す島国にあって僕は
うめき声すら上げられず、ただ息を殺す

ゴミの山だ

この社会という腐りきったゴミ老廃物ども
僕が一言でも発言すれば、奴らはあらゆる手管で潰してくる、マスゴミの渦の中でうめき声を押し殺すしかない
年功序列偏差値順位、ほら合理的だろ
豚とおなじで、繁殖数ごと統計され管理されている

カネあさりの為に生きている南蛮虫ジャップども
殺してもころしてもあとからあとから沸いて出るウジ虫

糞のような歪みきったゲイシャジャップが山ほど
大金を貪る。そんだけ。
漫画をよんで笑い転げる首相。
で? だから何なんだ?
まったく生きて行く価値のない、極東の理想郷
だったんだろ? ここが。

僕は静かに潜行し
ものごとが整うのを待ち続けるだろう。かならず、
そして状況がまるで揃えばその時は、
今まで見てきたあらゆる悪業に蹴りをつけるつもりだ。
邪悪なる人種よ、一匹のこらず滅ぶがいい。
世界の栄えの光の為に

2009/10/14

服従

語られた物語のなかで、その王様はありとあらゆる悪徳をつみかさねた。人間は王様が偉いものだ、なにか彼らには悟りえない立派な理由をしっているものだとおもいこんでいた。現実には正反対だったし、王様は人間をただの奴隷だと考えていた。しかし、だれひとり知るよしはない。王様は生まれつき他人より恵まれているので、どんな努力もいらないしどんな競争もない。その先祖が地方の豪族を平定し、自身を唯一の権力としたことがうまくいった。

 あるとき海外から突然敵がやってきた。そしてその威張っていた王様を取り殺し、万人に平等なるものを教えてくれた。王様は二度とこの世に復活しないだろう。その筈だった。

 ところが王は島のすみに隠れていて、外人が出て行くのをいまかいまかと待ち構えていた。殺された親玉はダミーで、ほんとうの権力はかくれた岩蔭に秘められていたのだ。そして外人が言葉もわからず、島民の穏やかさに騙されて平和を確認して出港してすぐに、やっとすべてが穏やかになった島には今度こそ絶対支配者になろうとする以前とおなじ王座が設けられた。

 この世ではなに一つ変わらない。あなたは秋の訪れとおなじ様に、王がのさばる光景をくりかえし見た。だがすべての暴力を支配したその王は、かならず地獄におち、またわるだくみを組んだ暴力団に再建される。

 島のなかではその工程がくりかえされ、ほかになにも起きない。それを平和とよびたいならそうするがいい。人々は弱者を虐げる強者を見るだろう。そしてその強者がさらなる強者に虐げられ、一度きずいた秩序を崩壊させるつくりなおしの経過だけ目の前にある。無知なる野蛮人どもよ。貴様らにも世界の広さが知れたなら! 尤もそんな注意書きもムダになる。貴様らにはどんな世界でも服従の習慣があるだけなのだから。

2009/10/13

信仰

聖者に濡れ衣を着せる者は今度はおのれが悪魔から氷った衣を着せられる。これは輪廻といわれる。

神はただ一つたりとも間違いを起こさず、すべてを世界に真理の筆で記し賜れり。

業は矛盾を起こさない。誰もが一本道の上をゆく。

2009/10/11

中世美意識の批判

伝統的にみた場合、日本という国家の大きな特徴はおそらくその感性を研ぎ澄ませやすい季節風土の特殊さからくる「美への寛大さ」かもしれない。現代人の知る地球中でこれにもっとも近いフランスという国でも、それと同等付近の美的寛容性しか見当たらないらしい。
 芸者という専用の接客業種、いわば阿婆擦れの性質者を迫害しもせず関西民族が認知していることそのものからも知れよう。だが殆どの国柄からいえば、この様な理性的に好ましくない職種は目の敵にされる。

