2007/02/27

理説

言語に到達可能な範囲にしか我々の形而上学命題はない。造語あるいは文脈による新規造念、乃ち哲学的批判は、唯一の道徳創造過程。精神が生命体の暫定的粋であり、目的の秩序中枢ならば、かの思考もまた、結局は概念の整理に由来する。よって哲学の普遍的推究とは形而上学概念の用義を文明化する手順に他ならない。これは文化的な作為。なぜなら言語は語属に依頼して合理化を果たす。
 哲学は目的論的な試験。道徳定律は文脈の指導によってしか再創造されて行かない。しかしこれは現代語義である以上、多少あれ時代の流行に左右されるから、哲学には語属の分置という別の作為も必要。しかしながらこの一語属も別の語属との対比によって変質する。とすれば、究極のところある命題の用義的な確立とは、多少あれ国際的・普遍的な思想潮流に対する倫理計画のみ。よって批判哲学は民族善導の手段。既にあまりに確立されているがゆえ批判されづらくなったかつての理説を、我々は宗教と呼ぶ。
 哲学は方法的懐疑によって宗教の信仰に対置される。脱構築とは理説の反対概念だ。尤もこれ自体が理説化された後には保障の限りではないだろう。

2007/02/26

自伝

「人間」なるものは決して物理学的に尊ばれるべき存在でもない。この証明の為には彼らが時空間の一形態でしかないと知ればいい。理性によってしか「道徳」は生み出されない。彼らは実存の合理化の為には如何なる手段とても辞さない。遂には精神を独立とまで妄念する。だが、結局、彼らの生存は偶然の所存なのである。太陽系は奇跡的な混沌で、不変でも必要でもない。若かりし私の思想は人間に対する呆然を導き出した。その結果、現実社会は理想より空虚だった。進化した類人猿の理由は秩序の追求だった。具現的か理念的かを問わず、だ。人間の野蛮さと共に、混沌たる環境こそは敵だった。
 しかし、不思議と今やそれを改善する事に期待しなかった。我々がどれ程に尽力しても自然は人間の補集合であり、従って改善は常に漸進に留まる。私は己の理想の秩序にしか生活の定義を見い出し得なかった。私を学術の求道へ向けた最も深淵な動機こそはこのような厭世だった。

2007/02/25

科学訓

科学の最良の方策は疑問し、これに応じて学習する事にある。いわゆる試験勉強は教育上での方便に過ぎず、幾ら可能であれ科学の研究には一切足らないであろう。
 疑問しなければ研究の仕様がない。こうして疑問を生み出すのは世界に対する知的好奇の習慣だけだ。

2007/02/24

道徳学

世界がこう配置されているわけを合理化しうるのは知性だけだろう。知能にしか必然という理念を創造できない。しかしながらこの認識は些かも神秘について明かすものではない。知的好奇心は仮にも自発創造的であり、決して途絶えはしまい。
 人間が知り得ることは宇宙の中で彼らが属する地位に関している。人知の限界は彼らの環境の自然条件に依存している。すなわちどれ程の脳容積をどのような肉体条件で構築するか、は自然の範囲にある。
 もし自律が理性の定義なら、究極でその範囲を決定するのも自然に於ける。よって、道徳律といえど相対観に基づく。あらゆる道徳は教義化されないうちに道徳的でありえる。哲学はその道徳創造性において宗教に対する。
 すべて、哲学によってしか既成の時代に依拠しない適応の心理術は審査できないだろう。

芸術論

芸術とは物象に対する合理性の試験。審美観とは合理感性の謂い。

芸術論

芸術が文明社会の環境整理であるのは疑い難い。文芸ですら人間心理における美化なのだ。音楽は雰囲気演出の芸術である。たとえことさら芸術として意識されなかったとしてさえ、都市は人工美による音楽化だったろう。

