2008/11/27

大学制度論

今の日本において確立されざる単科大学(college)と総合大学(University)との違いは、両者が分業と協業なる全く形質の異なる適格を養成する以上は、いずれ大学令的にも整備され直される方が望ましい。しかし注意深くならねばならないが、この際に単科大学の価値を総合大学以下に置くのは過ちだということである。単位互換と施設提携により、それは部分と全体とを緻密に構成しなくてはならない。
 イギリスでの学寮制が、いわば大学内のチームを造る様なしくみは一定の参考に足る。現況日本の総合大学は屡々離れた地点に校舎を持つが、それを更に拡大して校舎毎の自治教育方針を認めるのがイギリス式。
 他方、アメリカは科ごとに特化した高度な集積を完全に独立させる傾向がある。すなわち広い国土では分散しすぎるよりは一定の場所に一定の形質を集めた方が効率を達する。日本はこの両者から利点を学び取りみずからの欠点を克服せねばならない。
 単科大学というものの本質的意義は「集積」にあり、総合大学のそれは「校風」にあるとするなら、我々は省略されて行く若年人員の中で既存の大学間の統廃合を通じて、いくつかの有名大学傘下の高度集積という既存校舎の利用方法を考えついてよい。もし自然に委せると、すでにある程度のまとまりをみせている入試偏差値ごとの連帯間提携合併と、有名大学間の競争激化、そして弱小の大学吸収と校舎買収が起きる。自主的にまとまることだけに依存していると何より、単科大学の専門性がなおざりにされ易くなってしまう。これが日本における大学秩序再編の最大の課題点である。たとえば明治以来の歴史を持つ幾つかの単科大学では長い歴史の中で蓄積された教習方法論が不文律化されているのは普通である。そして生徒の自主性に委せるだけの総合大学には、こういう一定の学生‐教員間の同胞意識が出自境遇のさまざまな違いから確立されて行かない様だ。いいかえれば、今日程度の総合大学が抱える複数の深刻な問題は、その大規模化に伴う師弟感覚の希薄に由来するのだったろう。単科大学独特の個性を十分に将来へ託しながらそれらの再編を謀る戦略として、大学令上で総合大学自体との住み分けを計るのは思慮の結果だと説明される。
 仮に大学院が余分研究員問題からも分離省力化した採算の必要に駆られ自立して行く先々にさえ、要領よくまとまった専攻学部組織としての単科大学の価値はユニバーシティのそれに優るとも劣らない。この為に、職業専門学校の自発的延長上にあるものとしての単科大学制度は、中身の薄い教養人に留まらぬ「専門家」の育成に特化した特徴ある日本型教育として、独自にカレッジの名称を冠されてよい。
 然るにイギリスにおいて大学名称を誇るよりも如何ともし難く愛校心の源となっているのはleg、乃ち法を供にする所の校舎同輩ということだ。如何なるカレッジに属してきたかで人間自体の育ち方は微妙な内容の違いを伴う。他方、日本の大学制度に於て相当独特なのは校風を受け持つ名義としてのみ、単科総合とわず大学なる概念が有効に働いているという事情である。これはそれぞれの創始が時代の混沌期にあった場合、志たる初期設定値に最大のばらつきがあった複雑系方程式乃至バタフライ効果へ帰せる。そして単一の個性が最も恐るべき民主主義の殃であるからには、また世界に向けて内心そういう学校法人の適当な分散を文化上の成果とまで考えても間違いにはされないだろう。

2008/11/25

工学

費用と安全性を考えると、現在出回っているアルミニウム缶を政策的に廃止して、代わりに内側にクロム鍍金を施した薄膜スチールに様変わりさせるのが今日より、ふさわしい技術に思う。日用品向けアルミニウム精錬は電力面から全く今日的ではない。これらは軽量金属の特注品についてのみ利益がある。

