2019/02/22

選挙を経ない絶対権力による革命のみが天皇と独裁者安倍晋三の最悪政治から救国を可能にする

日本国民は卑しすぎて自滅したのだろう。これほど悪政三昧されても独裁者にすがりつくなど、恐ろしいほど卑しい人間にしかできない芸当だ。国民一般が奴隷同然の卑しさなのだから、天皇政府からごみの様に扱われているのもむべなるかなという他ない。日本国民一般になんの期待も持てない。なぜこれほどまでに日本人全般が卑しい心根の持ち主なのかは知る由もないがそれが事実だ。政治的不能なのも間違いがない。自分が観察した限り、独裁政権を維持したがる心根は、滅亡して当然といえる驚くほどの卑屈さや愚劣さで、もう人間の体をなしていないのだ。とにかく奴隷的で昆虫の様に臆病だ。
 この国を救済できるとしたら、腐敗しきった政権を打倒し、いくら卑しいとはいえ日本国民とやらの命と財産を守れる人物がいるとしたら、それは一般日本国民とは全く違う心象の持ち主であるところの貴人である。勿論、独裁政治に依存し税を貪る、堕落した皇族や金持ちの意味ではない。精神の貴族だ。
 国を変えるという意味ではたった一人いれば十分だろう。その人物が王になればいいのだから。天皇や安倍晋三を退け、自身が英君として統治すればいい。その時、多数決は全く役に立たない。衆愚は恐れをなして、どれほど悪政をしていても自民党に依存してしまうからだ。絶対的権力を持ち、国や国民全体に対し常に上位者としてふるまい、しかも最高徳の持ち主であれば、その単独者が唯一、腐敗した国政を革命し得る。その新君主は国民全般の衆愚的世論とは対立さえしているだろうが、それでも迎合政治より遥かに優れた治世を作るだろう。ナポレオンの様な革命家にして絶対君主が必要だ。その単独者がいなければ亡国は間違いない。衆愚は群れるために群れ、最悪政治を行う自民党と天皇閥に依存したがる。だから多数決ではなく、絶対権力のみが革命権の行使につながるのだ。小沢一郎氏がその絶対君主になれるならそれに越したことはない。何か彼に革命権力を付与する機会があれば、天皇、日本政府、政財界の癒着、そして自民党とその信者らがくみあわさった最悪政治を覆せるのだが。
 権力を選挙の上で多数派の支持を受けて得るもの、という考えを全く改めねばならないだろう。その方法で択ばれているのが安倍晋三氏や麻生太郎氏なのだから、最悪の結果しか伴っていない。強制力によって選挙制度自体をのりこえ革命を起こすしかないのだ。
 或る男が皇太子を新天皇として担ぎ上げ、自民党を朝敵扱いすれば容易に革命できると私に教えた。これは尊皇手法として史上幾度もくり返された型だ。しかしこれを使うと新天皇のとりこになるばかりで、現実には天皇権力を再び強化してしまう。逆に共和革命によって天皇政府ごと破棄しなければならない。
 愚民の支持を受けようとしても、全くの無駄だ。時間も手間も。愚民は安倍晋三がこれほどの悪政をくり返しても支持するほど恐ろしい暗愚さで、悪徳の塊なのだ。暗黒の愚民を完全に無視し、勝手に政治を正道に向けかえ、歩を進めねばならないのだ。