 一般に美観というものは非常に高い中庸性について当たり、さもなくばそれは奇観を呈するといわれる。だからつねに移り変わる社会情勢や時代の流行にあわせてそのちょうど中間色を穿つ必要性はものごとへの敏感さを望む。そしてこの種の敏捷性や機敏さはどちらかといえば機会主義的なので、決して不動さとか誤りなさとかなんらかの雄々しさ又は「理知」の痕跡をしらせしめない。いいかえると審美的な感情はいずれにあれ背後にあるだろう理知のちらつきをことさら教えないところにある。だが、同時にこの性格がおもとして京都という都市国家の世界ではぐくまれた、中世の倭人らしさであったなる批評の観点を失うべきではないだろう。原則として審美的な形質はそれが偶有の適所にあわなければ他の多数派を占めるより極端な形質に浸蝕される。京都が大変暑く多湿な盆地であるという現象こそ女々しい情緒をそうでない形質よりも被保存的とした特殊条件だった。なぜならその様な閉じられた世界へ外来種が侵入するのは比較的困難なので、もし変移が主要な競争状態で重要なものよりずっと異様で弱体化したそれでもいやおうなく保存されてしまうことになったろう。

 日本人が、さらに成人男性でも幼児的である行動形質がみうけられるとすればこの女々しさなる中世の陋弊あるいは功罪をなんらかの具合で倭人が引きずっている証拠である。美への寛大さを倭がおのれの誇りとするのは自由だが、それを心底侮蔑し、むしろ貧相きわまる奇形への前兆として破棄する理知に長けた、勇ましい世界観を我々は東国の勝利の伝統的必然性の中に見通すのである。
 万一この様な威厳に従う意思のない中世の情けない怠惰と頽廃の生活を愛顧する王権なるものが実在するとするならば、この根性の曲がった退廃京都人の末裔をすでに汚れきった弱体種として叩き直すか、それすら不可能なら尊崇すべき日本国の本旨に於いて不名誉の愚なる偽の長として本土から追い出す必要がある。

 奴隷的芸者と遊びつつ退廃源氏物語しか読めないゴミの様な王族など存在するだけ邪魔であり、かくある社会は破壊した方が世界の威厳にとって有益であるのが間違いない。頽廃と害悪の巣ならその末裔ごと隔離し、かりそめにも我々がほかの剛健にして尊敬すべき諸部族と今後も先の世界へ歩みを進めるつもりなら全員を、腐敗した邪悪なる異教の徒なるものとして破滅させる使命を負う。

 美への寛大さなるものは少しも褒められた性癖ではない。芸者に一度でもその一見した物珍しさから引き寄せられた者は、おのれの愚かしさ理性的自制心の欠落をあとから反省して恥ずかしく思うばかりであり、精々売春罪人にすぎないなよなよした人柄などなれ親しむべきでないばかりかこれを将来の品性没落の助長とし、尊崇すべき宗教心に背く犯罪者として文明国の王座が命じ人の名に於いて裁き極刑してなんら問題もない程である。そしてもしこの汚らわしい慣習を続けようとねがう女々しい王者とやらが存在するとするなら、我々は過ちに沈んだ東京人のあつまる城を徳川家の魂やどる勇猛たけだけしい豪族の営々と築きせし精神いまわす城に泥を塗る輩として実権ごと奪取するしかない。

 従って厳格な侍の美意識は峻厳の感情に於いて、中世のいやしい女性化しきった麿の世界観よりはるかに尊重すべきであって、この趣旨を理解しない人物は我々の霊感あらたかな国土のかみながらの価値をひきさげる不邁の土民として侮蔑批判して何一つ問題はないのである。
 一切の世間人間並の感情を超越した神格へ近づけばちかづくほど、その芸術はいかなる厳めしい学問とも並ぶ以上の尊敬すべき対象となる。もしイタリアというルネサンスの遺跡がバロックを擁したにすぎないイギリスの本国などよりも芸術の格に於いて圧倒的に上等なら、単なる市場競争を超越した神意への寄進という天才共を突き動かした歴史精神についてどう見ようとも勝っているからだろう。

2009/10/09

徳川の計略

守りを固めるのは国家経営の前提だが、いかんせん関東軍人の後腐れは日々芸者遊びなどの悪徳悪行悪業に暮らすうえ勉学を好まないので知力が乏しく、簡単な計算を見誤る機会がきわめつけに多い。
たとえば満州を策謀で侵攻した時、もしそれが軍人風情でなく真実の知慮に優れた文官参謀のもとに行われていれば、各種の軍隊式の下賎きわまる欺きや常道的悪行の罪によってではなく「講和と商策」という文人外交の王道によって、当時の国連からも正当な支配関係と黙認されたかもしれない。文民統制の決定的だったイギリスが一体いつまで植民した香港から利益と尊敬を受けつづけただろう?