徳の概念

道徳とは人間社会適応心性の謂い。
 指導的人物こそが道徳を得る。
 地位とは単に知性や判断力によるのみでなく、道徳適性にも応じた順位制であるべきもの。
 われわれは倫理と道徳という二種の言葉にしばしば人間理性の実践と理論の両極を当てはめる。が曖昧。
 福澤は『文明論之概略』で公徳と私徳という言い方で両者を使い分けている。この用語が一般的でない以上、われわれが哲学論文以外の場面で倫理と道徳とを混用するのは自然。
 もし哲学とは諸概念の純化なら、われわれは批判哲学により、用語についての実践定義、正名論を為す様に努めなければならない。
 道徳と倫理の間には定言命法と中庸的実践との差がある、と認識するを得る。

2007/02/22

観賞魚

意味を持たない時間の集合が
お前を捕らえている
つまらない馬鹿に囲まれて
くだらない生活を余儀なくされる
脱け出せはしない
出口は無いのだから
一旦産まれたら最後
お前は死ぬまで水槽の中だ
それも訳のない事ではない
繁殖していくのはまたお前にしても同じ
繰り返し繰り返し
何度でも悲劇は繰り返される
それを眺めている一対の目があるよ
人間の目だ
人生を眺めてたのしむ
冷たい目だ
期待に応えるため
また殖えていけよ
誰もそれを止めはしない
しあわせな振りをしたらいいよ
それで観賞に堪える
立派な魚を演じたら

風向き

飛び去っていく
開かれた世界
約束はまだ
くりかえし
混沌操作
近い
撫でる風
低い
街なみを
知らない
流行の波
緻密な
しかし
飽くまでも
なびく
不可視の風
風風風
風の音
風へ歌
次々へ
望み望み望み
組み立てる
かぎりなく
生まれては
消える
この世のため
なんのため
約束はまだ
果たされず
白を押せ
善を経由
死への生
命しらず
きらわれず
さりとて
気にせず
今を飛んでく
風風風

世俗

搾取の方便という以外に世俗物に関わる如何なる理由もなし。自由を確保する為には予定を自律し、出来うるだけ他人に立ち入らせない事。

建築論

天候の加減で微妙に表情を変える。あまりに美しいがゆえ、日常において人々を何度となく立ち止まらせる。何度となく訪れさせる建物。心象を浄化する。

2007/02/20

沢山の人しか愛せない人は一人の人に愛されない。

孤独

孤独に慣れなければならない。孤独を守る者は必ずしも不幸ではない。

2007/02/19

成功

最後につまづくより最初につまづくほうがずっとよい。試行錯誤は過ちではない、学習である。人間はこの特性のためにAIより適応的だから。
 最後につまづく者は真の失敗者である。我々が偉人の伝記とか教養小説の主人公に見いだすのは成長記あるいは学習記であり、神童の没落記ではないことに注意せよ。従って若年は準備的試行錯誤に費やすほうがよい。成功は後回しにせよ。

2007/02/18

経営論

批判しながらも絶対従事してくれる有能な人物だけを助手にせよ。

Yes menは排除肝要也。

時の旅人

何に向けて歩くのか知れない旅人
君には名前もない
君は誰でもない
いつからか始まった人生を何の為にか過ごしてく
時の旅人
ある日君は死ぬだろう
それまでを歩いていく
孤独な意味もない魂
不穏なムードが漂ってやがて世界中を満たしていく
あわれな人生
それでも死なずに行く
砂浜を歩く孤独な魂
君は浪のような人だ
終着駅のないレースを行く時の旅人
人間の姿を取った時の旅人
はかなくも消えるエーテルの概念

2007/02/17

不幸の意味

生産のみならず消費や交換も含めた産業が順応を要求するのは自然。これは創造性に対している。
 人間の創造性を体制自体が抑圧するのは秩序に向けた安全弁だ。大多数の平凡と少数の傑物との間でしか社会秩序の健全な維持促進はあり得ない。なぜなら指導的な範囲は体制にとって半数以上でなければならない。
 この様な思索から、我々には社会矛盾という不条理が却って彼らの暇つぶしに働き、結果として文明化の能率に貢献することを疑わなくなる。
 しかし不条理の最小化、福祉が文明の基本目的であるから、また抑圧として感得されるような人間の不幸は、命を奪わない程度には多少あれまた必要。
 この認識はすこしも不条理を擁護するものではないことに注意せよ。社会矛盾の根本因は文明度すなわち一般世論の知徳程度であり、この時代差異においてのみ人間の定義もある。