文化盗用はカットアップの手法に過ぎない

文化の盗用を非難している人は一体なにを攻撃しているのか? 村上隆は芸大日本画の博士という学位をとってから、東京の秋葉原界隈で流行っていたオタクの卑俗な副文化を盗み、欧米に輸出した業者だった。同じことは村上春樹が米文学風の日常主義(文芸領域のminimalismを意訳してこう置いておく)を日本向けに逆輸入したことにもあたる。あるいは奈良美智の人物画は漫画風のデフォルメを施した幼児を、米画のオールオーバーなフォーマットに乗せた物だ。どれも文化の盗用に過ぎないといえばそうなる。
 米国内で民族アイデンティティを尊重することが流行の政治的正しさになっているとして、美術や文芸の領域ではとうに文化の盗用が、後近代的な越境文化の手法として正当化されてきた。一般大衆の次元でそれが理解されていないだけだろうか? 米人がトランプ風の民族主義を乱用しているだけ? 音楽の領域でKPOP歌手が日本語で歌ったり、TWICEが複数国籍のアイドルグループだったりすることはどう説明するのか? ONE OK ROCKやtahiti80、PSYが英語で歌っているのは文化盗用にあたるのか? 日本人が英語タイトルの曲を書いたら政治的不正なのか?
 文化盗用という非難らしき言辞が、一体なにを攻撃しているのか、自分には全く分からない。アリアナ・グランデが七輪を揮毫したらなんだというのか。民族主義者が芸術領域で懐古的に文化の純化をはかろうとしても、そもそも全文化は混交して成立しているので不可能でしかない。Childish GambinoのThis Is Americaと、DA PUMPによるイタリア人ジョー・イエローのカバーとしてのU.S.A.のどちらがより、文化盗用性が希薄で純民族的だといえるのか? そしていえたから何か? 民族アイデンティティにこだわる人間は馬鹿ではないのか? 米国内でなにを指して非難しているのか? 外人がぶっ壊れた日本語を使っていようが、その日本語自体がぶっ壊れた古代中国語のもどきで成立している。ラテン語やギリシア語をぶっ壊し使ってきたアメリカ英語がオリジナルの言語だと彼らは思っているのだろうか? 文化盗用を非難するなら世界で誰とも関わらず孤立しているしかないのではないか。
 特定民族を差別的に扱う文脈で文化盗用をしている、という場合に、それを道徳的欠如だとみなすならまだ理解できる範囲だ。しかし異文化を当人達がどう引用しようがその人々の理解力やら良識が試されるだけの話で、文化盗用という概念は、ただの異文化学習と模倣でしかない。日本人だの東洋人が洋服(European clothesという意味だ)を着ているのも文化盗用だから、着物にもどれといってみても、それが呉服であってまた中国人の文化盗用なので、結局、最も原始的な衣服しか着れない。文化盗用の非難がいかに馬鹿げたものか。米国版ネット右翼用語の様なものであろうと思う。
 或るミームの独創性への固執、それも単なる異文化との混交の中で偶然できた差にすぎないのに、さも民族の独自性を誇る道具であるかの様にみなす愚昧さ。全文物について、ほぼ全ての点で文化盗用の非難が成立しないことは明らかであろう。どんなミームだろうと元の文化と違った文脈にカットアップされる。世界中の文化を私の県だか市だか町だかの文化にかき集めてきて、それを全てぶった切り、完全に別の文脈におきかえて世界中を挑発せよ。全人類が降参するまでそれをするのだ。

人物画について

異性が異性として美しいとしたら当人の性欲を投影しているからであり、そこにみているのは己の性愛という妄想でしかない。
 人徳を描いた絵についてはこれがあたらない。人格を描くことは似顔絵描きや漫画家が単純化した形で行っている。肖像画の需要はほぼ写真に取って代わられた。徳を象徴化する絵が、今日の人物画であるべきだ。

祈りが届かない場所で見た物

祈りが届かない場所で見た物
2019年
PNG画像
10240 × 4320 px
販売先

科学は信仰ではなく永遠の疑義である

科学的な実証に基づいた何らかの見解、特に論文誌への寄稿者の意見を、そのまま右から左へ通俗化し流す人が大儲けしているのをみると、この種の偽科学者らの罪深さが占い師と本質的に変わらないのが分かる。彼らは反証的な批判精神をもっていないばかりか、新たに科学教の宗派をふやしている。
 科学(science、知ること、知)の本質的な効用は、既成の常識を疑い、より正しい真理へ常に権威の座を明け渡していく批判的思考にある。証拠が真理の担保でないのは明らかであり、単に事実を実験で検証する観点の一つを与えるだけである。
 ノーベル賞信仰の持ち主や通俗科学の信者らは、権威や確度を含むある意見を疑義せず他人に伝える態度をもっているただの追従者達というべきで、これらの人々の意見より正しい意見があると疑おうとしない限り、科学の効用を真に得ているとはいえない。
 科学者を信じるのは全く間違ったことだ。科学を信じるのはいうまでもない。これらは新たな邪教に過ぎず、常に多少あれ間違える。基礎科学に基づくあらゆる工学(technology)も同じだ。真理は永遠の疑義の中にのみ、専らの仮説としてしか得られない。それらも全て仮のものだから、真理は知りえない。