 これらをもし敗戦によって得た原爆ドームの慰霊碑の真上に立って真剣に反省し、自分どもより遥かに賢い国家が現実に存在していたと先見の明ある政治家が目覚めるなら、いつ転化して狐の皮を剥き出しに侵略戦争へと現地で暴走してもまったくおかしくない“防衛省”なる奇形な組織をかの二の舞を踏むものとして自主廃棄し、それを警察庁と一括して『警察省』と面目を改めるだろう。
もしそうすれば国内の武力がすべて内閣総覧のもとに運用されゆく習慣が自明となって、万一この元々防衛省と呼ばれていた悪魔の集団が戦場で以前と同じくあらゆる悪為を発狂したとしても我々は「警察権力」の行き過ぎだとしてその責任を、現職内閣総理大臣の失政へと求めることができる。すなわち最悪でも総辞職によって平和主義国民自身の責任ではなくなる。
そうなればいかなる命令外の暴力も、国外のどこで働いたにせよ単なる国賊行為でありテロリストの暴走なのである。公務執行妨害の国内法で裁けばよい。
 仮にそうしないままで防衛省と名乗った悪人たちによる侵略行動が暴走すれば、日本政府は国連から当然その内政干渉や政治的不当行為の批難を受ける。そのとき責任を取る建前がいまの段階ですら存在しない以上、防衛省が警察庁あるいは警察権力と分離している現在の国家国防体制は策士からの‘揚げ足取り’をいざなっているのに等しい。

つまり、もし外国人がこの脆弱な理性を国際的に孤立させ潰そうとすればまず武力で挑発し、防衛省から出てきたいつもの馬鹿きわまる関東軍人をどこかの囮の内地へ引き込み、これを手玉に取るべく様々に裏をかくおちょくり威嚇で暴走させればよい。
武士道なる古代の陋弊を神武創業無敵復古などとあたまの狂った狂信状態で思い込んでいるこの以前のままで進歩のない武官の血筋は、いうまでもなく感情に激しやすい女々しい情緒的国民のことだからまちがいなくほぼ侵略行為同然の、政府からの命令無視の暴走をはじめる。
こうなればねずみ捕りと同様で、本土であたふた慌てふためく大王家周縁とやらを“ネオナチズムの巣”であるとして国際的なテロリストの親玉へと事情に薄い各国民営報道局を懐柔利用して仕立てあげればよい。
国連軍は世界的扇動状態で日本本土を即刻占領し、今度こそ某の在来宗教ごと解体し、大悪土民の汚れた血統書つきの過半数は生化学装置で安楽死させるか奴隷とし、王をそのための事後暗殺前提の傀儡とし、結果としてあふれる大馬鹿者の土地を連合国の総合的民意によるすぐれた外来新種の平和主義文明軍で支配完了できる。

 もしもこういう貧相な算段知能しかもたない‘軍人幕府の末裔という劣った伝統’というおそるべく又あしき宿命を変更や改良、改心さえしたければ、守りとはべつにできるかぎり和平をもとに発展共栄への攻めの道を全力で考え尽くすような『計略省』を新設されるとよい。
仮にもその人員へは文官の命令に背く確率のたかい武官の分派ないし末裔を、きちんとした照査のすえ決して編入すべきでない。さもないと(秀吉の天下人時代のごとく、出自をわすれて)再び知恵の足りない無謀な侵略戦争方法としての計算式を考えだす危険もあるので。
一般に、ひとたび戦闘をおしえこむとその軍事階級は死ぬまでいやでも戦いつづけてしまう習性をもつ(西郷王国の自壊的滅亡をみよ。逆に、西南戦争の真っ最中の同時代から学問の習性をつづけた福沢王国あるいは義塾の先行きある展望をみよ)。

