2018/10/16

明治解釈

明治解釈はその人の品位そのものだ。卑しい人は侵略主義を崇め、尊い人は禅譲を褒め、聖なる人は相手の立場を慮らない人類の愚かさを嘆く。

許し

人類の愚かさを嘆いてもきりがない。それを許すしかないのだ。

愛すべき理由のない国

尊さについてだけ知るべきだ。
 自分の国が好きになれないなら、それは自分の正しい心だ。自国や自国民に嫌悪すべき、卑しむべき点が多いのに、無理に好きになるべきではない。自国の卑しい人々を疎む事は立派な魂の証拠だからだ。天皇制や皇室が好きになれないなら、それは自分の正しい魂だ。侵略犯や殺人鬼の末裔が、世襲で貧しい人を搾取している罪を少しも肯んずるべきではないからだ。
 人類全般を疎む事はない。自国の卑しさについてはよく見えるものだからだ。
 卑しい政府や、卑しい公務員を憎悪しても構わない。それらの人々は実際に卑しい性質を持っているからだ。卑しい自民党の寡頭政を推挙し、卑しい自己愛に耽っている衆愚を少しも尊ぶべきではない。愛国を強要する人々には、愛すべき理由は何もないのだ。

差別

差別はする側に100%原因がある。差別はする側が100%悪く、差別される側は100%善い。差別されたら、自らもそうしていないかに気を配り、差別する者を反面教師にするがいい。差別する者は偏見に囚われ道を過ち、自滅していく。差別された側は安楽に伏す。差別する者は亡び、差別される者は救われる。