自由の定義

社会構造の徐々の転換は唯、産業体制の変革に依存している。いま仮に、根本的には技術水準に因る、と考えてもいい。
 我々個人が事件によって歴史を改造しうる、と考える事は不完全。この様な天命を生み出した構造こそ文明の知的水準。
 個人と社会は縁起している。彼らの参画の仕方にのみ水準はある。故我々の命題は知的参画の方便に他ならない。地位はこうして考え出された理念だった。それは人類の種内順位制。
 だが勿論、地位でさえ時代に依拠する。とすれば我々の社会とは産業体制への漸時な適応行動の集成に違いない。尤も、技術革新をもたらすのは社会内部での創造行為。よって我々は体制に対するゆとり幅を常に一定度以上に保持する。我々が自由と名づけてきたのはこの工夫権だった。創造とは自由行動の追求。

造型計画

人間知能より優秀なデステイル造型のコンピュータープログラム。

人間猿山

足跡を消せ
できるだけ手を汚さずに相手を殺せ
罪はない
権力がすべてだ
信じるな疑え
批判するな謝れ
飽くまで体制へ従え
そうすればお前の命だけは助けてやる
お前の地位と収入は保障してやる
すばらしい家庭と幸福を用意してやる
だからその口を塞げ
だからその頭を壊せ
酒を呑み魂をいやしめろ
女をたぶらかし傲慢に振る舞え
そうすればお前の人格は保護してやる
わかったら剣を置け
そして猿の一員になれ

2007/02/15

言語論

言語間の解釈差異を解消する方途をみつけること。

2007/02/13

関わり

人間達とできるだけ関わり合いにならない事。

2007/02/12

人間から身を退けなければならない。理想の中にしか救いはない。

2007/02/11

精神性

われわれは地上の天才のなかにしか精神性を見ない。

2007/02/07

地域間文化差

互いの文化をよほど尊ぶ習慣がない限り、民主的な自治文明は栄え得ない。

語学

音読みとは外来字の発音をもとのことば風に模倣する事。訓読みとはその語の発音を外来字に当てはめる事。両者を媒介するのが振り仮名・rubyだった。

求心

恋は求心。

ハチ公

ハチ公が僕を見ている

文明学

文明は、否、そもそもの生命体は混沌度の減少主義的改変なのだ。宇宙にとってすれば、我々の知能は程度あれ秩序の中枢にちがいあるまい。精神、則ち知能とは自律したenergieである。自然に秩序があるのではない、宇宙に理論があるのではない。数学的思考そのものにある、と考え直すべきだ。
 知能しか幾何学的数理を知らず、従って自然は知性を持たない。でなければ無目的な宇宙を現象させない。目的思考、即ち疑問ができるのは唯、宇宙の中で知能だけである。だから数学展開にさえ知性的整理以上の理由はない。
 宇宙の理由を考えつけるのは知能しかない。

