2008/12/31

楽天地

おにぎりを食いたき爺の餓死したるナントカ還元水に消えけり
無業者をたしなむ政治屋嬉しやと陛下の御歌を読み下したり
苦労なき生まれの故にと漫画読み楽天地にぞありたきこの世は

政策綱領

愚者に誉められるという事は自ら愚かさを公開しているのに等しい。社会の中で最も信用ならぬ悪徳のるつぼで信任を得た政権というのも、実際は良識ある人々の後ろ指に、背を向けている愚か者の別称なのである。裸の王様は虚栄の寓話であった。世論に媚を売るという事、民主主義の理念を逆用して現実の有り様とは異なる空論に耽り虚栄を盛んにする事が仕事である様な家は、第一に国民存在の尊厳に対する無礼の故に政の府を名乗る権利も有せぬ。自民党の挑発に対して国民への貢献という政策実行をなおざりにする単なる盥回しの戯れを演じて恥じぬ政権闘争の現況は、二大政党の振りをした馬鹿者の群れがみな大同小異たる事、国民道徳に於て政治家を名乗るに値しない俗人達が寄ってたかって国税を日毎浪費するだけでなんら民衆の安心感を立憲する革新の実践には関係のない空理空論を演じ、現状維持費についやされる莫大な税金のお蔭で餓死していく民の魂が奴ら政党政治屋の寝床を新たかな旭の際に祟るのも当然と言える。一体、政治家ほど卑しい人間が現状の日本国内に一人たりとも実在しうるのであろうか? 官僚は言うまでもない。誰しも理解している如く、彼らは民衆を見下しながら如何に予算を搾取するのかしか興味を喚起しない様に慎重に育成されたのだから。自ら考える力のない民を何億人育てても、遂に至るところ膨大な浪費官僚用の国税で倒産する天下り先のない中華帝国に過ぎぬ。なぜなら彼らは民衆から可能な限り金銭を暴力的な法案で巻き上げる事、更にはそれを仲間内で無意味にばら蒔く事にしか能力がないのである。
 このような不良な政府を民自らの徹底した節税によってその出すぎた腹を飢えさせ、やがてはダイエットの貧窮で赤字なのに余り過ぎた金を好きに浪費した悪業を不良一族の没落、財務官僚数の削減で執らせるべきである。我々は広がり過ぎて手に負えないほど無駄に溢れた現況の各省庁を優れた報道にも生々しく鑑識するにつけ、むしろ外部鑑査府という健全な批判勢力を第二の政府として、純粋な直接選挙区の特例制定によってつねづね運営しなければ永久に、かれら暗幕の裏側で無駄使いだけで生き延びる官僚達が先進国共通なスタグフレーションの真実の不良債権であった事情をゴキブリホイホイに掛った無数のおぞましい姿に加えて発見退治しえまい。今生陛下の御心をかたじけなくも悩ましめた深因こそ、虚栄の幕府に蔓延る大量の無駄使いなのは疑いなく、例えば男女問わぬ若年労働力へのモノを扱うに同じ安易な人員整理の如き末節の悪業も皆、かれら国府の内部にたかる私財を蓄積しているいわゆる大蔵的官僚達の悪徳が及ぶ所の不安なのだ。もし順調に資本が回転すれば、少なくとも新自由主義者が述べる原則の通り技術革新が進む功利市場の不況が長引く理由はないのであって、必ずどこかにそれを塞き止める因果関係が存在している。
 流動性を高めるあまり株式市場の差額目的投機衝動の煽りを受け易いアメリカ経済と違って、取引可能な資本の殆どが自己保有の専業経営者層に固まっている近来の日本経済の場合、その契機を阻害する可能性があるのは凡そつねに政府の公共事業政策実行速度のもたつき部分であるだろう。そして現時点ではそれは、のろのろとして進まないか又は同意が必然な以上は明治ならぬ今日最早進められる筈がはなからないような無理な暴論でしかない道州制論を発して天下り先を拡大しようと目論む勢力のありかで、明らかに一点しかなく、すなわち高級官僚が贅沢をやめられない仕組みが平成不況がもたらしている膨大な金詰まりの患部なのは疑いない。彼らの懐にある大金は如何にしても世の中を駆け巡らず、単に税収を増す便宜に使われる森林破壊とCO2増産を高速道路建設へか、或いは長引きながら何一つ決まらない牛歩以下の政権闘争の合間で稼いだ私腹はすべて子息へ与えられ、再び同じ性格の国税浪費官僚になる為の教育費ないし娯楽費という無駄使い階級の拡大再生産に用いられている。高速道路の全面無料化が第一にこれらの官僚大患を治す薬であって、更に国立大学の原則無料化が本来望ましい学問の努力による麗しい実務階級の再建にも必須である。