悪夢に夢中の自民信者

安倍晋三崇める衆愚国を滅ぼし奴隷したがる
悪夢なる時代というべき平成は天皇と安倍の独裁で終わる
衆愚共群れて自民にたかりつつ原発公害ばらまき驕れる
悪夢なる時代をつくりし安倍晋三崇める衆愚は今も夢中ぞ

空の中で

自分の無力さにおしつぶされそうなら
先ずその両手を眺めてみるのだ
両手がなければただ心を
心さえなければ空を
それでも無力さを感じるなら
宇宙の中でみすてられた孤児のよう
魂を世界全体の一部と思うのだ
心さえなければ空は
ただ果てしなく広がりそして消える
どんな力も空の中で無に等しい

北海道の汚点と茨城県の美質に気づいているのでなければ、メディアの捏造した主観的偏見を免れ地域の魅力を眺められていない

某氏が北海道をやたら礼賛しだしてなんか激しい違和感を感じてたら、大地震がきた。でもまだ自分の中で違和感が終わらない。某氏が誰かを「何の理由もなく」「突然」ほめるなんて、明らかにおかしい。一般に人は自分の利益の為に行動するとしたら、背後にその人への利益が用意されていなければならない(普段から利他的な人を除く)。
 大地震は偶然だろうけど、某氏の北海道礼賛はなんらかの利益誘導がありげな感じがする。勿論それが全くないとしても、自分の中に強烈な違和感だけは残る。一体なんの違和感なのか、これは。
(茂木健一郎氏のツイッターアカウントへ)なぜ北海道を突然べた褒めしだしたのですか?
 禍福は糾える縄の如し、といいます。
 茂木氏らがハッシュタグのブームと重なってか猛烈に北海道を礼賛していた時、私個人は猛烈な違和感を感じていたのですが、既に人気観光地で魅力が知れ渡っている北海道をさらに「過剰評価」することは、他都府県を間接的に過小評価することになってしまいます。私は日本国民全体から、その魅力が最も過小評価されている茨城県で生まれ育っているので余計そうみえるのでしょうが、誰かを必要以上に褒めることは、婉曲的に、誰かを貶すことと同じなのですよ。
(君主の)善行も悪行と同じくらい怨みを買いやすい、とマキャベリが『君主論』でいっています。
 茂木氏らがこの間、北海道をあまりに褒めすぎているのを眺めていて、私個人は北海道に以前からもっていた良好なイメージがその種の宣伝によるバイアスだと気づき、疑う様になってしまいました。褒め殺しは逆効果になる。
 大地震は偶然によるでしょうが、影響力の乱用は強い副作用をもってます。
 多分、魅力という主観的偏見において、北海道を過剰評価し、対極的に茨城県を過小評価する、という日本人に特有の集合的メディア意識の様なものが、自分にとって強烈な違和感の文化素(ミーム)なのだろう。この種の大衆的な趣味、低俗な観光意識が自分にはなんらかの悪徳性を迫ってくるのだろう。
 投資家としても芸術家としても、疑わしい大衆意識の真逆を進むことが利益の源泉であり、徳なのはほぼ確かだ。
 現時点で魅力という主観的バイアスに関して、北海道の汚点や茨城県の美質に気づいている、ということがこの為の必要条件だから、自分の中で某氏の煽りが猛烈な違和感を伴っていた様だ。