国際競戯の体制学観

一文明外に於いてさえ文明三位の批判原則は援用されねばならない。国際関係間に互い違いの役割を付与しない可ではない。我々は政治的覇権を経済や学術のそれとは乖離させる丈の狡智に長けない理性ではない。国際連盟に由る結束の鼓舞のみで覇権の癒着構造を破壊するのは不可能ではないのか。超大国は独裁政の維持が為、他の諸国から文明三位の地位を引き離そうとする。いわば恩寵と奉献の権力偏重が、世論から隠蔽された国家搾取的暴力を導く。国際侵略は知能犯化されている。合理化の為に大義を偽造する弊は国家間世論格差の歪みとなって顕る。
 国際権力の均衡への現時的漸進策は他ならず、この文明三位のずらしに因る。例えば、我々はフランス革命の担い手が政治、あるいは経済的には劣ったが、学術において実権を握った啓蒙民衆であった、と後学の為認知する。
 覇権は掻くずらしの方法によってしか減退させ得ない。しかも、社会の自然は必ずや金嘔無欠な体制を作らせなかった。言い換えれば、自己衰微の計画は一文明の循環律のうちに含まれている。永久繁栄は生殖的進化の中にしかなかったろう。つまり、社会体制を産業水準に応じ革命させるかぎりの繁栄。従って、ひとつの体制はある期間を経てべつの体制に交代される。これを時代の変化と呼べる。
 とすれば、超大国と云えど必ず転換期は来る。かの三位の何処に欠損があるにせよ、我々は実権と名分の逆転を以て国際社会革命を可能にするだろう。そして欠損なき国家生体は単一体であるが故に遥か永遠に存在せず、結果、あらゆる国際関係はその権力的均衡を全国の自主連盟加合、自然権の体制奉還まで相互独立しながら競戯する。この国際競戯複合体のうちにこそ我々の体制学的適応力養生はある訳だ。

文明内権力の自立

文明三位、政・経・学とは権力の命題。それらの社会的力関係が均衡されねば発展は為らない、次第に相互批判によってしか発生しない体制なのだから。
 個人の処世においてすら司法・立法・行政は分権されるべきであった様、政・経・学は供に人間実存の社会的適応の三態を示す。
 側面を例えば、我々は金権から官僚を遠避けるべきであり(癒着阻止)、学者に政務的実権を与えるべきではない(学問の自由)。恰かも裁判官に国法を造らすべきでなく、内閣に裁判させるべきではないのと同様。

2007/02/05

宿題

組み換えられてしまえばいい 存在同士
どうせ理由はないのだから
なんの訳もない不条理な情勢
馬鹿ばかりだ 救い難い浮世
それでも何の目当てを見つけるのか
誰に聴くのか 道を知る者はない
苦しむだけ無駄なのに 悩めば損だ
旅先の街で 雷の襲来
組み合わせられた幾重もの鏡像 沢山の日陰
迷惑の次第 普段からしない

なみだぐも

なみだ くも
なみだ くも もくもく くも
なみだ くも
なみだ くもくも
なみだ
なみだ
なみだ くも もくもく くも なみだ もくもく
なみだ くも
なみだ くもりのなみだ くものなみだ
もくもく

2007/02/04

自伝

私のそれは「人類の」孤独だった。人間の、ではない。私が見据えていたのは理由なさだ。知能は自由意志と我々が名づける不断の細胞分裂の為にのみ在る。とすれば、私の定義は現象なのである。現象の存在論的理由はない。強いて言えば知能による把握、あるいは整理である。とすれば、私は諸現象の頂点に尚、神格として君臨しながら、己の為には如何なる同格をも作り出せない定めにあった。
 結局、孤独だけが人類の定義だ。彼らは自尊心を心理的に創造する宇宙の点景なのである。

2007/02/03

太陽

夜明けが段々とやってくる
決して到達できないひかりの雲がひろがる
さまよう月の色だ
一秒ごとに回りつづけるふしぎな音楽
太陽太陽
太陽太陽
ひかる太陽
僕のことばを呑み込んでくれ
僕の存在を燃やし尽くしてくれ
太陽太陽
太陽太陽

複製

複製は傑作よりかしこい。百個の製品は一つきりの芸術よりも生存しやすい。

2007/02/02

関係

叫ばなくても知れる それだけの関係
防犯のしらべ しばらくはすれ違い
去らなくても知ってる それだけの関係
最大量のぼやき 調度出逢うから
どちらにせよ分かる それだけの関係
生誕のかなり 先ほどからまるで
さればあわれにも 身は退くこともない
捏造に革新 忽然と微分
きよらかないのち
しらけても尚更 それだけの関係
証明がずれて 笑顔の見栄えがしない
だけど芸能側の ちょっとした過ち
火照った関係を静める ちょっとした過ち
雪の精に消えた それだけの関係