2008/12/28

経営術

商いの第一の徳は、奉仕である。

この相手方へのサービス精神があってこそ、返礼を事前に省略しても店を富ませることに人間はためらわない。それが利潤として企業内へ分配されるのも至極当然の話である。

 駆け引き上手ということは必ずしも正確な繁栄を約束しない。
そうではなくて、ビジネスに限っては正直が最良の策とはこの駆け引き自体を貫く普遍の真実なのだろう。
なぜなら客人は店主との間で見えざる契約を交換するからである。
この契約書面に必要なのは、少なくとも不文の信頼だけなのだ。


 国際化した場所での取引に契約書面至上主義が蔓延る舞台裏に一歩入れば、その店の品がしばしば十分ならないこと、店主は客人が欺くのを前提にして金儲けする労力を省く努力を払っているのが明らかなことだ。

一定のルールが確立されていない環境ではやむを得ざる事情からこの種の契約書を必要とするとあっても、それが誠実の表明でなければ却って恩が仇となってやがて、店自体への好感を損なうに至る。
 この種の契約書面至上主義はできるだけ暗黙のルールとして経営方針そのものの中へ繰り入れるべきなのだ。

即ち、「代金の順序」をできる奉仕より先にするか後にするか、という基本的な方針にたちかえって、その場所でよりふさわしい合理化を図る方がよい。
例えば同じ条件下で競争する二つの店舗があって、一つは前金制、一つは後払い制で同じ奉仕を提供する。
前者は雑多で様々な客種を、後者は地元客などの一定の客種を安定的に確保するのにより有益だろう。というのは、受ける奉仕が事前に予想できない場合、その返礼が手持ちでは気後れする可能性から後払いでは一時の客人の足はしばし躊躇するに違いない。その雑多な場所では客人側へより奉仕的となるのが前金制なのである。
松下は云う、徒弟時代に素うどん一杯の客を大事にしてくれた店にばかり通い詰めたと。
 この様な、経験的な骨は取引の全ての局面に存在する。その場に応じて相手方の感動が最大限になる経営の仕方を選び取れねばならない。
もしこの勘を憶え易く要約すると『素うどん契約』と名づけられる。誠に奉仕こそは繁栄の源流である。

師走

ローソンの店員さんよサンタ哉
師走なら走りて去れる宅配便

2008/12/20

山茶花

つとめてにどこより薫れる潮の香よ
霜降りし朝の芝生の面白さ
休みなく巡りくる年末の波
見なければ野原に咲き散る秋桜
寒椿庭先でひとり座りけり
山茶花の隣を猫が走り去る

2008/12/15

俄雨

大津港埠頭を飛び交う鴎らよ曇り空へと模様を縫っては
つとめてに過ぎ去りし俄雨の跡
明き

音楽市場の次世代

CDの代わりにミニディスクサイズにDVDを納めたDMD(Digital Mini Disc)を展開することは、音楽市場の活性化としては次期最有力の筋書きだろう。

費用対容量と書き換え・入れ替えの手軽さが、市場の求める製品可塑性の矛先なのだから。

2008/12/14

税制案内

「おくび税」として牛肉流通に贅沢な関税をかけることで、国内二酸化炭素排出量を減らせる。
もしヒンズー教徒ならずとも動物性蛋白質は多彩な供給源があるし、しかも少なくとも日本では、牛肉は主食ではない嗜好品としての生産量を質的に高度化し易い状況にある。

2008/12/11

製品案

子猫型のAIBOと、相互感応器を内蔵した毛糸型Rollyのセットを、老人ホーム等の慰安用を主な国際市場として限定開発すること。
Wii sportsがその種の大きな市場で流行るのは操作性のたやすさに原因があるので、有名で楽しく又は懐かしく親しみやすい曲を初期値にしておき、セッティングは電源コードをつないでひとたび充電するのみ、とするほうがよい。