そして遠い将来にはこの理科を本旨とする省庁が、むしろ国連軍への形式や義理の参加を除いては後進地化して国際戦略的には失敗と見做されるようになった軍事演習や国費で雇う専門武官などなどへの悪評をまねく無駄な予算を充てるのに適当なだけ、国家経営方針決定の中枢となるだろう。
 特に、帝大の血統を引く東京大学府が各地から科挙的に集めたアジア最高峰の勉学向き知性を蔵して身近にあるという好適な機会を活かして、一直線の高級官僚への道ではなく、内閣府の中の頭脳班出身をめざす道もことさらに空けておくならば、後のちの政権交代時に政策与党による大変に学理的な質の高い情報を民間の研究家へ普及させるといった「戦略開発」の民生福利へも、一石二鳥の功績が期待できる。

2009/10/08

何もない都

なつかしき扇子のことも忘れつつあるのも過ぎる時のおと
おそろしきことかまことか台風の足音だけが世にも降るなり
沖縄の上を過ぎゆく足早な大風のあとに青空の色
忘れゆく昔の出来事もみな走り抜けてしまった風音
形だけ整うばかり何もない都のどこも洗い流す雨よ

信仰

神の名をみだりに口にする者は本来名前を持たないものへの呼称という嘘つきによる因果応報を受ける。

神の代わりに偶像を用いる者はそれが人々を勘違いさせる程度に応じて因果を受ける。

神聖政治の敬遠

皇帝が王族と異なるのは、その世襲や世継ぎが前提となっているという神聖支配の正統化にある。だから皇族は、他のいかなる王や族とも権威の正統性に於いて比類がない。一般に、どの王侯もどれほど長く維持されてきたかという伝統の確かさによってのみその真価が問われるので、地球の帝という正統性を永年主義するに皇室ほど崇高なる権威は存在していない。
 但し、政治の実務に皇帝権力の専制が最適かという疑問には世界史のあらゆる悲惨な実例が雄弁すぎる解答を出している。絶対権力の腐敗は絶対的。
 この面で、至尊なる皇統を祭りごとの側面、いいかえれば大義名分論の範畴へ飽くまでも限定して国民奥深く内蔵することが、その宗教祖への唯一の敬意あるいは論語の意味での敬遠である。この祖先復礼という宗教形式を民族独自の祭りごととして保存することは、世界の中の季節風土に於ける希少な文化的系統を、発生初期の儀式の記憶毎ごく素朴な侭に保つ、ある種の伝統芸能の保全に値するだろう。
 全宇宙の最高権威たる全知全能の神からの命令を自然崇拝からつづく一系統の上で実践する、この神聖支配の方式を少なくとも地球の上に於ける代表者として象徴する役割こそ、天皇が大義名分を貫き通す伝統的正統性である。

2009/10/06

ある朝日社説の本末

議会制民主政を任じる国民が、是政者へ実行してから言い訳せよとねがうとは本末転倒である。

2009/10/04

商品開発

一枚板状の、A4サイズのネットブック端末を発売すること。キーボードは無用。できるかぎり操作を簡略化してシニア層も標的とする。

見物

最悪の凡人はあらゆる天賦の才能を障害仕立てにしたがる。たとえ努力の才でさえも。

集金制度

無職から金をむさぼるNHK

説話

理性の欠乏は教育によって補うのは困難です。

勲章をつけた知識集団の俗物根性は階級制度の現代版に過ぎません。

かつては武力が、いまでは金銭が物を言う様ですが、もし知性がそう働く様になってもタブン他人の上に立ちたいと思う自尊心の誇示は別のかたちで現れるでしょう。

人類である限り感情というものがつき纏ってくるのを適当に払いのける手間が必要でしょう。

私は多くの愚か者がおのれを賢者だと暗に誇るのを見たことがありますが、彼らは知識の量で、或いは理性を軽視する態度で結局は損な役回りへ納まっていきました。だから愚かしさが教育で補われるという考え方には反対です。
教育課程の中で理性的態度を尊重する習慣はとても少ないのですし、多くの学校生活は寧ろそれに反する悪習も副産物として教え込みます。輪を守れ、協調しろとおしえこむ人物が閉じた島国根性よりも普遍的な正義感を信じていないのですから。