紅葉

アスファルトに落ちた紅葉

公共学校論

我々は家庭教育こそ最良にして究極の教育制度、なのだ、という真実から目を背けてはならない。公共の学校に対して理不尽な非難と益々高まる過剰な期待の声は、それが民主主義を標榜するたみによって貴族の私邸において予てから施されて来た立派な学問の程を我が子の場合に模倣したいという欲求から健置されて来たものであった歴史を、冷静に把握してから発されるべきだ。すなわち公共の学校には、最終的には主宰者自身の道徳に値する啓発効果しか望み得ない。
 もしこの大衆化と均質崇拝の世風の真っ只中に、子息の未来を深く案じる情け深くも思慮に満ちた両親の名残さえがあったなら、かれらは学校に通わせるという通俗的な様式ではなく、家庭教育制度の充実というまさしく貴族主義の理念に今一度立ち返ることだろう。少なくとも、玉石混淆の世間という否応ない荒浪に揉まれ健やかな交際の習いが掻き乱され易い身心とも不安定な思春期の間だけでも、如何なる無遠慮な環境から育った不運な人間にとってさえ親元から学校という通俗化された場所へ通わせるのは必要にして賢明な教育方針だと思わねばならない。最も優れた教授がそれぞれの個性の発達に応じた一対一の個人教授である様に、掛け換えの効かない無私の親情というものはどの子供にも伝承されて行く。
 とある地方学校の先生が曰るに「どんな子供にも必ず良いところがある」と。当に一律化された学力競争を強いる堕落した進学予備校に対する救いは、恒にこの親心の理なのだと知るなら、存在理由のない子供は存在しないだろう。

2008/11/24

宇宙エレベーター構想の国策的意義

宇宙塵を掃除するという仕事に特化したワイパー・ロボットが開発さえされれば、期待される宇宙エレベーター構想には国家事業としてかなり積極的で良い。
なぜなら一度実績が認められればこの種の将来性のある事業には国際的に大規模な需要が見込み得るし、どこかの様に利己的な打ち上げ連発の所為で散乱したデブリスを我々が片付ける仕事はただ公共心の満足にも叶うからだ。つまりこの事業そのものは政治的には善意の策である。

 ところで、このステーションと地上を繋ぐケーブル[謂わば『宇宙線路』]の形式が非常に戦略的な重要性を持つと知るべきだ。
第一にそれは延伸されれば既存の鉄道線路の如く、非常時には大変に有利な軍事利用が可能なのだから注意深く国際形式上孤立しないオーダーを選ばねばならぬ。コンパクトディスクを開発した時に一私企業がそうした如く、議論を重ねて技術規格に深慮を期するべきであるだろう。
第二にこの線路内部または周囲部に適宜から最大な設備更新の可塑性ある大規模伝導体を設けることは、殆ど未来の有力な発電所となるだろう衛星発電と宇宙駅内変電所のやり取りより、直接の送電線敷設を兼ねるだろうから。

 因みに次は個人的な見解だが、度重なるたちの優れぬ不祥事および先行き当然の縮小市場である事情、さらにはアメリカとの長期的国家間競争上での決定力ある住み分けという洞察点からして、現在の実質的に無駄極まりない軍備予算を大幅にこの種の宇宙産業助成に切り替えることは全く、国策として粗雑な国民的性格を免れない隣国より大きく株を上げる善政であると思われる。
高が威嚇の玩具に大金を投ずる者は子供染みているという揶揄に言い訳ができるものではない。

経済系の道徳目標

この壮大な宇宙の片隅にある惑星に花咲いた文明のもたらす際限なき眺めの、本当の目的は何だろうか。少なくとも我々がそれを今日に於て知り得ないという事情が、明日にも我々がさらに緻密な社会秩序を通じて生態系の上へと、全く以前と異なる才能を育てあげねばならない使命感の基か。経済活動が動物に否応ないある程度の功利性にも関わらず文化毎に組織立った互恵体系の追求と調和の努力によって、副次的に適所の増大を自然一般に与えるという事実は、この様な哲学的目的観にも合致している。明け方に鳴く鶏は人間の為にだけ躾られるのではなかった。
 知識がヒントを授けるとして、道徳だけが人間の理由を形作る。この為に、考える力を社会全域へ啓発することが、未だ不完全な文明段階の今の日における漸進的目標となる。与えられた課題を闇雲にこなすだけの機械化された生活から脱け出て、自律した思索の能力を広く開花させることを通じて、世界の形相から期待される最高の善意を正直に懐ける人間が、現代の倫理命題なのだと考えることはできる。そしてその様な人間達の社会体制上にしか、宇宙の理由を昨日より完全に認識できる未来も到底叶わないこととなる。教育は学問の習慣をつける手段ではあって、人間自身があまねく教育化された場所ではその相互啓蒙理念自体が当たり前の日常となる様に。