その修理工場の機構は続く次世代ロボットに引き継ぎ得るので永らくの維持が有用である。

猶、ねこじゃらし型コントローラーを付属または別売りにすること。

2008/12/10

蹴鞠

向かって中心より少し奥を蹴る事(軽い逆回転をかけ体から離さない方が有利ゆえ)、またバランスを崩したら通常より高い位置で触れて蹴る事(体制を整える大空時間を稼ぐ為)。

手袋

空高し
めまぐるしく変わりゆく世にゆっくりと変わらず流れる多摩川よ
大磯の海辺に咲いた浜百合の
夕凪にまみゆなつかしき記憶の底に眠りゆく
何方かの声も潮風に
消えてしまえば儚くはおもえどかなしき冬の渚と
神の子の訪れし日にも近つけばざわめきさわぐは極東の小人達の為に御祈り申さむ
窓際に置かれたトナカイゆきを待て
手袋を落としてから拾う風の冷たさ

振り仮名

振り仮名を振れど読めぬは世論なり

ソニーの再建案内

『理想工場の建設』という初心にたちかえり、いわゆる専業経営層の抜擢ではなく内部から自然に生えてきた技術畑の実力者をトップに添えれば、組織全体に再び命が漲ることもあるだろう。この処方箋には「工場第一主義」と書いてあるらしい。

こういう面からして今のところ適任は一人しかあるまい。専業経営者層はソニーなる特異な組織図の内では、飽くまで自ら生き生きと働くうつくしい工場の調整補佐役に徹するべきだ。
実際に、今のソニー体制上で唯一健全な市場競争に頑張る部位がゲーム機周辺である事実を重く見なければならぬ。その技術水準は世界有数あるいは最高度にあるからには優先して保護すべき場所も又。
 技術に自信ある企業は屡々、消費者ニーズを軽視した独走の危険をともなう。この傾向を適度に抑えるのには「相談役」という外部監査体制上に、最大の能力をもつ専業経営者層を集めたほうが望ましい。だがソニー独自の価値観からすれば、自発的で愉快極まりなく、少数精鋭に特化した各工業の渉猟という目的にかなう為には組織の象徴に《金儲け》の臭いをちらつかせてはならぬのだ。

手をひろげ過ぎた各非工業分野への財界進出のスリムアップは、現状の経営優先の、企業愛なき浅はかな株主連の最期の希望とも遺言ともなろう。

2008/12/08

天文学

たとえば微視的に真と見える地動説も、太陽系惑星群を含む銀河系内の循環を考慮すれば偽となる。それは観測者と対象を定義しない限り物理系を立てられないからだ。同じ様に、我々の七夕系宇宙全体を観測者に代えるなら、それらの外側との駆け引きを物理系に編入できる。そして今の時代に暗黒物質(ダークマター)と呼ばれている力の正体は、各宇宙系同士に働く引力だと結論できるだろう。我々は化け学的に認識しない物質というものを定義することはないし、少なくとも今日では知りうる化学作用の中で世界を認識する様つとめるべきだろうから。
 次の事は殆ど確実に予想できる。七夕宇宙系における光速で観測可能な最も辺境の方向を三次元的に図示し、その内で最も強い質量を各銀河系の中心に対して更に外側から想定できる実証的段階に達すれば、そしてそれは単純に時間の問題なのだが、我々はこの宇宙以外のある程度以上に異なる自然法則を持つ別の宇宙系の実在を発見できるだろうということだ。仮に七夕系宇宙の次に見つけ出せるという発見者側の呼称として、ここではこの別の宇宙系を十五夜宇宙系と名づけておく。
 そしてもしこの宇宙探検に向けて観測船を送る際には、光のドップラー効果からその地平線に濃い紫色の滲みがあり得るだろう。というのもその海外部至近方向以外に向けて、言い換えれば質量の薄く時間の流れの速過ぎる方向へ我々の観測船を送っても、光速に対する大変な遅れの為に希に赤く光る星の日の出らしき徴候を見つけてもそちらへは彼らの各生命単位では到底到達し得まい。従って我々として紫色の日の出ずる処を七夕系宇宙果ての重たい渦潮から発見しようと試みる方が余程賢明な航海だろう。ゆえ深縹の道が唯一、海外へ到達する方角だろう。

2008/12/04

音もなく降りゆく雪に紛れては会わずともなく土にも還らん

2008/12/03

木枯らし

虐めっ子住みし土地にも冬が来て木枯らし共に消えてゆく