人間はとても変わりやすい移り気なものなので、きのう信じていたものをあすに忘れるばかりか非難しさえします。たとえば小学校で、教師がきのう説教した内容を忘れるばかりかそれと反した行いをする絶対君主ぶりを見なかったひとは少ないかもしれない。おぼえているかどうかとは別にです。
けれど、もともと人間の程度はそういうものだと言えます。さもなければこれだけくりかえした戦争の記録があるなどと考えにくいのではないでしょうか。
人々はあさっても誰かが下らない喧嘩をするのを目撃するでしょう。それは、理性に恵まれなかった人がどんな教育を施そうと生まれつきのレベルで後を絶たないからです。そして、大脳に突然変異が起きた特別な理性の遺伝子が個体群全体にやがておきかわらない限り、状況改善の希望はないでしょう。
かれらは芸者が立派なものだと信じているのです。どうしてそんな血統がキリストの言われる色目の罪悪感を理解できるでしょうか。やはり残酷なようですが、育種のためには決して編入すべきではない人もいるのではないでしょうか。優生学的なアイデアに映るかもしれませんが。

この島でむかし王侯をしていた人の周りにはいつも頽廃が忍び寄った。権力の腐敗という歴史のつねがそうさせたのでしょうか、それとも山に囲まれたところで育ったご先祖が原因でしょうか。
そのご子孫のおひとりは、偉大な宗教を平気で迫害なさり、かわりに御自身一家のお社を狂ったようにご自愛なさっていたらしい。けれど神はすべてをご覧になり、まことの放蕩息子の末裔へいつか最終審判を下すでしょう。
どうして偉大なる父親が兄弟ゲンカを喜ぶと思われますか。つとめて相互いに敬われますよう。

私は神を敬うことがどうして他のお祭り屋さんをやっつけることにつながるのか理解に苦しみます。

多くの暴力と権力のありかたを世の中にみてきて思うのですが、それらを好むのはかならず悪い結果へ行き着くものです。反対に、知恵と工夫のありかたをみてみれば、一体だれが尊敬に足るのか簡単にわかるはずなのですが。演出好きな運命の紆余曲折あれ、のこるのはいつでも尊いものだけです。

いけとしいきるものの内に男女をべつにおつくりになった自然界のあるじは、果たして男勝りを褒らむでしょうか。それとも女々しさをお好みになるでしょうか。

女性は考えるほど過ちに陥ることが多い様です。

天分をこえた教育を授けすぎた女性は国の悪魔となって不名誉や転覆を企てる危険性がある。たとえ無意識であってもです。
多くの大国の最期は、その様なおかしな女性が支配権をふるいすべてを私用してしまうところにもとまるようです。だから、男らしさを尊敬なさい。もし貴女たちが当面は理解できないことであっても、大の男の考えたことへは素直に従っておきなさい。自然界では雌雄にべつの役割があり、さもないなら性別がちがうはずはないのですから。

2009/10/03

五輪招致結果の分析

計画の合目的性を主張する、という面から全体の説明効果別に分析すると、東京のそれはおそらく候補にのこった四都市のなかで最も高い質をもっていたと言える。そして紆余曲折という歴史の変転を予測すると、今回の評価の様な情熱に押された決定が必ずしも素晴らしい結果につながるとは限らない。
 恐らく国際的有名というものは特に異民族や異人種への「みおぼえのない」表現にはきわめつけに重要であって、そこではある種の顔見知り度が安心感の信号として伝わざるをえない。だから改良要点をあげるなら西洋人が過半数を占める委員会を標的にして、西洋に於ける有名を顔にするべきだった。異人種はなお表情が硬く見えるものであるから。だれも知り合いのいない場所でどれだけすぐれた主張をしても、よほどの目利きでなければ変わり種の青眼視が当然の第一印象となるはずである。彼らが西洋人側に既に有名であるというむしろ日本人以外にとっての驚きならかれらの言葉でその切々と良識へ訴えかける心理作戦はより適切だったかもしれない。
 冷静に場所代の面で勘案すると東京五輪は明らかに誰に向けてにせよ割安だったのだから、恐らくどこかの未来の時点に目利きの判断で、そこで祭典が再生される可能性が高い。内陸部にいる西洋人の感覚からいえば、環境問題への感受性のにぶさが呼び覚まされるにはある程度の時間待ち、いわゆる我慢が必要である。