平成末までの近現代日本の描写

金儲けが得意な人しか生き残れない社会は、サイコパスやダークトライアドを含め、性悪で狡猾な人間が有利な社会なのだから、その様な邪悪な資本主義の国で死に行くことの方が望ましいのだ。だから少子化も正しい道のりなのである。益々邪悪な人間の割合がふえる日本では、善良な者から逃げ出すのだ。
 天皇は搾取する奴隷国民がいなければ贅沢三昧もできないし、周辺諸国へ侵略犯罪を犯してきた悪業が祟って、亡び去る。商人は取引差額を分捕る相手がいなければ搾取生活もできず、日本国外に逃亡していく。
 人間が生きるのに必要なのは、衣食住の内、特に食である。だから最後まで農漁業は残るだろう。商業国として衰退し、もはや中東や東南アジア先進国の人後に落ちる様になって、天皇の独裁する現日本政府が滅亡してから、新たに農業県の元に、必要十分な人数を集めたなんらかの新政府が樹立されるだろう。
 日本衰退と政府破綻の第一原因は、商業に偏った政策だった。国民の殆どが飢えに苦しむ様になっても、商人階級は搾取を生業としてやめようとせず、奴隷を移民から募集しだした。結果人口は激減し、言語の高い壁をわざわざ移民が越えてくる鼓舞もなく、商人階級の中から絶滅的退廃が蔓延した。
 日本史の中で平城京、平安京、東京はいずれも大都市文化を形成し、その中心層を商人が占める様になってから、官僚主義の堕落として天皇政府と政商が癒着し、結果として贅沢三昧する一部の特権階級(特に皇族)の中から、国民を犠牲にする致命的衰退が始まっている。
 未来の日本人が生き残っていれば、彼らはこの3種の都市圏に共通の失政が天皇に由来し、極端な商業化の果てに政商と官僚の利害が一致し、皇族を代表格として特権階級が反国民的存在になったことにあったと洞察し、同様の失敗を避けるよう国をつくらねばならない。
 昭和後期から平成期までの日本政府は、天皇閥と政治献金を容認したことで大企業経営者を主とした富裕層(金持ち)と癒着しだした。結果、天皇は一般国民や貧者を事実上搾取するだけの存在に成り下がり、国全体がそれに従う結果、人口を減少させた。東京は政商の集積地となり、政府と利害を一致させた商人階級はますます全国民を犠牲に己の利益のみを追い求めだした。やがて単に搾取するだけにとどまらず、原発事故等の大公害をも政府に無条件で容認させ、東京以外の日本全土を汚染しはじめた。天皇閥は保身を図る一方で、税の浪費に耽った。
 未来の日本にとって昭和後期から平成期は、明治期以来の天皇政府の延長上にあったと解釈して間違いない。擬制的な共和化が図られたが、実質的には違憲な退位法の全会一致による成立で明らかになったよう天皇独裁体制が隠蔽されていただけだった。そしてこの旧体制が真に共和化される日を待っていた。天皇政府の滅亡後、東京政商の粛清が計られ、商業化に偏った政策も改められる他ないのだが、自民党による米軍依存への誤導や、食糧依存度を高めさせる間接属国化の策謀が日本人自身の人口激減を誘った直接の原因だったのもまた疑いがない。
 重要なのは日本国の長期的展望がなかったことだ。
 国民人口をふやそうとせず、天皇閥や政商階級の一部として、虚栄心に凝り固まった東京人官僚と共に搾取生活を続けられれば、東京都民は自分達の地位が上位者だと錯覚できた。そして中華思想に耽りつつ日本衰亡を、賄賂五輪で完成させようとしていた。全国にただ己が金のため原発再稼動を要請しながら。自浄能力が完全に欠如した東京政府はこうして全国に公害をばらまきながら搾取を続け、結果として人口衰退の元凶となるという禍々しい天皇体制を少しも改善しようとも思わなかった。その継続が事実上不可能になるのは、東京自体が移民の貧民窟となって、過密化の都市問題を起こす必然によっていた。

人の最終評価は道徳性

我々が求めているのは道徳的能力で、それが人生の他の要素を導いている。
 人はたった一人とのつきあいだけで人格の質が知られてしまう。陸でなしとのつきあいがある、と聴いただけで、その人への人格的評価が急落する。

差別的な人とつきあわなくても生きていける

人は差別的な人とつきあわなくても生きていける。差別的な人をみたら、できるだけ早く離れよう。
 寛容な人、優しい人、心の広い人は沢山いるし、そういう人を探しに自集団を出よう。
 インターネットで世界の人と関わればその場にいても、必ず差別の外に豊かな世界があるのに気づける。