あくま

隠れているよ ひそやかなすき間に
そこから世の中をのぞいて 冷ややかな批評
決して現れやしない だってそっちはみにくいもの
誰だって隠してる 小さなひみつの場所だ
すこしずつばれてしまえば きっとまたちがう点に逃げるよ
足跡をつけてはいけない そろそろと歩け
いちばん下の地点で すべてを見下しているよ
いやしい人間たちをさげすんで いつでも皮肉っているよ
今夜もなんの遊び なんでも知っているよ
午前もちょうどすぎるころ そろそろと起き出して
まちを徘徊する ちいさな人柄
みなさんこんばんは きょうもお早いですね
罪のない人たちに 偽善の裁判
いつでも隠れているよ ちいさな黒いあくま
いつでも冷たく笑う ちいさな夜のあくま

夕暮れ

日が暮れる 段々と
しばらくは それを観る
車が走って しがらみを抜けて
湾岸を行く 助手席から観る
なんて明るい 夕日なのか
くるくると形を変える お星さまにまぎれて
まちにはネオン ゆったりと吹いてくる潮風
だれかの声 波のあいだに消えて
サイレンの音 舟が鳴らした
わずかな音 消えていく

前線

幕開けは今 走れ 冷却
そっちじゃない 行け
ぶっ壊せ ぶっ叩け ぶっ潰せ
まちなみも無い 邪魔者もない なんにも
戦え闘えたたかえ 組み伏せるんだ 内臓をえぐり出すんだ
時代の遺伝子がはしゃぐ 車いすの 穏やかな寝首
鶴の恩返しに逆らうやつも なんでもあり
サバイバルのダンス クリスマスのスター
促進せよ 宅配せよ 暗躍せよ
とどのつまり君って よろよろの兵士だった
幕開けは今だ 走れ 冷却
ぐちゃぐちゃの革命 めちゃくちゃの遊戯
月あかりのわずかな夜だった 釣り糸の先だった しかも
ニューヨークで土下座 そんなこんなあり得ん 翼をくれ
しらばっくれの三つ葉
幕開けは今だ 走れ 走れ走れ
なんのためでもなく いま目の前の道を 走れ
幕開けは今だ 走れ 健闘の姿勢
各界を争奪 仕組まれた文書 それも沢山
プロポーズは今だ 好きなことを言え 先駆けて食え
しばらくは今だ それからも暇だ
退屈を蹴とばす芝だ 目指すだけが終点 仕方なく決まった

わからない

千葉の人たちが騒いでいる声がする
なんでだろう
わからない
好きな人がだんだんとあの世に行ってしまう
なんでだろう
わからない
わからないことがある
なんでもいいけれど兎に角
わからない
沢山の戦争がある
なんでだろう
わからない
ぼんぼんと鳴る鐘のおとがお正月に聞こえる
なんでだろう
わからない
産まれては生きて死んでいく
なんでだろう
わからない
節約した分もうかるとは限らない
なんでだろう
わからない
突然雲が晴れてあかるい光が射し込んでくる
なんでだろう
わからない

みずの流れ

涙が枯れても 光かがやくもの
団扇のうごきに そよぐ風を知る
枕もとの雲が 秘密の宝くじを引いてたなびいていく
桜の虹 夜のおばけ 松林のせせらぎ いくつもの罪が流れてしまった
想像してみた つくりもののこころ
旅人の落とした星くず 南から吹いてくるみやびの風が なつかしむ空に
かつて過ぎてきた景色 されどはづかしくもなくて
多分 すべてはかなしみの曲に游ぐあわれな魚のよう
透きとおる夏草のささやき 街からの声 見つけたちいさな生き物
しくしくと降りしきる雨よ
わたしをつつみこんでやがては海へはこんでしまうのだから

2007/02/01

設置

文化抗争は文明を設置するための便宜にすぎない。