2009/10/01

思考貯蔵庫の緊要

先日政府につくられた国家戦略室とやらは、戦時中なら分かる安直なネーミングだが、平和主義の上では言霊への配慮が十分とはおもえない。原子爆弾の悲劇で二度と戦争はしませんと誓ったはずなのだが。

もし先に防衛省などという極悪きわまる無礼者の高すぎるかしらをとりさげてからなら慰霊を兼ねた平和主義遵法への筋は通っただろうが。

Strategyの訳語だとしても「方略」「計略」「算段」など様々にもっと穏当な命名はある。
 いうまでもなく天才官僚には余計なお世話の様だが、こういう非常に基礎的なケアレスミスに現れる様なブレインの質に勝利直後の民主党の名誉をおもいみれば、おそらくできるかぎり最短で、強力な背骨となる何らかの思考貯蔵庫あるいは頭脳集団を確保できねば遠い政権維持へはあやういだろう。それは助成はどうあれ現内閣の内外問わずにである。

 おもうに、日本政府の伝統的な最大の欠陥は理論家あるいは頭脳の軽視にある。
武家政権の専制がいかにも例外的に長かったので、同一人種以外との抗争そのものが致命傷となる危険性を覚らず、結局甘えが許されると信じているようだが、世界では計略の不足で即刻解体されない国体の方がめずらしい。
もし同様の性格であったモンゴルに元寇時点で侵略完了されていればと仮想すれば判る。

また、ソフィスト(知恵者)と呼ばれる詭弁術の有料教師が跋扈した時期に民主政のギリシアがマケドニア王国に殲滅された歴史事実は、信用の置ける頭脳として民主政府が抜擢すべきなのは――命令に対して従順かつ判断力の確かな出来るかぎり実務に向いた質の者、いいかえると『科学技術者たち』の中に見出だされるだろう。
そういう中でさらに選良されたある種の職人気質、堅気とでもいうべき不粋なタチを保っている剛健な連中のうえにしか、実のある方略を掛値なしで教えてやまない、裏表なく実直な人格は(資本主義化した世知辛い世間では)多分みあたらないだろう。

決して自称文学者やら詭弁屋――しばしば真実の哲学者の中に紛れ込んで偽装し、本来の教養による知恵でなく、奇をてらったまやかしの虚言で人々をたぶらかす――やらに代表される‘巧言令色の輩’ではない。又きわめて虚飾しやすい‘肩書を誇る者’でもない。
かれらは政権外の在野での批評論ならまだしも、政権内部にとって決定的な危険分子であることもありうる。(科挙を通じてイエスマンばかりを集めてしまった中国大陸での歴代王朝の末路や、そのうち馬鹿の語源の一つである趙高による助長してしまった専制権力の弊害をみよ)
特に一見すると知識人あるいはインテリゲンチャといわれる風貌をまとっている者(もともとロシア語の翻訳である)は、相当の世事に通じた洞察ある者でもなければ真贋がとにかく見分けづらく、しかしながらまずもって専門ある理論科学者ではないのだから隠密でないかも怪しい。

純粋な理論科学者そのものは世事や現実問題にもともと疎い欠点がある。アインシュタインがナチスでなく日本へ投下される原爆開発同意書へ不本意にも署名してしまったことなどはその例である。(純粋理論の科学者は職業症でなかなか政治的正当性を認識できない)
 共和政の末期ローマに於ける多くのゲルマン傭兵はゆるんだ市民権を利用して“肩書の援用”を政権奪取の担保としつつ、内側からシロアリのように大帝国を瓦解させたのだから、いわゆる知謀でも十分、はずかしげなく堂々掲げたどこかの戦略室(盗聴器がどこにあるか一目瞭然である)とやらが骨抜きにされる場合もあるとひそひそ議論事前に聡るべきだ。
アメリカが秘密警察幹部をどこに置いているか国外人に知られるほど安直でないなら、幼児じみた敗残日本人の文明僻地なりの軍人知性(神風攻撃をした奴らだ)を反省する機会を既にして与えている。下手に考えるなら優等生に習う方がはやい。