2008/11/22

法則論

法則的認識は地球型の習性だった。周期的な移り変わりの中にない生物系統にとっては、数学自体が不要だから。法則とは外在的なものを指さない。それは内在的で、全く人間的にのみ把握された外観と云う他ない。
 自然がかくも混沌たる上で、なぜ秩序と呼ばれる法則を内に秘めなくてはならないのか。答えは、それを見た者にしか分からない。法則を知る者だけが希に秩序を把握できるのだったから。即ち、知能に集積された予想能力にだけ法則性は元来所属していた。自然法則と道徳法則の根本的一致の理由はまさしく、我々の精神という理性原因にあった。宇宙の数学性は精神からの眺めにこそわけがあった。数学は人間型法則の言語。

2008/11/19

白雲

白雲のもくもく流れる夕暮れに黄色く染まりし木々の香りよ

2008/11/18

環境省の格付け

なぜ明らかに他国の迷惑になる調査捕鯨を強行するのか、その神経の出来栄えは計り知れぬ。

国民および国家の名誉威信を永年に渡り傷つけ続けた償いはどの一族の首で取るつもりか、説明しなければ人倫以下のヤクザ省と呼ぶことにする。

電網系の促進

情報のインターネット配信ビジネスを一般化するには、小規模かつ年齢層を問わない買い物にも適したデビットカード制を中心にすれば良い。

クレジットカード番号入力への忌避感覚が、インターネット配信系を遅らせる日本独特の原因だと知るなら。

行政手腕の老害

塩爺、先日在野のノーベル賞科学者を掻き集めて中国風に政府の道具と為す。
東洋古老のおろかしさ疑い難し。政府高官には米英留学を義務付けるべきか。
 福沢の云う権力偏重、極東における知識人をひとりのこらず殺すに等し。
ひろき平野にて息をつけねば自在に研究を進むことあたわず。


成程、みずからの視野の狭い体制を教化する為に特別に造ったロボットである東京大学関係者から科学事情を聞き取るのは適当だ。が、他の国民は奴隷ではない。

2008/11/14

卑猥芸人の終幕

かつてわが政府を裏切った歴史認識に欠陥ある幕僚長の更迭解任は当然だが、日本人の理知に欠け感情に激し易い大方の性癖から言うなら、単に悪一身を斬るのみならずその組織体格そのものを限局まで切り詰めて「飼い犬」の立場を殊更明晰にするのは万世国民の悲願であれ。

暴力にしか能力のない国民の飼い犬ども、これは侍としても最低級の芸人であるとあまねく知らしめねばならぬ。今生において日本軍人をいかに卑しめても足らぬ。既に破れた軍の長の言い訳ほど見苦しいうらみつらみなし。

 我々は運動選手の発溂たる活躍をまだましな芸能として仰がねばならぬ。正義感の未来もかくあるべきだ。軍人亡ぶべし。


成程[カントが『啓蒙とは何か』で云う所の]理性の公的使用としての、一学者の立場からの言論は自由に為さるべし。が、内容があし。

製品開発案

殆ど自炊しない単身者を基本顧客とした、厚紙で出来た俎板と包丁を作る事。
即ち「使い捨ての調理器具」

俎板の方には汁が染みないだけの表面加工と十分な厚さ。
包丁にはラップやアルミホイルの紙の刃を参考に、持ち手の厚紙部分にはザラザラした加工を。
 直接に料理素材へ触れない部位には再生紙を用いて良い。

2008/11/11

散るもの

あきくれば散りゆくものよ

2008/11/06

留置所の罪業

警察庁の全員は、将来必ず、留置所を監獄風に造り罪なき者を貶めた天罰を受けるだろう。
自業自得。

疑わしきは罰せずの格言の出所から勉強しなくてはならぬ。

落ち葉

夕暮れに散り行く落ち葉よ

2008/11/04

駐車場

赤とんぼ駐車場には消えにけり